悪党・重犯罪捜査班。三話まで&LADY~最後の犯罪プロファイル~。五話まで感想

■悪党・重犯罪捜査班。三話まで
題名からしてぶっ飛んでいるけど、内容もぶっ飛んでますね(笑)悪を倒すのに手段は選ばない刑事達・高橋克典ら。容疑者を追い詰め自白させるためには、殺すぞと脅して命までとる勢いだ。このチームメンバーがそれぞれに怪しいしね。どちらが容疑者かわからないが(笑)志は正義なので痛快。。

縦割り社会の規則の塊みたいな警察組織で、こんな奴らがいるわけないし、できないのが現実ですが、あえてそれをドラマにしちゃうところがいいですね。。現実では犯罪者に有利な世の中な感じがしてしょうがないので、こういう奴らが大暴れしてくれるドラマがあっていいと。ぶっ飛んでてもいい。告発も黒田も、真面目くさってるけど、かなりぶっ飛んだことやってますしね(苦笑)

だが。神奈川県警警務部長の村上弘明がやばいですね。克典達のことをどうやら目の仇にしているようだ。おいらはチャンピオン~と口ずさんでる権力に執着する悪者ですね(笑)言動がすでに悪いし。。
小泉幸太郎はキャリアだが克典達に感化されつつも、結局村上に取り込まれてしまうのか!?奥さん役の女優さんがかわいい。。


■LADY~最後の犯罪プロファイル~。五話まで
かなり早い時期にスタートして見ていたんですけど書くタイミングがなかった。。プロファイリングチームが警察捜査をサポートするという最近多い心理的検証のプロの活躍を描いたドラマですね。プロファイリングをする主人公・北川景子達と、捜査をするユースケサンタマリア達刑事達と、役割が分担されているのでプロイファイル=捜査とはならず、あくまでも参考という図式はとっているのだけど、やはり主人公だからどうしても必要以上に活躍しちゃうんだ(苦笑)

犯罪者の動機がわかりずらくなってきた近年、プロファイリングが重要視されてきたみたいですけど、このドラマの扱う事件も例にもれず猟奇的な事件が多い。それゆえ内容が結構グロイ。。俳優達がトレンディに相反しグロイので、視聴者によって受け取り方が変わるドラマかも。

チームの面々の得意分野がそれぞれ違うなどの魅せる工夫あります。心理的、交渉術、分析術、北川にいたっては容疑者になりきっちゃう(笑)猟奇的な事件なため、後ずけで色々できちゃう部分はあるかもしれないけど、暗号だったり犯罪者の裏の顔を暴いたり、色々とやっています。難しい分野ですが意欲作だと思いますね。北川景子のファッションにも注目です。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ (第5話 2/4) 感想

    Excerpt: 1/7からTBSで始まった『LADY~最後の犯罪プロファイル~ (公式)』の第5話『禁断のプロファイリング』の感想。 無駄を削ぎ落としてこそテーマが引き立つ! もう当blogの.. Weblog: ディレクターの目線blog racked: 2011-02-06 11:51
  • レベルE&悪党&LADY

    Excerpt: http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/91e72d16d0レベルEはオチ予想外だけど .. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2011-02-06 12:40
  • 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」第5話

    Excerpt: Episode5「禁断のプロファイリング」  Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2011-02-06 14:00
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第5話

    Excerpt: 少女を誘拐した犯人が、死刑囚の巽(柳楽優弥)の犯行をすべて解明 しろと警察に要求してきた。 犯人によると、まだ明らかにしていない殺人を犯しているはずだという。 翔子(北川景子)たち犯罪行動分析室.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-02-06 15:13
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~ Episode 5

    Excerpt: 「禁断の記憶プロファイル」 CPSに柘植(ユースケ・サンタマリア)から幼い少女の誘拐事件が起こったと連絡が飛び込んでくる。 誘拐犯のプロファイリング依頼と思いきや、事件は単純な営利目的の誘拐事件で.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-02-06 21:45
  • 「デカワンコ」第4話「悪党~重犯罪捜査班」第3話感想

    Excerpt:  今回も一子(多部未華子)の可愛いお洋服を見て楽しめました。 Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2011-02-07 10:42