流星の絆#5

「流星の絆」#5
静奈が食べた、今度新店舗に出すというとがみ亭のハヤシライス。その味は両親がやっていたアリアケのハヤシライスの味そのものだった。食べた瞬間になつかしくて思わず泣いてしまった静奈。そして、とがみ亭に入っていった男を見て、泰輔は14年前に両親が惨殺された日に家の裏口から出て行った男と同一人物だと確信していた・・。
功一、泰輔、静奈は話し合う。どういうことだったのかと。「ちょっと整理しよう。」功一がまとめに入る。「今夜静奈が食べたハヤシライスの味は、父ちゃんのとまったくいっしょだった。しかも、あの晩アリアケの裏口からでていった男が行成の父・・つまり・・。」「戸神の親父が犯人だよ!」泰輔は興奮して叫んだ。だが、そうと決まったわけじゃない、証拠がない、今までも怪しい奴は何人かいたが、結局違っていてもう14年たってしまった・・。「もういいかげんうんざりなんだ。」「おにいの言うとうりだよ。もうがっかりしたくない。ちゃんとたしかめようよ。」静奈が言い、「俺にまかせろ。」功一に考えがあるようだ。
とがみ亭はチェーン店だが、各店舗でそれぞれ独自の味を出している。それは社長である戸神政行のこだわり、特にハヤシライスは特別だという。そして功一は父親のレシピを見てアリアケのハヤシライスを完全再現してみた。隠し味として名古屋の老舗醤油を使っていた父親。手間と時間と隠し味、アリアケのハヤシライスは父親の努力の結晶だったのだ。だからおいしい。
功一はその老舗醤油屋に足を運んだ際、驚くべき事実を聞く。父親も長らくその老舗と取引があったが、とがみ亭も随分と長く取引して翻意にしてもらっているらしい。それが14年前、両親が殺されてから一ヶ月後から・・。「嘘や偶然なんかじゃない、とがみ亭はアリアケの味をパクった14年前に、それで大成功した!しいの舌にも泰輔の目にも狂いはなかった、あの夜裏口からでてきた男は戸神政行だ。」功一は2人に結論を話す。泰輔はそれを聞き再び興奮。じゃあどうすんだよ!殺すんじゃないのかよ!?ようやく見つかった敵、当然の泰輔の態度なのだが・・。「じゃあ、どうしてノート(レシピ)がここにあるんだよ!?」自分達がいつ帰ってくるかわからない状況でレシピを書き写したとも考えられない・・。警察の捜査でも証拠や遺留品、指紋さえでてきていない・・。3人がたどり着いたのはあくまでも状況証拠でしかないのだ・・。
「作戦を大幅に変更する・・。」功一は声を低くして言った。「ターゲットは戸神行成ではなく父親の政行だ。狙うのは1000万じゃない、アリアケ夫妻殺害事件の犯人だっつう証拠だ。」当初は行成に偽宝石を売りつけて金を騙し取るつもりだった3人。だが、偶然か必然か、ここで14年間探し続けていた敵が見つかったのだ。
そんな時、行成がジョージクルーニーに閉店してるのに足を運びに来た。どうやら静奈のなりすました女の子のことが相当好きになってしまっていた行成。この前泣かしてしまったのに自分はどうすることもできなかった。とのろけながら悩んでいる。うんざりしながらも相手してやる功一だが、もちろんその女の子が自分の妹だと教えてはやらない。。計画は行成の態度をみていれば成功しているのだ。<だが作戦は変更された>静奈は後日、行成に泣いた理由を説明する。「・・ハヤシライスの味がとても似ていたんです。子供の頃、食べたの。仲がよかったおうちが洋食屋さんで・・。ハヤシライスがおいしくて。そのお店、事情があって急に閉店してしまって。お友達も遠くへ引越してしまって・・」それとなく行成にアリアケのことを吹き込む静奈。作戦は動き出したのだ。
その頃、柏原はあれからよく泰輔の前に姿を現していた。捜査のためってわけじゃない。泰輔の様子が気になっているのだ。心配してくれているのかも。泰輔もしだいに柏原のことを警戒しなくなっていた。功一のもとにも柏原の相棒・萩村が訪ねてきた。出されたカレーやビールをまずいまずいと言いながら、県警に移動になった、表向きは出世かもしれないけど解決できない事件にかかりっきりの自分と柏原を引き離したいだけなんだとぼやく。「県警いっても俺動くから。絶対あきらめない。」それから柏原の息子が心臓の病気で亡くなったことを伝える萩村。別れた妻も9年前に亡くなって・・。だから君達を。「刑事と遺族じゃないのよ、多分。君達を本当の息子みたいに思ってるから。」犯人のことも本当に恨んでる。それを聞き、功一は、この刑事達を誤解していたのだ・・と思い直すのだった。
泰輔は柏原と飲んでいた。その帰り、柏原から静奈の本当の父親・矢崎信郎に来週会うことになった。と聞く。「当時は容疑者のひとりだったんだけどなあ、アリバイがあってさ。それが今頃になって向こうから連絡があって。どうも変なんだよなあ。」それから、「今日は楽しかったな!」と泰輔に手を振り駅に歩いていく柏原を見送る泰輔も、穏やかな気分になっていたのだった・・。
3人は再び話し合っていた。泰輔は柏原に協力してもらうことを提案する。それに功一も乗った。「・・俺達3人じゃどうにもならない。頼るなら柏原しかいないと思う・・。」逆に驚く静奈。「おにい、どうしたの?二人とも。」だが、普通に情報は流せない、自分達は詐欺師なんだから・・。「俺達が知りたいのは父ちゃんと戸神政行の接点だ。つまり、ふたりが顔見知りだったっていう証拠なんだよ。それを聞きだせるのはおまえしかいない、しい。敵とってやろうよ。」功一は静奈に言う。だが・・再び行成と会う約束をして鏡の前に座る静奈の顔は、一瞬うれしそうな顔をしていた・・。
事が動き出す時はいっぺんに色々動き出すのかも知れない・・。「あなたの両親を殺したのは・・私の夫です・・。」ある日、功一の元に現れたのは矢崎の妻。その言葉に目の色を変え、驚愕する功一!どういうことだ!?
一方、行成は政行に怒鳴りつけられていた。<昔の本店の味を復活させるというプランは捨てろ>突然のことに行成は意味がわからず動揺する。が、一番心穏やかではないのは、政行の方だったのだ。行成が前に言ったハヤシライスの味が懐かしくて泣いた女の子の話・・。それは、政行の!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 流星の絆 第5話:仇の息子と盗まれた味

    Excerpt: しーの父ちゃんが犯人!? ウソ━━Σ(@`Д´@)━━ン!!! とは言え、【チームバチスタ】同様、まだドラマも中盤なので、 真犯人かどうかはわかりませんぞ~(笑)。 まぁ、国広さんほどの人をキャスティ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-11-15 09:43
  • 流星の絆 第5話

    Excerpt: 誘惑に負けて。。。原作本読んでしまったぁぁぁぁ!原作と違いますように(汗) Weblog: アンナdiary racked: 2008-11-15 10:32
  • 流星の絆 第5話 「仇の息子と盗まれた味」

    Excerpt: 静奈(戸田恵梨香)「ごめん、私計画台無しにしちゃったかも?」とがみ亭で出されたハヤシライスの味は、まさしくアリアケの味だった。泰輔(錦戸亮)が犯人だと確信した男が行成(要潤)の父・戸神政行(柄本明)だ.. Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2008-11-15 11:28
  • 「流星の絆」第5話

    Excerpt: 流星の絆第5話「とがみ亭」の前で静奈を待っていた泰輔は、タクシーから降りてきた男の顔に釘付けになる。その人物こそ14年前、「アリアケ」の裏口から出て来た不審な男だったのだ。一緒にいた功一も、泰輔の言葉.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-11-15 14:04
  • 流星の絆 trap5

    Excerpt: 流星の絆東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 『流星の絆』第5話です。早いですね、全10話みたいですからあと5話・・・ 前回、ラストシーンの「ニノミヤくんが良い」と書きましたが、ご本人の周辺でもや.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-11-15 15:02
  • 流星の絆~第5話 感想

    Excerpt: 流星の絆ですが、次男(錦戸亮)の目と静奈(戸田恵梨香)の舌でアリアケ3は核心に迫ります。ただ、長男(二宮和也)はレシピを盗んだのは父親(寺島進)か戸神社長(柄本明)か分からないとやけに慎重です。期待し.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-11-15 15:16
  • 流星の絆 第5話

    Excerpt: 泰輔(錦戸亮)は、14年前の事件の夜に目撃した不審な男をとがみ亭の 付近で見つける。 その男は、とがみ亭の社長で行成(要潤)の父・政行(柄本明)だった。 両親を殺害した犯人が政行だと確信した功一.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2008-11-15 16:42
  • 「流星の絆」第5回

    Excerpt:  とがみ亭のハヤシライス試食会で、静奈(戸田恵梨香)が食べた味は 父幸博(寺島進)のものとまったく同じだった。 さらに、事件当夜泰輔(錦戸亮)が目撃した男は行成(要潤)の父親だった。 「戸神の親.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-11-15 16:58
  • 流星の絆 第5話 アリアケの味の秘密

    Excerpt: 『仇の息子と盗まれた味』内容静奈(戸田恵梨香)を『とがみ亭』の前で待っていた泰輔(錦戸亮)功一(二宮和也)その目前をタクシーから降りてくる男がいた。それを見た泰輔は、断言する。14年前の事件の夜に見た.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-11-15 17:51
  • 『流星の絆』第5話…NHKの裏番組では中島美嘉がORION熱唱

    Excerpt: 二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香主演『流星の絆』 第5話 ┃裏番組では中島美嘉がORION熱唱  慣れというのは恐ろしいもので、クドカンによる脚本に翻弄されることなく、平常心で「妄想係長・高.. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8 racked: 2008-11-15 18:36
  • 流星の絆 第5話 「仇の息子と盗まれた味」

    Excerpt: 人相書き、似てなかったのか~( ノ∀`*) 「この顔しか憎めないよ!」 ていう功一 (二宮和也) がおもしろいw 戸神行成 (要潤) の父親・... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2008-11-15 20:23
  • 『流星の絆』第5話「仇の息子と盗まれた味」memo

    Excerpt: レシピだけで殺すのは・・って思ってたけど。出てきた自供も本当だか・・・ Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2008-11-15 21:18
  • 『流星の絆』 第5話

    Excerpt: 「ゼットンの死」に、娘と涙涙(T_T) by『金スマ』どうしてあそこでゼットンから離れるかなぁ。鳴いて呼んでたのに。とそんな重い空気の中、『流星の絆』が始まったのでした。。。「舌が覚えてたって言うか….. Weblog: 美容師は見た… racked: 2008-11-15 22:26
  • 流星の絆 (戸田恵梨香さん)

    Excerpt: ◆戸田恵梨香さん(のつもり)戸田恵梨香さんは、毎週金曜よる10時TBSテレビ系列にて放送されている金曜ドラマ『流星の絆』に有明静奈 役で出演しています。昨日は第5話が放送されました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2008-11-15 23:24
  • 流星の絆☆第5回

    Excerpt: 泰輔が事件の日、目撃した男が行成の父親、戸神政行であると知った3人は動揺する。し Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2008-11-16 00:12
  • 《流星の絆》☆05

    Excerpt: シー(静奈)があまり泣くので、行成は、どうしてよいかおろおろしていた。 そこへ入って来たのが、戸神政行。とがみ亭の社長で、行成の父だった。 シーを外で待つ車の中の泰輔は、興奮状態で、あいつだと叫んでい.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2008-11-16 06:34
  • ドラマ『流星の絆』#5

    Excerpt: 金曜22:00-  10月17日- 「流星の絆」 もう観れないと諦めていた「係長・高山」が戻ってきました!!しかもタイトルは「二度死ぬ」。そう、.. Weblog: Cold in Summer racked: 2008-11-17 10:59
  • 「流星の絆」第伍話 ~ハヤシライスの計画を止めろ!今すぐにだ~

    Excerpt: 「とがみ亭」 の前で 静奈 (戸田恵梨香) を待っていた 泰輔 (錦戸亮) は、タクシーから降りてきた男の顔に釘付けになる。その人物こそ14年前、「アリアケ」の裏口から出て来た不審な男だったのだ。一緒.. Weblog: 混沌と勇気日記。 ~混沌とした情報を伝えし者By精神年齢27歳。~ racked: 2008-11-27 02:31