明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

ずっと更新していなかったですね。テレビドラマが好きで始めたこのブログですが、ここのところどうしても書いてる時間がとれず更新できませんでした。
ドラマ自体は実は見ていたんですけどね。

ブログ自体をやめることはないですけど、今後も前みたいなスタンスで更新するのはできないかもしれないので、やれるときに書くスタンスでいこうかなと思います。
年末までの冬ドラマの感想を、遅ればせながら。

■5→9 ~私に恋したお坊さん~
途中までは山ぴーのお坊さんがただのストーカーでしたが(笑)相思相愛になってからの石原さとみの表情が抜群に可愛くて。最後の綺麗なクリスマスのセットとかも、月九ならではの豪華さで盛り上がった。
途中まではどうでもいい感じなドラマだったのですが(笑)後半は好きな要素が満載だったかも。 最終回の上島竜兵の「そうか・・」の演技に涙が誘われた(笑)

■サイレーン 刑事×彼女×完全悪女
菜々緒、大暴れの巻って感じのドラマ(笑)ちょっと強すぎだろ!って思ってしまうが、アクションや、最後のほうのハラハラものの展開はなかなか魅せたと思う。

■無痛~診える眼~
サスペンスなんだかSFなんだかわからない異様な内容だった。面白いんだけど、気味が悪い(笑)
最後のオチも予想はできていた。インパクトがあったわりに、最後のほうは勢いがなくなってしまったような気がしたのが残念。

■おかしの家
面白いというより慕情を感じるドラマ。最終回もちょっと切なくもあり、でもホッとする感じで終わる。途中、友達のひとりが死んでしまうのは衝撃だった。二時間ドラマみたいにしたほうが内容がまとまって伝わったかも。

■オトナ女子
ドラマとして一番まとまっていたというか、まあ王道だった。大人の<純>愛なので、結構モタモタしているのが良い(笑)
平山浩行が、最後までピントがずれた奴だったのが面白い。なんだったの!?とイラッとさせられた(笑)
谷原章介もそんな感じだったな。。

■青春探偵ハルヤ
期待してなかったけど、実は回を増すごとに面白かった。軽そうでツボは押さえていたドラマだった。

■孤独のグルメ Season5とSICKS~みんながみんな、何かの病気
孤独のグルメは普通に面白い、おいしそうだし。。
SICKSは、コント集かと思っていたら実は結構ストーリーが繋がっていたね。馬鹿みたいだったが、コントとしてもドラマとしても楽しめた。なっきーが出てたのがうれしい(笑)でも深夜にしかできないね。

■掟上今日子の備忘録
このシーズン、見てた中で一番好きな最終回だったですね。全編通してメガネに白髪のガッキーが可愛かったし。

■下町ロケット
この人の原作はなんでいつも同じような感じなんだ?と思いつつも、作ってるスタッフとか俳優さんもかぶることが多いし、しょうがないかと思い直した(笑)
出来は良かったです。人気があっただけの事は画面から出ていた。熱血だよな~毎回(苦笑)
阿部寛が泥臭くてやはり良い味だしていた。でも、立川談春がおいしいとこもっていっていた気がします。野球の時は、超悪者だったよね??(笑)

破裂は録画してまだ見ていない。大河は見てますが書いてないです、真田丸楽しみですね。

こうして書いてみると結構見ていました(笑)今後ブログに向かう時間がとれるかわかりませんが、書ける時に書くスタンスでいきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック