マジすか学園2。第九話と総選挙&生まれる。八話感想

■マジすか学園2。第九話
「みなさん。うちのセンターはマジで強いッス。」でも、すべて短時間で決着をつけているからスタミナは未知数。大勢で囲んでしまえば勝てる、とハブの会四人率いるヤバ女達に説明するネズミ・まゆゆ。馬路須加(マジスカ)と矢場久根(ヤバクネ)両方を戦わして両方潰したいまゆゆにとっては、ダチのセンター・松井珠理奈をおびきよせて戦わせるのもいとわない。「眠らないライオンはいないってことで。」「おめえはどうする?」「高みの見物。」「そりゃ虫がよすぎんだろ?」まゆゆは突然ヤバ女達に囲まれる。実は、お互いを利用しようと考えていたのだが、まゆゆにとってはヤバ女の連中が自分にしかけてくるとは思わなかったのだろう。「おまえはセンターを釣る餌だったんだよ!」まゆゆを囲み、金属バットをふりかざして襲い掛かるヤバ女。まゆゆの目は暗くすわっていた・・。

振りかざされたバットを少し体をずらしてよけるまゆゆ。間髪いれず膝蹴りで打ちつけ!反撃!そう、ネズミは策略だけではない、とてつもなく強かった!拳をストレートで打ち出しヤバ女の連中を打ちのめしながら、多勢な攻撃をヒュルヒュルかわすまゆゆ。だが!ついに背中に角材が入った!さすがにこれだけの人数相手ではかなわない。次々と攻撃を受けて陥落寸前!「ネズミ!」そこへ現れた松井珠理奈!は強い!圧倒的に殴り倒していく。が、あまりにも数に差がありすぎた。それでも自分のために戦う珠理奈を見て、逆に驚愕するまゆゆ。「・・センター。」

いつのまにか、まゆゆも再び参戦して形勢は盛り返していたのだ。だがこの戦いは警察が来た!という通報であっという間に幕を閉じた。偶然喧嘩を目撃したマジ女のチームフォンデュの寒ブリ・島崎遥香が機転をきかせたのだった。。

珠理奈はまゆゆが自分を罠にはめていることを知った上で助けに来ていたのだ。そして。最後には助けにはいってくれると信じていたと笑う。その珠理奈の自分に対する真っ直ぐな友情に顔をしかめるまゆゆ。とまどっているのだ。
そして、おたべ・横山由依達といっしょに戦うと決めたと告げる珠理奈。マジ女のてっぺんをとる前にヤバ女を潰す。「大切なのはヤンキーソウルだ。やるっきゃねえってことだ。」珠理奈の言葉にまゆゆは・・。

珠理奈は過去に母親を虐待する父親の姿を見て育ち、母親も出て行ってしまった。まゆゆは裕福だったが不正を働いている父親に嫌気がさしていた・・。珠理奈は同じような境遇のまゆゆに、みえない絆を見出していたのだ。

だが。まゆゆは仲俣・仲俣汐里率いる捨照護路(ステゴロ)高校にも足を運び、協定をもちかけていたのだ。そして、ヤバ女のハブの会の四人も、前田しかみていないシブヤ・板野についに愛想をつかし、独断で仲俣と交渉しに来る。これにて板野と同盟を結んだはずの仲俣はとりあえず動くのをやめてしまった。
シーソーが「ちょっと傾いたほうに乗っかるってことだ。」そして、乗っかればシーソーは一気に傾く!どちらに傾いてもマジ女とヤバ女両方を潰したいまゆゆは不敵に笑う・・。

さて、ぼちぼち佳境だね。おたべさん、前田敦子を連れ戻したら、ちゃんとヤバ女と戦ってくださいね~。もう、マジ女内はネズミ以外はまとまっていますぜ。。(笑)


AKB48総選挙。2011は自分はよかった~と思う部分結構ありました。増田有華が20位になったこと。柏木由紀が3位という驚くべき結果だけど、ぜんぜんおかしくないこと。。
あっちゃんや大島優子がどちらでもおかしくない一位は、あっちゃんが再び返り咲いたけど、このふたりは同着でもいいですよね。高橋みなみもある意味支柱だし7位。小嶋陽菜は初期から一番AKB48を広めた人だし、かわいいし6位。篠田や板野も妥当ですよね、人気でてソロ活動が目立てば逆に他の子に投票って気持ちにもなるだろうし。それでも篠田さんはすごいって感じで四位は。。
渡辺麻友に次世代の布石として一位とって欲しかったけど、前回と同じ5位でもコメントがすごくスッキリしていたからまゆゆは悟ったなと思いましたね(笑)
ぶっちゃけ、誰か選べなんて厳密に言われたらできません。それがファンです!という意見も認めてほしい。。石田や片山、岩佐とか野中さんとかいっぱいいます。まだまだ。
政権放送でがんばります!とか小ネタやったりしているをみて、癒されたり応援したりしたくなるわけで、これはイベントでお祭りです。今回も自分は癒されました。


■生まれる。八話
三男の白血病が再発した。それは結局母親・田中美佐子の知るところとなる。だが、ドナー適合者だったその母親は、現在妊娠していてドナーになりえない。それでも大丈夫ですから!と泣きながら医者に頼む母親は痛痛しいが・・。リスクが高すぎて医者はドナーとして認めてはくれないのだ・・。
妊娠していることを後悔する母親。だが、その気持ちはもうお腹の子供に伝わっているんだよ。というシーンにドキリとする。こういう部分がこのドラマ独自の意味合いであり味なんだよね。
だが。この三男の再発が次女の気持ちを溶かし、母親と和解する。堀北真希は長男を連れ戻そうとヤクザみたいな連中相手に啖呵をきる。。一時母親の妊娠騒ぎでまとまりがなくなったがここにきて家族がまとまったわけ。それを見届けた三男は笑顔をみせるが・・病状は悪すぎる(泣)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック