美男ですね最終回&勇者ヨシヒコと魔王の城最終回感想

■美男ですね最終回
すれちがいの果てに。ついに別れの時・・かと思いきや、やはり来た!(笑)コンサート中に告白か!?(苦笑)
と、ここまでくるのに色々あったが(本人達というより親世代の恋愛バトル?)が原因で、両想いなのにくっつけなかった主人公ふたりだが、最終回はちゃんと解決?した。。
ようするに玉森裕太の母親が、瀧本美織に言う。あなたの母親の恋を邪魔してごめんなさい、本当はあなたの母親だけをあの人は愛していた・・と謝ったんだな。あなたの母親は好きな人に愛されて幸せだったのよと。でも、もう瀧本は玉森の前から姿を消すと決心してしまっていたのだね。。

で。もう兄の代わりをしなくてもよくなっていたので、コンサートを人目みてからみんなの前から去ろうと客席にいる瀧本。で、どこかに来ているだろう瀧本を必死に探す玉森。おいおい、コンサート開幕前にステージに出てきちゃっていいのかよ!?(驚愕)

で。玉森は曲順変えていいか?とみんなに了承を得て、歌いだした。バラード!
おいおい、バンドなのに藤ヶ谷太輔も八乙女光も、玉森が歌ってるの袖で見てるだけかよ!?(泣)生演奏しないの??しかも、本物の美男(実は瀧本は、兄の美男にそっくりで美声だったので、兄の代わりにバンドに一時入っていた)はどこにいってるんだ?ツアー中にいないメンバーってどういうことよ?(号泣)

で。曲を歌い終わったら今度は語りだしたよ玉森。「おまえはどこにいるんだ!?こんなに求めてるのに!?」的な台詞を延々と語りだす。。おいおい、ひとりミュージカルでも始めたのか!?(愕然)客の女の子はキャーキャー騒いで喜んでいるが、まさかひとりの女子のためだけにしゃべっているとは思っていまい(笑)まさに客無視なアーティストだよ(笑)

で。ついにステージを降りて客席で玉森と瀧本の対面。。なんかこのあたりよく憶えてないんですよね・・(苦笑)
ただふたりが向かい合ってハッピーエンドだね~って感じだけど、自分は応援うちわで口元押さえながらふたりをみている客の女子達を色々眺めてしまったんだよね。こりゃもう、このバンド終わりだなと(笑)
しかもそんな状況で、声援を送る社長はおろか、八乙女&藤ヶ谷。。おいおい!見てるだけじゃなくて演奏しろよ!(笑)こりゃ、バンド崩壊ですね。美男ですね、どこじゃないよ。。だいたい美男自体がここにいないしよ。

さて。小嶋陽菜は、最後ちょっと玉森にやさしく?されて、本来のいい女子に戻っていたね。。意地悪な役どころだったけど、実は玉森が必要以上に冷たいからそうなっていただけなような・・(苦笑)本来笑顔が可愛いこじはるなので、ふてくされた表情ばかりだったのが残念ですね。
まあ、内容より恋愛模様重視で、そこを楽しむドラマだったが、瀧本の気持ちがあまり揺れないので、盛り上がっていたのかどうかわからない(苦笑)でも、こういう純粋な気持ちの応酬が一番見てて楽しいですね。


■勇者ヨシヒコと魔王の城最終回
このドラマは本当、おもしろかったんだけど、最後の戦いが驚くほど真面目でちゃんとしていたんでそこが逆にびっくりしてしまった。。
会話の微妙な掛け合いと、ちょっと不真面目なストーリー展開が毎回おもしろかった。でもちゃんとRPGのノリがでていたからすごい。役にたたなそうな呪文があとで役にたったりね(笑)

"美男ですね最終回&勇者ヨシヒコと魔王の城最終回感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント