JIN-仁- 完結編。第十話 最終章前編

仁の目の前で、坂本龍馬の額が切り裂かれた!その鮮血が仁の顔に飛び散る。斬りつけた本人は、龍馬をずっと護衛してくれていたはずの東修介だった・・。彼は誤って刀を龍馬に当ててしまったわけではなかった。東は苦悶の表情で語りだす。自分の兄は龍馬に斬られたと・・ずっと仇討ちの機会を狙っていたと。「・・そんな話、今更わしが信じると思うかや?・・これもわしを守るため・・じゃろ?」龍馬はもう息もたえだえに地面に横たわっていた。橘恭太郎達、幕府の役人もいつのまにか姿を消している。咲はあまりの事態に顔面蒼白で無言。仁は必死に龍馬を抱き起こした。「・・南方仁がおれば・・坂本龍馬は死なん・・。そうじゃろ?」「はい。助けます。」それを聞くと龍馬は笑い、そして目を閉じた。

仁はこの時のために咲と佐分利を伴って京都まできたのだ。仁達の医療機器は万全に用意されている。できれば、こうならない未来を作りたかった。でも、龍馬はやはり斬られてしまったのだ。今は龍馬を何が何でも助けるしかない。<俺はきっとこのために、ここに来たんだ。坂本龍馬を蘇らせるために・・>

龍馬の傷は脳にまで達するほどの深い傷。頭を総髪にして、メスを入れる。なんといってもその<頭蓋骨>を道具で削り、ギリギリと裂いて、見事に治療部分だけを蓋をとるように取り外す。硬膜を切開して、屑となったものを除去し、脳挫傷によって腫れてくる脳みそにチューブを慎重に刺して、チューブの芯を抜くと大量に血が噴出す。そして縫合。チューブを数日は残しておき、腫れを防ぐ血の除去、栄養を与えるのとペニシリンでの消毒。さっき取り出した頭蓋骨の一部の部分を大腿部に保存させておくのは、あとで頭蓋骨を修復させる時までの保存場所が大腿部が一番いいからだ。手術中に例の頭痛が起きるときは佐分利にかわってもらう。龍馬の口にもチューブをつけて、その先は自発呼吸を促すポンプのようなもので呼吸に合わせて空気を送り込む。脳に対しての処置は済んでも、まだまだこれからなのだ・・。

目を覚まさない龍馬に、旅の途中であずかっていた野風からの龍馬宛の手紙を読ませて聞かせる仁。野風はずっと、龍馬のやさしさに支えられてきたことを龍馬に伝えたかったのだ。「龍馬さん。野風さんからの待ちに待った逢引きのお誘いですよ。行かないでどうするんですか。」!!さすが龍馬。一瞬自発呼吸をする(笑)
それからも未来の乗り物の話、携帯電話の話、メールの話、「龍馬さんだったら携帯鳴りっぱなしですよ。」仁の笑いに、龍馬はついに目を覚ますのだ。奇跡が起きた。

目はうつろで言葉もたどたどしいが、龍馬はハッキリと意識があった。夢の中で未来の世界を見ていたようだ。「先生には・・この時代はどうみえたがじゃ?・・愚かなこと山ほどあったろう?」「・・教わることだらけでした。ひとりで生きていけるなんて、文明が作った幻想だなあって。人生って一期一会だなって。あと、ここの人達は笑うのが上手です。龍馬さんには本物の行動力、教わりましたよ。龍馬さんは親友で、悪友で、私のヒーローでした。」「・・わしゃ先生の生まれてくる国・・作れたかのう?先生のような、やさしくて馬鹿正直な人間が・・笑おて生きていける国を・・。」「はい!」龍馬の手を握る仁は、もう涙でぐしゃぐしゃだった。龍馬の脈は止まる。心臓はもう動いていなかった・・。

「龍馬さん!!」仁はこれからの歴史を知ってるかぎり叫びながら龍馬に心臓マッサージをほどこす。龍馬さんがいなくなったあとは大変なことが起きるんだと。
(もうやめるぜよ先生。ほれ、いっしょにいくぜよ)龍馬の声が頭上からするが、仁にその姿は見えない。「どこに行くってゆうんですか!?龍馬さん!」仁は号泣するしかなかった。咲も佐分利も、力尽きたようにうなだれていた。坂本龍馬は死んだ。

東修介は後日、自害して果てた。彼の兄は久坂の命で龍馬を襲ったひとりで、龍馬の一刺しで絶命したのだ。たしかに仇と思い憎んでいた東。しかし、龍馬の傍にいて、その気持ちは揺らいでいき、いつしか龍馬を好きになっていたはずだ。東が守ろうとしたものは、龍馬の志だったのでは?と西郷は推測する。そして、咲も。
あのまま幕府の人間に討たれてしまえば、龍馬が果たした無血で幕府を助けたともいえる大政奉還の意味合いが、なくなってしまうのだから・・。
だが、歴史の針は進む、戊辰戦争へと。西郷率いる官軍と化した薩長軍は、幕府の残党兵を掃討しながら江戸を目指している。もはや幕府にまともに戦う力は残されていない、ただ蹴散らされていくだけだった。新撰組などもこの戦いで滅びていく。龍馬の命が支えていた無血という奇跡は、龍馬の死によってなくなってしまったのかもしれない。

仁は考えていた。自分は龍馬を救えなかったばかりか、咲にもなにもできていない・・。兄である恭太郎が龍馬を斬りにきていた場面を見るなんて、自分がここにこなければ起きなかったことではないのか?ただ、運命の歯車を狂わせているだけ・・。未来で手術した、頭に胎児の腫瘍のあった包帯グルグルの男、あれは自分だったのだろう。龍馬が死んだ今となっては・・。

仁友堂に戻ると3人は驚愕する。仁友堂の門は閉められ、壁や門には、<人殺し>などの落書きがたくさん書き殴られていたのだから・・。実は三隅俊斎の罠で、偽のペニシリンの技術を売ったという嫌疑がかけられてしまったのだ。ひたすらに仁をおとしめようとする三隅。仁のいない間に仁友堂は潰されてしまった!

かにみえたが。医学館の多紀元琰、医学所の松本良順、勝海舟、吉原の鈴屋店主・彦三郎。みんながこの事件に動いてくれていた。そして、三隅の企てを看破し、逆に三隅を罠にはめ、見事三隅はお縄となっていた。仁の今までの労力と人徳が、仁友堂を救ったともいえる。だが、嫌疑の取調べで拷問を受けた山田純庵は、体を仲間にまだ支えられ、その頭は白いものが混じってしまうほどになっていた・・。
仁はみんなに仁友堂解散を伝える。みんなは自分に関わらなければ、それぞれちゃんと出世していたはず。こんな苦労もしないですんだ。自分にはどうやら脳に腫瘍がある、もうここを続けていくことはできないと・・。
「私達に病人を置いて出て行けとおっしゃるのでございますか?そのようなお言葉に従っては、緒方先生に向ける顔がございませぬ!」<国の為、道の為>そう、みんな医のために命をかけている仲間だったのではなかったか!?「先生、私共に持てるすべてを教えてくださいませ。」咲が言う。仁はみんなに感謝する涙でいっぱいになっていたのだ。

攻め上ってきた西郷と勝の対談が行われた。「江戸を火の海にしたってひとつもいいことはあるめえ?列強の餌食になるだけだろ?」「坂本さあが、以前同じこつを言われもしたど。」「あんた勘違いしてるよ。おいらがあいつを真似してるんじゃねえ、あいつがおいらの真似をしてんだよ。あいつとおいらはいっしょなんだよ。あいつは終わっちゃいねえんだよ!西郷さん。」「・・・わかりもした。」西郷は言った。「・・そうかい。」安堵の溜息をもらす勝。江戸は戦場にならずにすんだのだ。
その江戸で、仁はひたすらに医の道にはげんでいた。頻繁に頭痛は襲ってきていたが、できるかぎり伝えようとはげむ。<時代と俺と、先にいくのはどちらだ!?>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 〔感懐6.19〕いざなわれし義の仁の物語

    Excerpt: JIN-仁- 完結編 最終話前編 DOG DAYS EPISODE12 Weblog: 義風捫虱堂 racked: 2011-06-21 19:12
  • JIN-仁- #10

    Excerpt: 『最終章前編~タイムスリップの結末…』 Weblog: ぐ~たらにっき racked: 2011-06-21 19:24
  • 「JIN -仁-」最終章 前編

    Excerpt: 龍馬が死に・・・そして・・・ 今回も島田橋が少し使われてました~! 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-06-21 19:38
  • JIN-仁- 第10話:最終章前編~タイムスリップの結末…

    Excerpt: 龍馬さん・・・・゚・(ノД`;)・゚・ウワァン やはり龍馬が生き続けるという未来は夢だった・・・ そして斬った東も敵討ちとか言いつつも、本当は龍馬をかばう為の 行動だったらしい そんな東のおかげで.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2011-06-21 20:23
  • 《JIN-仁ー》★2-10

    Excerpt: 龍馬が、東に切られた・・・ 「東・・・」 「私の兄は、あなたにきられたんです。 あなたが、久坂さんと会った夜に。 あなたは私の敵なんですよ。 初めからこのつもりで近づいたんです。 ずっとこうしようと.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2011-06-21 20:35
  • JIN~仁~2 第10話

    Excerpt: 坂本龍馬(内野聖陽)は、史実通りに切られてしまった。 寺田屋の女将・お登勢(室井滋)たちが見守る中、仁(大沢たかお)は 咲(綾瀬はるか)、佐分利(桐谷健太)の協力を得て、龍馬の手術に挑むが・・・ .. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-06-21 20:53
  • JIN-仁- 第十話

    Excerpt: 『最終章前編~タイムスリップの結末… 内容 龍馬(内野聖陽)の暗殺を防ごうとした仁(大沢たかお)と咲(綾瀬はるか) ようやく、“その日”が終わった。。。 そんなとき、恭太郎(小出恵介)らの襲撃を受.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2011-06-21 20:59
  • 「JIN-仁- 完結編」第10話

    Excerpt: 「南方仁がおれば、坂本龍馬は死なん!」 第10話『最終章前編~タイムスリップの結末』ネタバレです。 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブックTBSテレビワニブックス 2011-04-22.. Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ racked: 2011-06-21 21:14
  • 別館の予備(バブ&トリコ&JIN)

    Excerpt: 6月21日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10926987027/7b738fb6 Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-06-21 21:48
  • JIN -仁- 第10話 感想「最終章前編~タイムスリップの結末…」

    Excerpt: JIN -仁-ですが、南方仁(大沢たかお)は坂本龍馬(内野聖陽)を手術で助けようとします。史実どおり頭を切られた龍馬ですが、咲(綾瀬はるか)や佐分利(桐谷健太)の協力もあって一時的に意識を取り戻します.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-06-21 22:05
  • 内野龍馬が逝く(JIN-仁- 完結編#10)

    Excerpt: 『JIN-仁- 完結編』東修介@佐藤隆太が内野龍馬を斬ったのは、兄の仇だったのか!!!ずっと機を待っていたと。。。  そして自害w開放性頭蓋骨陥没骨折・脳挫傷・急性硬膜下血腫 ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2011-06-21 23:53
  • 「JIN -仁-」完結編 第10話~人望が厚い仁(大沢たかお)に、皆が辞めないでと願う。

    Excerpt: 「JIN -仁-」第10話 額を斬られた龍馬(内野聖陽)は瀕死の重症で頭蓋骨がどうとか硬膜下出血やら脳みそがこぼれそうだとか・・・。 仁先生は(大沢たかお)、咲(綾瀬はるか)と佐分利(桐谷健太.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-06-22 16:15
  • 『JIN-仁-完結編』 第10話

    Excerpt: 仁が必死に助けようと頑張っても、龍馬を一週間延命させただけ。。。歴史の修正力にはやはり逆らえず。それでも史実よりも良かったと思える。最期の日に軍鶏鍋も食べられたし。チガウカしかし今回のしゅじゅちゅも.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2011-06-23 12:34
  • 「JIN-仁-」第10話

    Excerpt: 次はもう最終回なんですね。2時間スペシャル・・・・・・・・・・なのにそんな日に会合があるって何それェェェェ!!ちょー休みてぇよ!録画はもちろんしてくけどやっぱリアルで観... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-06-23 13:59
  • 【JIN(完結編)】第10話と視聴率「最終章前...

    Excerpt: 第10話の視聴率は、前回の18.0%より上がって、21.1%でした。初回の23.7%に次ぐ高視聴率でした♪次回は最終回で、PM9:00~10:48の2時間スペシャルです。とても楽しみです♪(^^)&n.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2011-06-24 09:32
  • 「JIN -仁-」神に試される医師10仁は龍馬に大手術を行うが神は龍馬を余命を延ばさなかった・・・しかしその意志は勝が引き継ぎ江戸無血開城へ繋がった

    Excerpt: 「JIN -仁-」第10話は龍馬が東に斬られ緊急手術を行う仁は必至の手術で何とか龍馬の命を取り留めた。しかし予断を許さない状況が続き仁は懸命の治療を続けるが、最後の龍馬の言葉 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-06-24 20:21