雲の階段六話&ラストシンデレラ七話感想

■雲の階段六話
稲森いずみの突然の登場で、驚愕する長谷川博己。。だが、彼は副院長になるのだ。周りの目が羨望に変わっていく中で、長谷川は稲森の存在だけが厄介だった。無資格医だという事実を知っている人間が、病院内にいるのだから・・。
稲森がエレベータに乗り込むのを見かけた長谷川は滑り込むように飛び乗った。「・・どういう、こと?」「・・たまたま、ここの看護師募集がありましたから。いけませんか?」「いや・・。」エレベータが止まると、稲森は廊下に出ていってしまった。

島で、長谷川と付き合っていた稲森。だが、木村文乃の存在は、長谷川が突然姿を消す理由には十分だった。そして長谷川は、大病院の医師となり、副院長になった。木村とは結婚。逆に稲森は、長谷川との赤ちゃんを流してしまっていた・・。勝手に姿を消され、憔悴しきっていた所へ、その男の赤ちゃんを流産。長谷川にとって稲森は、爆弾が院内を歩き回っているようなものだろうか。。

萩原聖人は、島の薬剤師をやめて東京に出てきていた。ただでさえ島は人手不足なのに、どんどん人が出てっちゃうんですけど(笑)
荻原は長谷川から、稲森が長谷川のいる病院の看護師として働いている事実を聞いた。見つかった事に安堵するも、自分はお呼びでないことも実感してしまう。長谷川に、「いつまでこんなことを続けるつもり?」と腹いせに言ってしまうが、<副院長>になった自分は、もう疑われないはずです。と長谷川は去るのだ。荻原、これにはだいぶ苛立ちをみせたようだね・・。

ある日。長谷川が病院から帰宅すると、妻である木村と、<稲森>がリビングで出迎えた。どういう事!?(笑)
結婚祝いにとお酒を持参し、島での忘れものと、長谷川が器用さの賜物で作成していたボトルシップ多数まで。どうやって持ってきたんだ?女ひとりで(笑)

笑顔で良き妻をアピールする木村が可愛らしいが、稲森も余裕の表情でしっとりと笑う。そんなふたりの間に挟まれて、長谷川は心ここにあらず。。稲森がトイレに行っている間に、長谷川の携帯が鳴った。「誰?」木村の声に棘がある。「母親・・。」「そう。」
だが実は、トイレから稲森が長谷川に電話をかけていたのだ。「返事は別にしなくていいから。私は死んだ。あなたに殺された。あなたの正体はいずれ、ばれる。もうやめたほうがいい。逃げるのなら、いっしょに逃げてあげる。取り返しがつかないことになる前に。どこか、遠い所に・・。」電話は切れた。

そして。事務局長の元へ怪文書が投稿される。調べてみると、長谷川は医師登録されていなかった・・。当然だ(笑)

「ねえ?今のあなたは、本当にあなたが望んでいたあなた?時々不安になるの。私が、あなたの人生を狂わせたんじゃないかって・・。」木村は、医学書を広げている長谷川に近づき言った。「どうしたの?」そう返すが、不安そうな木村。そこへ、事務局長からの電話が鳴る。病院に来てくれませんか?と・・。

病院に行くと、院長が待っていた。パソコンには長谷川の医師検索結果<該当なし>の表示。。(終わった・・。)「なにから・・お話すれば・・。」「・・まさか!私が知らなかったとでも?」院長は言った。<成り行きとはいえ、この病院は、無資格医にオペをさせてしまった>「そんなことが、世に知れたら!君が破滅するだけではすまないぞ!」院長は怒声のあとに、静かに言うのだ。君にはこのまま副院長を続けてもらう・・。「君のことは・・守るよ。」ふと長谷川が横を見ると、事務局長が渋い顔で長谷川を見つめていた。

長谷川は、正体がバレながらも、このまま突き進むしかない運命をたどるしかない。もう、降りれないのだ・・。
その頃。ボトルシップをハンマーで粉々に叩き割って泣いている木村がいた・・。

ドロドロ。。無資格がばれても、続けなきゃいけない事実が逆に虚しいよな。なにより木村が可哀想なのです。稲森プレッシャーがだいぶ精神的ダメージ(泣)木村は知っていたんだよね、長谷川と稲森が島で付き合っていたこと。長谷川が東京に呼んだって思ってるのか?(泣)
でも、やっぱり一番可哀想なのは、島にいる大友康平医師だろうな。どんどん仲間が島からいなくなるし。田中哲司医師は元気しているの(笑)


■ラストシンデレラ七話
篠原涼子とその友人ふたり、飯島直子と大塚寧々のエピソードが、ようやくひとつに絡んできたかな。このドラマは意外とみんな別々の話がひたすらに進行してるような感じしてたんだけど。。まあ、それがこのドラマらしさかなって思っていましたが、というより、現実はそれが普通だよな。。

三浦春馬が篠原に土下座して謝ったのは、菜々緒に言われて篠原に近づいた事ではなく、まだ本当は何もしてないという事実だった(苦笑)そっち?・・でも、最初のきっかけはあえて言う必要ないと思うんだよなあ、三浦はマジで篠原好きなわけだし。。

菜々緒も最初は悪者かと思わせといて、かなり一途でいい子だったし。むしろ菜々緒が、これから藤木直人と食事するって所で、なぜに篠原らが店に入ってくるのか。。菜々緒の邪魔せんで欲しいわ(笑)そして、最後に出てきた女性は!?藤木の過去がようやく出てくるのか。。

中盤にきて、グッと見やすくなって楽しいドラマになってきてますよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

雲の階段から落ちる
2013年05月24日 08:14
萩原聖人は、島の麻酔医をやめて東京に出てきていた→薬剤師でした

三郎(長谷川博己)の無資格医は院長(内藤剛志)にはバレていましたね。いやバレていないと不自然なんですよ

田坂総合病院に素性不明が婿養子になるわけはない(しかも母子家庭)

雲の階段から滑る
2013年05月24日 08:18
婿養子の田坂院長(内藤剛志)はお笑い芸人の要素もあり面白いキャラ

無資格医三郎が充分に利用できると踏んで"婿養子"副院長"

原作とはまったく違う三郎の立場になるけど

キーパースンは院長オンナ高宮(市川実和子)かな

あのメカケは好きだなあ、毎晩オマンコしたくなる
ヤスキ
2013年05月25日 05:56
>雲の階段から落ちるさんへ
麻酔医じゃなくて、薬剤師でしたね(苦笑)ご指摘ありがとうございます。訂正しておきます。
このドラマの、そりゃありえないだろ!?的な要素満載なんですけど、好きですね。ハマります。

全体的にシリアスなので、ついついばれないようにとか、色々ハラハラしちゃうんですよ。ドラマの雰囲気作りがいいんでしょうね。

俺はこの主人公、結構好きなんですけどね。なんだか知らないけど、無資格なのにオペできちゃう所がありえないけど凄いなと(笑)

たしかに、田坂院長(内藤剛志)は一癖二癖ありますよね。。元々この人の思惑絡みの病院入りと結婚ですもんね。あの愛人も同じ病院の女医さんだし。サバサバしてて頼りになる感じでいい。

荻原聖人の行動がだんだん怪しくなってもきましたよね。。

この記事へのトラックバック

  • 雲の階段六話&ラストシンデレラ七話感想

    Excerpt: ■雲の階段六話稲森いずみの突然の登場で、驚愕する長谷川博己。。だが、彼は副院長になるのだ。周りの目が羨望に変わっていく中で、長谷川は稲森の存在だけが厄介だった。無資格医だという事実を知っている人間が、.. Weblog: NelsonTouchドラマブログ racked: 2013-05-24 04:35
  • ラスト・シンデレラ 第7話

    Excerpt: 『イケナイkiss 内容 広斗(三浦春馬)から“嘘”を告白された桜(篠原涼子) 「ホントは、何も無かった。また会いたくて、嘘つきました」 ガッカリするような、ホッとするような安心を覚えつつ、新たな夢.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-05-24 07:28
  • 「雲の階段」第6話 感想 

    Excerpt:  副院長になった三郎。  明子は三郎と同じ島にいたと隠さずに周囲に話す。  更に無資格医がいたという噂も流す。  自宅では亜希子の妹がいて、明子を呼び寄せたんでしょうなどとふざけて言う。  野.. Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2013-05-24 10:16
  • 「ラスト・シンデレラ」第7話 感想

    Excerpt:  温泉に行こうと約束する広斗と桜。  実は何もしていなかったと打ち明ける広斗。それを凛太郎に話す桜。  有給休暇をもらおうとするが凛太郎は許可しない。  千代子に会って誤解だと話す凛太郎。  .. Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2013-05-24 10:18
  • 「ラスト・シンデレラ」第7話

    Excerpt: 第7話「イケナイkiss」  視聴率15.7%   Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2013-05-24 12:21
  • ラスト・シンデレラ 第7話★篠原涼子と藤木直人のKissはヘッドホンのコードのお陰

    Excerpt: ラスト・シンデレラ 第7話 イケナイKiss 前回のラストで広斗(三浦春馬)が「実はオレも桜さんに謝らなきゃいけないことがあるんだ。オレ、桜さんに嘘ついてた。ずっと嘘ついてたんだ。」 て.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-05-24 13:45
  • 雲の階段 第6話

    Excerpt: 第6話 「棄てた女が復讐!?正体バラす謎の怪文書」 田坂三郎(長谷川博己)は、前日に受け入れ困難の救急患者を受け入れたことで Weblog: emitanの心にうつりゆくもの racked: 2013-05-24 14:11
  • ラスト・シンデレラ 第7話

    Excerpt: 桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)から一番最初の出会いの時には何もなかったことを聞かされて・・・ 桜は凛太郎(藤木直人)と、美容室のスタッフルームでそんな話をしていました。 桜は広斗と温泉.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2013-05-24 16:20
  • ラスト・シンデレラ 第7話

    Excerpt: 第7話「イケナイKiss」5月23日木曜 夜10時  桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)から、ある衝撃の告白を受ける。一方の凛太郎は、千代子(菜々緒)から、自分では恋愛対象にはならないのかと迫ら.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-05-24 16:39
  • 雲の階段 第6話

    Excerpt: 第六話「棄てた女が復讐!?正体バラす謎の怪文書」2013年5月22日 亜希子(木村文乃)と結婚した三郎(長谷川博己)の前に、明子(稲森いずみ)が現れた。 明子は、田坂総合病院で看護師として働き始めた.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2013-05-24 16:42
  • 雲の階段 (第6話・5/22) 感想

    Excerpt: 日テレのドラマ『雲の階段』(公式)の第6話『棄てた女が復讐!?正体バラす謎の怪文書』の感想。なお、渡辺淳一氏の原作小説は未読。 ちょっと飽きてきた… いくら魅力的な刺激でも先が.. Weblog: ディレクターの目線blog@FC2 racked: 2013-05-26 15:20