華和家の四姉妹七話&花ざかりの君たちへ2011七話感想

■華和家の四姉妹七話
カメラマンの男は彼女の貫地谷しほりがいるのに、その姉の観月ありさにマジになるし、あれだけ観月ありさにアタックしていた元旦那も、結局別の人と再婚するし。四姉妹の父親も、妻を亡くしてからずっと今だ彷徨い続けてるし・・(はあ)
なんだろ・・ドラマ自体はおもしろいんだけど、なんかむかつく。いや、疲れる?(苦笑)
なんか出てくる男達に共感できないというか、チャラチャラしてるのはかまわんけど可愛げがないというか、こんな奴ばっかりじゃないんだけど、世の中。
まあ、物語は進んでいるのかいないのか。書ける時は感想書きたいけどね。


■花ざかりの君たちへ2011七話
その点、こっちは気持ちがストレートですがすがしいね(笑)
なんか今回、いきなりゆきりんがちょっとだけ悪者になったけどさ。自分とダンスしている佐野があんなに芦屋ばかり見てたら、そりゃカチンとくるわな(苦笑)
自分は柏木由紀好きなので、なぜにそんなよそ見しているのかわからんが(笑)たしかに芦屋のひたむきさには惹かれるけど、あの清楚で甲斐甲斐しい柏木由紀の役柄もかなりヒットなんですけどね。それと、帰ってきたひばりがすごくまともな性格なのが逆に笑えた。

しかし・・あっちゃん芦屋は本当に女子だ(笑)周りのみんなは女子だと知って物語が進行しているんじゃないの??と勘違いしちゃうほどだけど、中津も今だ気付いてないし。つーか、どういうつもりで芦屋に告白しちゃったの??中津(苦笑)まあ、言っただけで特に答えは望んでないみたいだったのはわかるけど。でもおかげでこまりちゃんを早く振りすぎだぜ中津・・。もっと出てきて欲しかった、こまりちゃん。。

この記事へのコメント

2011年09月03日 20:54
なんだ
結局48ファンか
自分は花ざかりよりかは華和家の方が面白いと思う
ヤスキ
2011年09月05日 05:35
>あさんへ
こんにちは。AKBは好きですね(笑)

華和家ももちろんおもしろいし、花ざかりも好ましいですけど、佳境にはいってきてからは、華和のほうはカメラマンの男がちょっと暴走ぎみでなんだかな~と。でも、観月ありさの気持ちが揺れてるから、逆にそこが気になります。

どちらがおもしろいかと言われれば、華和家のほうがおもしろいけど、見てて清清しいのは花ざかりですね。花ざかりはストーリー知らなければもっと楽しめてるかも。。

この記事へのトラックバック