それでも、生きていく六話感想

再会した兄と会話する満島ひかり。自然にやさしく微笑んで、祭りのりんご飴が好きだったな?と言う風間俊介。満島は自分と風間の母親が違うことが最近わかった・・色々そういうの抱えていたんだね?と言う。まあ、家にも戻りづらくなって、もともとお兄ちゃん子だった満島がひさびさの兄になついていても不自然ではないね。
瑛太と母親の大竹しのぶも、加害者家族の時任三郎と風吹ジュンと会って顔を突き合わせ、そうめんを食べている。こっちのシュツエーションのほうがありえねえ(苦笑)と思ってしまうが、元々近所で顔見知りで、瑛太と風間は友達だったんだよね。
瑛太からすれば、中学でも友達だった風間がなぜ、妹を殺害したのか?その理由が知りたいのかもしれないし、加害者家族から謝罪を聞きたかったのかもしれない。でも、いざ謝罪されれば、大竹は大声で突然怒鳴ってしまうし・・風間の心の中を探ろうにも、時任達は今の家族を守るために居場所さえ知らない・・。
実際、被害者家族が加害者家族に会って謝罪されても、なんともいえないもどかしさだけが残るだけなのかもな・・と考えさせられるシーン。

倉科カナが行方不明になっていた風間の医療少年院時代の担当看護士の居場所を突き止めてくれていた。なんて素晴らしい!(笑)でも、瑛太の事件を調べているのを一生懸命手伝ってくれている倉科に、食事ひとつ誘えない瑛太。倉科のアピールも流してるしよ(怒)どんだけ冷たいの??でもね。
自分はずっとこの間まで亡くなった父親にずっと食わしてもらっていて、それで毎日毎日家の中でくすぶって、ずっとナメクジみたいに生きてきた人間です・・と倉科に言う瑛太。それでも倉科は、今懸命に動こうとしている瑛太にやさしい。素晴らしい!な(笑)

突然、満島に呼び出された瑛太は、両親が探していて心配していたことを告げる。瑛太は父親がやっていたペンション引き継いで開けているけど、このペンションによく人が集まる。このペンションという設定が人がきやすい感じ。まあ、どれだけ人里離れてるかしらないけど、普通の自宅だったら逆に尋ねづらいだろうな。。
で。カラオケに呼び出された瑛太だけど、いつもにも増して挙動が変な満島に不審を感じて、携帯といっしょに置いてある折り紙に気付いた。それは・・風間が折ったものだ。「今どこにいるんですか!?反省してましたか!?」瑛太の問いに答えられない満島。兄と動物園に行ったことを半券をみせて言う満島に、立場の違いを愕然とする瑛太。そして・・満島も。ふたりのお互い感じていた、なにかしらの信頼が崩れた瞬間だった。このシーンも素晴らしかったね。

だが。満島は兄に言う。<瑛太が妹さんのことで会いたがってる会おう?>満島は、15年も事件の陰を背負って生きてきてる瑛太に、そして自分に、風間の心を明かして欲しかったのだ。「なんでお兄ちゃんが反省するんだ?あきちゃんは天国に行ったんだ。生まれてこないほうがよかったから。」風間は突然走り出し、泣きじゃくりながら止めようとする満島の手を振りほどいて車で走り去る・・。

そして。見つけた担当看護士の酒井若菜も、風間の名を出した瞬間に逃げる。瑛太と倉科は追いかけた。そして瑛太は酒井若菜を捕まえる!なぜ逃げた!??

この記事へのコメント

村石太レディ
2011年08月12日 20:17
昨日 初めて 見ました。ストーリーと登場人物が わからない。最後まで 見て 時々 セリフに 凄い話しだなぁと 思った。こういう社会ドラマも 大切ですね。ドラマ同好会(名前検討中
ヤスキ
2011年08月14日 00:58
>村石太レディさんへ
こんばんわ。途中からだと少しわかりずらいかもしれないですね。これだという説明ないし。

過去に妹を殺害された瑛太と、その娘を殺害した兄を持つ満島ひかりが出会って・・という感じですね。加害者家族と被害者家族の接触がこのドラマの肝ですが・・なかなか、ぬるくない作りになっていて、すごいですね。

全開ガールのようなドラマも楽しいですが、こういうドラマもいいですよね。
村石太レディ
2011年09月06日 20:53
その後も 見ています。加害者の親 被害者の親 悲しいです。大切なドラマですね。
ドラマ同好会(名前検討中
私は 今 全開ガール ドンキホーテ も みています。警察学校のも おもしろいですね
いやー 本当に ドラマは おもしろいですね
ヤスキ
2011年09月08日 08:49
>村石太レディ
どうもおはようございます。
佳境に入ってきて、ますます凄然としてきてますよね。
三崎文哉の再暴走にそれぞれの登場人物がどう決着をつけるのか楽しみです。

ドンキホーテは見たかったんですけど、見てないんですよ(泣)
全開ガールはシンプルに楽しいですよね。。

ドラマは好きで、俺も学生の頃からずっとハマッテます(笑)

この記事へのトラックバック

  • それでも、生きてゆく 第6話 感想「招かれざる客」

    Excerpt: それでも、生きてゆくですが、深見洋貴(瑛太)と母親(風吹ジュン)は一緒に暮らすことになり、三崎文哉(風間俊介)を探して事件の真相を知ろうとします。遠山双葉(満島ひかり)を探すという目的で母親(風吹ジュ.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-08-12 11:19
  • それでも、生きてゆく 第6話:招かれざる客

    Excerpt: 反省してないって・・・ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!! 深見家の人達も三崎家の人達も、文哉が仕出かした事件のせいで この15年間を悲痛な思いで過ごして来たというのに、当事者の文哉が 全然反省してな.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2011-08-12 11:24
  • 【それでも、生きてゆく】第6話

    Excerpt: 双葉が帰ってこなくなり、三崎は夫婦で深見の元へ行った。 響子は何故か夫婦をもてなすようにバタバタ動いた。 じっと対峙している事は不可能に思えた。 深見さん、私たちは・・・。 .. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-08-12 12:33
  • それでも、生きてゆく 第6話~満島ひかりは一人で石川さゆりを唄っていた

    Excerpt: それでも、生きてゆく 第6話 双葉(満島ひかり)は祖母のいる介護アパートで文哉(風間俊介)に再会・・・。 これは双葉の夢で、いつ醒めるかと思いながら見てたけど、現実でした。 なんで文哉って、体温.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-08-12 15:14
  • 「それでも、生きてゆく」第6話感想

    Excerpt:  りんご飴「買ってくればよかった。」  三崎文哉(風間俊介)は妹、双葉(満島ひかり)にそう言う。 Weblog: Kanataのお部屋へようこそ racked: 2011-08-12 15:21
  • 『それでも、生きてゆく』 第6話

    Excerpt: もう何~?こんなに憎たらしくて腹の立つ役どころを見るのは久しぶり。それだけ紗歩を演じる安藤サクラちゃんが見事だってことなんでしょうね。それとも、私が文哉に肩入れしすぎのせい?『ブザー・ビート』での相武.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2011-08-12 16:05
  • 「それでも、生きていく」 第6話 招かれざる客

    Excerpt:  いやいやいや・・・ここまで嫌らしく壊れた女を演じることができる女優がいるでしょうか・・・ 思わず殺したくなるような破壊力・・・やっぱ安藤サクラはスゴイよ。 「この人の ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2011-08-12 16:39
  • それでも、生きてゆく 第6話

    Excerpt: 「招かれざる客」 深見洋貴(瑛太)の母、野本(深見)響子(大竹しのぶ)は深見亜季(信太真妃)の死亡時の足跡をたどり、娘への思いを再確認。日垣(深見)耕平(田中圭)と一緒に住んでいた日垣家を出て三崎文.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-08-12 16:44
  • ドラマ「それでも、生きてゆく」 第6話 感想「招かれざる客」

    Excerpt: 文哉登場---------------!! 久しぶりの再会で、今でも気を使う文哉に思わず涙してしまう双葉。 兄はやはりまだ昔と変わらずやさしい気遣いが出来る人。 「お兄ちゃん、お帰り----.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-08-12 20:20
  • ドラマ「それでも、生きてゆく」第6話感想...

    Excerpt: 文哉登場---------------!!久しぶりの再会で、今でも気を使う文哉に思わず涙してしまう双葉。兄はやはりまだ昔と変わらずやさしい気遣いが出来る人。「お兄ちゃん、お帰り----------」一.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-08-12 20:21
  • フジテレビ「それでも、生きていく」第6話:招かれざる客

    Excerpt:   双葉がずっと望んでいた、兄・文哉との再会。不意にその機会が訪れ、喜ぶ双葉。しかし、兄に事件のことを訊ねると、文哉の対応は予想外のものであっただけでなく、自分の前か ... Weblog: 伊達でございます! racked: 2011-08-12 21:19
  • それでも、生きてゆく 第6話

    Excerpt: 『招かれざる客』 内容 祖母の住んでいる老人ホームに、突然やってきた文哉(風間俊介) それを見て、双葉(満島ひかり)は、驚くとともに、、、涙を流すのだった。 「お兄ちゃん。お帰り」 その後、2人.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2011-08-12 21:45
  • 《それでも、生きてゆく》★06

    Excerpt: 双葉が、目覚めると、そこには、兄の文哉がいた。 双葉、とちゃんと呼んでくれた。ここに居るのが分っていたら、お祭りやってたから、双葉が大好きだったリンゴ飴を買って来てやればよかったなと言った。 洋貴の.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2011-08-13 14:45