「全開ガール」まとめ

「全開ガール」まとめ
画像
http://www.fujitv.co.jp/zenkai_girl/index.html
■垣結衣はやっぱり超かわいい(笑)ってことでいきなり晴れ着でむちゃくちゃいい。。が、この役柄はいままでになく強気な女子だ。遊び恋愛には目もくれず独学で司法試験突破で弁護士に。夢は年収100億円の国際弁護士で、そんな自分に見合った最高級の男と結婚する!バリバリのツンツン女子だが、そんなガッキーの前に、金なし学なし子持ちの男・錦戸亮が現れて・・という。。

やさしいだけじゃ世の中渡っていけない!ガッキーはそんな錦戸に苛立ちを隠せない。実は貧乏でさえない父親と共に暮らした経験があるガッキーだから余計そう感じているのだ。借金で給食費まで取られた幼少期。そんな現実を跳ね返すためにひたすら勉強してがんばってきたと。
そんなガッキーの、人の気持ちには疎くて冷たいけど、ひたすらに一生懸命な部分に惹かれる錦戸。このふたりの恋は??というわかりやすいストーリーですが、うん見やすくてでいいんじゃないスか。
錦戸の役どころもひ弱なイメージというのは一見で、内面はなかなか度量がありそうだし。今後の展開に期待です。
名前を忘れた女神の倉科カナの娘役のかわいい女の子もまた出演していますね。


■なまってる(笑)新垣結衣なまってますよ。。素だとなまりでちゃう役柄なのね(笑)あいかわらずツンツンしているが、絶対にやり通す意地がある。でも、やったことのない料理、しかもキャラ弁なんて絶対無理!でもやろうとするんだよなあ。。

弁護士事務所の女ボス・薬師丸ひろ子の娘・ひなたちゃんこと谷花音の子守を頼まれているガッキーは、子守と事務所の仕事の両立をがんばるがんばる。マンハッタンの鷹を目指して(笑)その反動で保育園の育児パパ(イクメン)達をいじめてストレス発散しているのだ。。
そんなガッキーの部屋はせまく本だらけで色気なし。しかもドアの入り口にはハエ獲り紙がぶら下がってるのはなんだ!?(泣)

ガッキーは結局、弁当作りを錦戸亮に手伝ってもらうことになる。実は錦戸、逃げてしまったキャバ嬢の連れ子の男の子を育てるためにあきらめてしまったが、実は本格的にシェフを学んでいた凄腕なのだ。ガッキーと並んで弁当作っている錦戸うれしそう。。というより、いいシーンだなあ、ニヤけてしまった。

だが。できた弁当を自転車ごとひっくり返して後和算(泣)にしてしまったガッキー。でも、拾って錦戸が見事に復元してくれました。少なくても、ガッキーの心意気はひなたに伝わっていたね。。
で、ガラになく弁当箱返すついでに錦戸にお礼でも言おうと思ってた?ガッキー。でも、事務所の秘書・蓮佛美沙子が錦戸の働いている食堂にいた。実は蓮佛、錦戸の素朴なやさしさに惹かれているらしく。。で、それを見たガッキーは、お礼どころか悪態ついて帰っちゃったよ(汗)
こういう単純だけど素朴なラブコメもおもしろいね。しかし・・園長先生が竹刀持ち歩いている保育園に、よく子供あずけるよな(笑)


■ガッキー(新垣結衣)は画面いっぱいに可愛さを振りまいているが、いつも錦戸亮を目の仇にして悪態ついている。。でも、四話冒頭の台詞は本当にキツかったなあ(泣)あれは・・へこむよ男なら(苦笑)
そして、四話は錦戸の過去に触れた話だった。彼は一流の腕の素質がありながらシェフの道をあきらめていた、子育てを優先させるために・・。
「あなたは子育てを理由に逃げたんです!」とガッキーは声を荒げる。それはそうかもしれないけど・・。
修行の道は何かを同時にやれるほど甘くないのも現実で、やってる人間達はみんな腕がある上でさらに日々腕を磨いているんだから、自分は無理だ・・と身を引いたんだろうな。ガッキーは挫折の中から高みのみを目指して勉学してきたわけだから、そりゃ錦戸に言えますよ(汗)
このドラマのガッキーは決していい子ではないかもしれないけど、がんばってきたという背景があるからむかつかない。逆に魅力的なんだろうな、そのキツさもね。

だが。再びチャンスの日が訪れることになる錦戸は、ガッキーの言葉に触発されて再び一流レストランの厨房へ! しかぁし!偶然にもビー太郎が行方不明になり、親として探すために厨房を途中であとにする・・。

でも彼はやはりこれで自分の気持ちを悟るのだ。自分は今の生活を守る幸せを取ったと。それをガッキーに告げる。「わたしには理解できません・・。」そう言うガッキーだけど、彼の生き方も完全否定できないかっこよさがあると気付いていたのだ。

だけど、一応ガッキーは同じ事務所の超一流の男(腕も金も地位もある)と付き合っている。そして、錦戸に告白する蓮佛美沙子!ぶっちゃけ、この子はいい子だよなあ(笑)錦戸どうするの!?ガッキーはあきらめるのか??


■蓮佛美沙子に熱烈告白される錦戸亮。健気で美人な子に告白されたんだから!と思いきや、断ったって(泣)どうゆうことよ!?
どうやらビー太郎の子育てでせいいっぱいだという理由だけど、やっぱりガッキー(新垣結衣)が好きだからかね。
で、ガッキーは蓮佛から錦戸に告白したことを告げられ、実は動揺していたのだ。。もっともイクメン(育児男)達に好かれている蓮佛は、がんばれ!と恋の応援をしてもらい、錦戸のことはあきらめず浴衣作戦とか決行していたけど。。

同じ弁護士事務所のトリプルAの男・平山浩行と付き合っているガッキーだが、なぜかイライラして仕事に集中できない。それは・・錦戸の存在がなぜか頭に引っかかっているからなのだ。そんな様子に気付いた平山は、食堂の出前をわざと会議室に持ってこさせた。錦戸が働いている小さな食堂で出前をして。
錦戸は英語と専門用語が飛び交う国際的な仕事場を目にして、しかもそんな場所で堂々と仕事しているガッキーを見た。住む世界の違いを見せ付けられた感じで愕然とする錦戸がちょっと切なかったけど・・。そんな錦戸をエレベータまで追いかけてきたガッキーも、結局いつもの悪態ばかりで強がってばかり(泣)

でも、でもでも!ガッキーはどうしても錦戸のことが頭に浮かんでしょうがないのだ。
しかし。次回新たな展開に。錦戸に連れ子であるビー太郎を置いていって姿をくらませてしまっていたキャバ嬢が戻ってくる!?(驚)タイミング悪っ。錦戸も本当にガッキーのこと好きなっているのにねえ。つーか蓮佛の事はどうするんだよ(苦笑)一番いい子なのに(泣)


■寝不足で、しかもすいか割りなんてして、グルグル回ってしまったもんだから倒れてしまったガッキー(新垣結衣)。だが、やさしく介抱してあげた錦戸亮が、寝ているガッキーに告白。そして・・つられてうたた寝していた錦戸に、あとから来た蓮佛美沙子がキスをした。。それを見てしまったガッキー!で、、今回大波乱が起きるのか!?って思っていたら。
「・・好きですけど、恋愛対象ではありません。他に好きな人がいます。ごめんなさい。」って振っちゃってんですけど・・錦戸(唖然)一番いい子だと思って推してる蓮佛美沙子、一応撃沈?(泣)

でも。ガッキーはあとで動揺しすぎて涙まで・・。だんご虫呼ばわりしているけど、この件で自分が錦戸のことをやっぱり好きだと再認識してしまったようだ。。

今回はひなたちゃんが主人公だったので、一見話は進んでいないように思えるが、この子が非常にうまくガッキーの心を誘動しているんだよね(笑)ビー太郎もそうだけどさ。
そんなませたひなたちゃんも、さすがに母親の急がしさには閉口してさびしがっている。でも錦戸の言葉が、母親・薬師丸ひろ子の気持ちを動かした。超巨大弁護士事務所の女ボスの肩書きを降ろして保育園でビデオカメラを覗く薬師丸のその顔は、なかなか可愛かったね。いいシーンでした。。

でも。その生活発表会にビー太郎の母親・浅見れいなが現れていたのだ。そして・・ついにガッキーは、錦戸に告白する決心をしていた(驚き)!!いっけー!(笑)だが!

「会いたかったよ。」浅見が錦戸にそう言っている場面に遭遇するガッキー。どうやら浅見はビー太郎を置いて出て行ってしまったけど、色々理由があったみたいだね本人的な。錦戸とビー太郎を迎えにきたらしい浅見。だから・・ガッキーはまた意地を張りまくる次回になるだろうな(苦笑)


■「やり直したいの。NYにいっしょに行かない?」というリリカこと浅見れいなが突然帰国してきて錦戸亮に告白。ビー太郎の母親であり、実は錦戸の元妻な浅見。。この告白に錦戸が乗ってしまえば、実は話は円満なのであるが。。ガッキー(新垣結衣)がいる手前もあるし、なによりビー太郎の心の準備があると、とりあえず浅見を引き下がらすことにする錦戸。

だが、ガッキーは告白するタイミングを失い、イライラして平山浩行と婚約してしまう。この平山だが、優秀で金持ちで家柄も貴族で、という男。だからガッキーが目指している理想の男そのものなのだ。でも実際、だからといって、悪い奴じゃないよね~。
ガッキーの住んでるボロボロのアパート見てもニコニコしてるし、サプライズで婚約指輪を買うお店貸切させちゃうとか、まあカッコいいですよ。。ぶっちゃけた話、平山でもいいんじゃない?と思っちゃう部分はある(苦笑)で、錦戸達イクメン(育児男)達に婚約指輪を見せびらかして挑発するガッキー(笑)

錦戸は、ガッキーに浅見のことをちゃんと説明したいと追いかけた。浅見はダンサーになるためにがんばっていたが、男にも捨てられひとりでビー太郎を育てることになりそれもあきらめて・・大変そうだったと。それが出会いだった。「はたちそこそこで子供産んでひとりで育てるって大変じゃないスか?」で、錦戸は隣人だったために、ビー太郎をあずかったりしていたんだね。錦戸も料理の修行で色々だったから、きっと浅見に理解しめして厚意を持ってもおかしくないね。で、流されるように結婚したが、フって沸いたチャンスに浅見は、黒人ダンサーについていってしまうことに。その黒人ダンサーとは何もなかったようだが・・。結果その時は、泣きながら謝って浅見は行ってしまったのだ・・。で、錦戸の今は、イクメンである。。錦戸はたしかにお人よしすぎるけど、後悔はないとキッパリと言った。

「じゃあ、NYにいけばいいじゃないですか?あなたを縛るものは何もないじゃないですか?」ガッキーの問いに、「それは・・。」いけ!言え!チャンスだ錦戸!!でも・・なんか言えないのだ。「私も・・正しい相手と迷わず邁進していくつもりです。」とか目の前で言われちゃなあ(泣)なんでそういうことばかりガッキーは言っちゃうのかね(汗)
でも。ちゃんと自分の気持ちを決めてからビー太郎に話しなさい!とカツをいれてくれるのもガッキーなんだな。。やっぱりいい子ではあるよな(笑)

錦戸はビー太郎に浅見のことを話す。そしてビー太郎は母親についていくことを選ばす、錦戸と共に日本に残ることに決めた。もちろんその前に錦戸は、浅見にもうやり直せないとキッパリと告げている。ビー太郎は母親か錦戸かどちらか選ばなければいけない悲しい選択を迫られたのだ(泣)
空港での浅見と錦戸、ビー太郎のシーンはよかったねえ。。この三人でもタイミングがあえば、きっとうまくいってただろうなと思わせるシーンだった。

だが。このあと錦戸は泣き言をガッキーに電話してしまうのだ。ビー太郎が自分を選ぶのは当然だったと・・。正しい選択なんてまだビー太郎にはできない、傍にいる人間を選ぶとわかっていたと・・。そんな泣いている錦戸の元に、思わず行ってしまうガッキー。平山との婚約パーティすっぽかしちゃってるし。。それで錦戸を抱きしめちゃってるし。。「ビー太郎をあなたが幸せにすればいい!」


■ここにきて、ガッキー(新垣結衣)の父親が登場の回でしたね。この父親、ガッキーのハングリー精神と上昇志向を幼い頃に徹底的に植えつけた張本人である。それはいわば反面教師で、別にこの父親がいいわけではない(笑)
人がよすぎるのか騙されやすいのか、すぐに借金は作るし家は超貧乏だし・・という環境を構築していた人。なんだか貧相な外見で、しかも何?しゃべり方が変、ろれつが回ってないんですけど(笑)
突然弁護士事務所にやってきた父親に面食らうガッキーだが、薬師丸ひろ子とかやさしく応対していた。。でもガッキー的には、婚約している平山浩行に急に会わせるのは、さすがにためらわれるので、とりあえず自分の住んでるアパートに帰ってもらうことに。なんかお父さんというより、おじいちゃんに見えるような(苦笑)つーか、その平山との婚約結納の件でガッキー自身が山形から呼び出した?

で。その平山との婚約なんだけど実は、ひなたちゃんや薬師丸からは自分の気持ちに素直になれば?と言われてしまう始末。。いや、平山はかっこいいし、いい男だと思うんだけどね。でも、やはりガッキーの気持ちはだんご虫・錦戸亮にいってるんだよな。でも、自分の中の上昇志向的なプライドが邪魔してズルズルと話が進んでしまっていた。一回は素直になって錦戸に告白しようとしていたんだけど。。
その錦戸は、ガッキーに冷たくされつつも肝心な時はやさしくされていて、もちろんガッキーが好きなのだけど、もう婚約しているガッキーにおめでとうございますと言ってたりする。まあ、しょうがないわな。。

そんな錦戸はガッキー父親と仲良くなっていた。同じイクメン(育児男)だし、人柄がいいもの同士でウマが合ったのかもね。この人との会話で、ビー太郎との絆を確認できた錦戸はうれしそうにちょっと泣いていた(感動)

だが。ガッキーは父親を再び叱るはめになる。また・・父親は借金を作っていたのだ。しかも、それを平山家が肩代わりして返してくれていたという。結納の席ではふたりして土下座することに。もちろん平山家はいい人達で余裕もあるので、逆に土下座に困ってしまうんだけど。。

父親は帰った。ガッキーとちゃんとした別れを交わしたわけではない。なんとなく寂しい感じ?で・・。でも、ガッキー的には喜べない状況をまた作ってしまったわけだし、影で借金取りの因縁のおじさんとの対決もやってたわけだしね。
でも。あとで知るのだ。自分の誕生日に自分の生まれた体重の数を毎年貯金してくれていたこと。貧乏だったけど、いつも自分にやさしかったこと。なにより、いつもいっしょにいてくれたこと・・。色々思い出していたガッキー・・。

錦戸の言葉で、さらに父親の愛情を気付かされたガッキーは思わず泣いてしまった。「今だけ・・いいですか?今だけです。こうさせてください・・。」錦戸の背中におでこを乗っけて泣いているガッキーに「・・・。」その手を握る錦戸。その目には一筋の涙が光っていた。


■ガッキー(新垣結衣)と錦戸亮の仲は傍からみれば相当もどかしいようで、早く告白しろよ!?的な野次がすごい(笑)俺が勇気をみせてやる!とビー太郎が保育園のラジオ体操中にメガホンぶんどりひなたちゃんに告白(すげー)。。ひなたちゃんはびっくりしていたが、まんざらではないようだ。てか、じらしてるんですっ!て強がるひなたちゃんは、どんだけませてんだよ(苦笑)
そんな事もあり、さらにお互いを意識する錦戸とガッキー。でも、婚約してるガッキーに今更告白できない錦戸。そして、何か言いたそうなガッキーだが・・。
まあ、ぶっちゃけここまで話が進んでしまってる相手に告白とかは普通現実はできないわな。よほどの脈がないかぎりだけど。。錦戸の目線からだけだと実際そこまで踏み込む感じではないような(苦笑)結構冷たかったしなガッキー(笑)でも、あちらこちらでビー太郎とひなたちゃんがチャンス作ってくれてたのになあ。もったいないよな。

今回はイクメン(育児男)達の仲間のひとりの工場が外資に乗っ取りにあう!?という話。工場の手作りおもちゃに目をつけた外資が著作権を後だしで振りかざしてオリジナルを食ってしまおうという・・しかも、その外資が薬師丸ひろ子の事務所のクライアントだったわけで、自動的にガッキーも敵になるという図式。たとえ普通に戦ってもその辺の弁護士事務所じゃ、ガッキーや薬師丸、平山浩行達がいるこの事務所に敵うわけない。ガッキーも知り合いを追い落とすことになる・・と困惑するが、仕事と割り切り振り払おうとする。ビラ配りしている様子を影から見守るけど手助けはできない・・苦しむガッキー。平山はこういう時は情は一切はさまないね。ガッキーは平山にクライアントの気持ちを変えることはできないでしょうか?と食ってかかるシーンもあったのだけど・・。

でも、そよ子ちゃんこと蓮佛美沙子は、薬師丸の秘書なのに錦戸達イクメン側の手助けに回るのだ!いっしょにビラ配りや署名運動を手伝ってくれる(感動)本当、なんてやさしい女なんだ。。いい子いい子(笑)この手の戦いに署名とかあまり意味ないのを知っていて、手伝ってくれていたかもしれないしね(感動)

薬師丸も幼馴染で初恋の保育園の園長に頭を下げて頼まれるけど、そこはクールな女ボス、仕事は曲げない。でもね、やっぱりひなたちゃんの生活発表会観に来てからどこかやわらかくなっていた薬師丸。非情な現社長ではなく情に厚い会長に話を持ちかけてくれていたのだ。。訴訟は取り下げられ、職人がいなければこのおもちゃは作れないという、会社丸ごと買収の運びとなる。。工場イクメンは助かったのだ。。
でも。平山はこれも想定内・・と企みごと。ボチボチ毒役に回ってきましたね。しかも、錦戸を呼び出して彼女の邪魔をしないで欲しいと言う。苦労してがんばってきた彼女を惑わすのはやめてくれ。「はっきり言おう。彼女の将来のためには君の存在自体が邪魔なんだ。」「・・・。」完全にガッキーへの想いを断ち切られた錦戸。自信喪失・・。

で、その後。このタイミングで素直になってみることに決めていたガッキーに告白される錦戸(驚愕!)「私はあなたが好きです。私は・・ダンゴ虫が大好きなんです。」タイミング悪りい(泣)「・・俺も若葉さんが好きでした。俺は、今・・他に好きな人がいます。」!?「・・私でいいんですか!?」と、この場面に蓮佛も登場!!錦戸は蓮佛の手を繋いで帰っていく。うう・・泣いて喜ぶ蓮佛(感動)そよ子ちゃん推しの俺の夢が叶いました(笑)でも呆然とするガッキー・・悲惨(泣)
怒涛の連続告白劇だった今回。おもしろかったですが、青山倫子のがんばりもよかった。今後、味方になってくれそうです。。


■最終回直前のこの話は、とんでもない展開になったな(汗)正直ここまでシリアスな話になるとは思ってなかった。ひさびさに最終回どうなる!??と楽しみだけど、見るの怖いなあ状態(苦笑)なんにせよ、ここまで楽しい月9になるとはね。
そよ子ちゃん推しの自分にとって、蓮佛美沙子と錦戸亮の仲良い新婚みたいな雰囲気は、((よかった。よかったね))なのだが。
まだ錦戸は、ガッキー(新垣結衣)のことが好きだし、多分そのことを蓮佛も知っているよう。だからこそ、蓮佛は寄り添うように錦戸といっしょにいる。
ガッキーはガッキーで、平山浩行との婚約を錦戸のことを振り払うように進めていた。そう、ふたりは両想いになっていたのに・・意地の張り合いとタイミングの違いで、どんどんその違いは広がっていく。今回の話はそのすれ違いが修正されていき、そよ子ちゃんの涙を見なくちゃいけないのか!?(号泣)と覚悟していた。。

が。リリカこと浅見れいながビー太郎を引き取りたいと帰国してきたことで物語は一気に急展開に!実はビー太郎と浅見はあれから頻繁に連絡を取り合ったりして親子仲を取り戻しつつあったのだ。綺麗で一見派手な感じだが、ダンサーとしての一生懸命さを子供にも向ける余裕ができたのだろう。母親としての立場を取り戻しにきたのだ。錦戸とは破局しているので、ビー太郎は母か父か選ばなければいけない。
浅見はガッキーに親権取得の代理交渉を頼む。錦戸が血は繋がっていなくても本気で親としてビー太郎を想っていることを知っているガッキーは切なくなるが、浅見の気持ちも強く真剣なのを感じていた。

そして・・錦戸はビー太郎を浅見に返す覚悟を決めていて、ビー太郎を突き放す。ビー太郎は泣きながらも錦戸の気持ちを察していた・・。
そんな場面を見届けながら、錦戸との時間を愛おしく感じているガッキー。だが、蓮佛が錦戸を待っていてハッとする。「馬鹿でねか・・馬鹿でねか!」ガッキーの帰りの泣きっ面の裏では、蓮佛が錦戸に「結婚してください・・。」と言い、錦戸はうなずいていた。

浅見は錦戸からビー太郎のことを聞きながらも、錦戸のこれからはどうするのか?を尋ねた。<時間はかかるかもしれないけど蓮佛といっしょに・・>と言う錦戸に「失礼な!あの時私を振ったのは誰のため!?」浅見は怒る。<ガッキーのことが好きだったんじゃないの!?私にはビー太郎がいる。もう恋も仕事も自由にしていいんだよ!?そうしてよ?>「それが今の私にできる罪ほろぼしなんだから・・。」

錦戸は自分自身のために、もう一度フレンチの道に戻る決意をした。蓮佛にフランスにいっしょに来て欲しいと言う。
そして。薬師丸ひろ子事務所では、いよいよ平山がその野心をあらわにする瞬間が。薬師丸を追い落とすつもりなのだ。前回で外資のクライアントの社長を怒らした薬師丸は隙を作っていた・・。
そして。フランスに修行に行くという話を電話で聞いても、やっぱり自分の気持ちは意地張って何も言えないガッキーは、あとで泣き出してしまう。前回の告白も空ぶって可哀想(泣)そんなガッキーを見て、「大丈夫。全部僕が受け止めるから。」と抱きしめる平山。それぞれの行き先が示された!?

フランス行きを誘われて「どこへでも・・。」と喜ぶそよ子ちゃんもいるし、なんか完全に主人公ふたりがくっつく要素がなくなった最終回直前。どうなるのか非常に楽しみです。今までも主人公達がくっつかないドラマは何作かあったしね。これは本当にわからんよ(汗)まあ、そよ子ちゃんとフランス行くのも幸せだと思います。。


■はたして主人公ふたりはくっつくのか!?が最大の焦点だった最終回。状況的にはお互いに相手がいて、進む道もバラバラだという状況、まあくっつくはずないのだ(苦笑)
ビー太郎が浅見れいなとNYに行くのを見送る錦戸亮とガッキー(新垣結衣)、ひなたちゃん。ビー太郎は、ひなたとラブラブを誓い、父親だった錦戸にも満面の笑顔を見せて去っていく。一変の曇りもない。このドラマのビー太郎とひなたのふたりの保育園児が、実は一番自分の想いを実行していたかもしれないという恐るべき行動力を持った奴らだった(笑)それは子供だからこそなのかもしれないけど、ま、すごいね。。

平山浩行のクーデターは着々と進行していた。<この世界で温情は不要>とまったくガッキーの懇願も聞き入れない平山も、一見悪者にみえるがそうではない。今の社長の座にいる薬師丸ひろ子も、先代を引きずり降ろしてトップを手にいれたのだ。平山の行動を責めたりはしない。彼女は子育てに目を向けるようになり、ひなたちゃんとの仲はすこぶる良好だったが、傍からみれば隙だらけだったのだ。
平山の地固めは完璧だった・・が!会議で発表した薬師丸の言葉は、自分の退陣宣言ではなく、外資系大手のスミス&クラーク法律事務所と提携するというものだったのだ。ここは実はガッキーが最初に就職した事務所で、日本からの撤退を決めてしまったからこそガッキーは今の事務所にいるという。。
この大きな提携話は平山のクーデター失敗を意味し、薬師丸はそれでも平山にNY代表を指名する。
だが・・平山は負けた事実に打ちのめされ、事務所を出て行くとガッキーに言う。婚約も破棄だと・・。でも、ガッキーは弱っている平山にやさしく言うのだ。「ふたりでマンハッタンの鷹になりましょう。」ガッキー実は弱った男に弱いねえ(笑)

「負けたなんて思わないでね、私は私なりに必死にあがいてこうして立ってるの。」という薬師丸の言葉に平山も笑う余裕を取り戻したようだ。。でも、この時にはガッキーのことを真剣に考えてあげる気持ちが、平山には働いていたらしい。。

その頃。錦戸はフランスに行く前に料理修行として前働いていた有名フランス料理店で働いていた。そして、フランスへ旅立つのはガッキーと平山の結婚式当日だと!生活環境を先に行って整えたら、そよ子さんを呼ぶんでと。<出席してあげないんですか!?>とそよ子ちゃんこと蓮佛美沙子はいきなりの錦戸のフランス行きに驚いていた。知らなかったのだ・・。(知らないうちにガッキーに気を使ってる?・・だから急に?)本当はわかっていた。錦戸がガッキーのことをまだ十分好きなこと・・。

で。蓮佛はガッキーに会いにいった。彼と別れようと思ってることを告げると、ガッキーは必死に錦戸のいいところを蓮佛に慌てて話し始める。「だんご虫なりに一生懸命なんです!絶対手放しちゃだめです!」「・・・。」ジッとガッキーを見つめる蓮佛の真剣な顔がよかったな。「・・必死に愛してくれると思います。でもそんなの欲しくない。欲しくない・・」
結局後日?錦戸は手紙で蓮佛から別れを告げられたのだ・・。あ~あ、むしろ錦戸が手放しちゃいけないの手放しちゃったんじゃないの?(泣)

そよ子ちゃんが撤退してしまったことで物語の進行が崩れた。そう、ガッキーに迷う余地が生まれてしまったのだ・・。(貫くのは大事。でも自分に嘘をついてまでそうでなきゃいけないの?)

あとはね。もう見ていた人は十分察しがつく展開になりましたね(苦笑)みんながふたりのためにサプライズを用意していた。平山も一度挫折した時にガッキーにやさしくされたことで、この女性の気持ちの本質がわかったんだね。そう、錦戸にゆずる気になったのだ。彼はふたりにサプライズの場を提供してNYに旅立つ。。

ガッキーは錦戸に泣きながらプロポーズして、錦戸も自分からプロポーズしなおす。なんじゃこりゃ(笑)そして、ふたりきりだと思っていたら、隠れていたみんなが飛び出してきて祝福だあ!(喜)この場所、景色も綺麗でよかったですね。。

そして。ガッキーは薬師丸の事務所を辞めた。薬師丸は止めたりしない。でも、このふたりにはたしかな信頼関係があった。言葉なんてなくても、お互いの健闘を祈る。

一年後。ガッキーは弁護士をもちろん続けている。多分、町弁として自分の正義を貫ける弁護士になっているのだろう。そして、ある依頼でどこかの店にいくと、そこの店主は錦戸だった。ここでもサプライズかよ!?(笑)
ガッキーは喜び泣いてしまうが、あいかわらずツンツンしてる。。でも食べたらすごくおいしくて、ふたりで笑い合う。。おしまいおしまい。。

という、いやいやまあ、月9の最終回らしい展開になりましたね。くっつかない状態で数年後再会、で、思い出を話して・・とかの展開でもいいと思えたラストを想像していたので逆に拍子抜け?(笑)
でもね、そよ子ちゃんが撤退したならしょうがないなと。もうハッピーエンドしかないなと。自分はそよ子ちゃん推しだったので、そよ子ちゃんとくっつく最終回が見たかったんだろうな。。でも、主人公ふたりの泣きながらの告白シーンは真剣でよかったです。
ガッキーのお父さんがあいかわらず挙動変でしたが・・死にそう?(笑)浅見れいなも綺麗だったし、皆藤愛子や青山倫子もちゃんと出番あって(何気にくっついた・笑)見ててよかった楽しかったドラマでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 全開ガール - 新垣結衣 錦戸亮

    Excerpt: 全開ガール 月曜 21:00 フジテレビ 2011年7月11日~9月19日(全11回) 【キャスト】 新垣結衣 錦戸亮 平山浩行 蓮佛美沙子 鈴木亮平 佐藤二朗 青山倫子 荒川良々 竹.. Weblog: 新ドラマQ racked: 2011-10-01 01:12