JIN-仁- 完結編。第二話

江戸では安道名津(あんどーなつ)が大流行。仁が、脚気に効くと仁友堂の面々と作ったお菓子だが、薬なのに菓子なわけで。。評判にならないわけがなかった。噂が噂を呼び、仁もたびたびお世話になっている西洋医学所の松本良順から頼まれる。良順は高名な医師であり奥医師でもあった。
「実はあるお方が脚気の疑いがございまして。安道名津を献上していただきたいのです。」「どなたにですか?」両順は秘密めいて仁に耳打ちする。「・・和宮って人ですか?」仁の普通の表情と言葉に、良順は顔をしかめた。だが、仁もすぐに気がつき、びっくりするのだ。。皇女和宮。朝廷から江戸にお嫁に来たお姫様。。将軍・徳川家茂の奥方である。

この話に仁友堂のみんなは歓声を上げた。あまりのうれしさに山田純庵などはヒーハーヒーハーしている。。福田玄考は、大奥などはしきたりや人間関係が難しいので関わるのはやめたほうがいい・・と顔を引きつらせ皆を諭すように言うのだが、それでも皆の喜びようは途方もないものだったのだ。だが、仁の表情はそれほどうれしそうではない。咲はそれに気付いていた。

机に座って考え事している仁の、となりの椅子に腰を下ろし、咲は声をかけた。「なにかご心配なことが?」「いいんですかねえ。私みたいな人間が、大奥に出入りしたり奥医師になったり。」「当代一の名医でいらっしゃいますのに?」それを聞いてフッと笑う仁。「・・身元も明かせないわけですし、ある日突然いなくなっちゃたりするかもしれないし。」仁の言葉に、咲は真剣な顔をして目線を外した。「・・左様でございますよね・・。先生はいつか必ず、いらっしゃらなくなるのでございますものね・・。」立ち上がった咲は早口になり、「私としたことがつい忘れておりました。宮様への献上の件は、先生のよろしきようになさいますのが一番かと存じます。」仁がひきとめようとすると、咲は早足に去っていってしまった・・。
仁は現代から幕末へタイムスリップしてきた存在である。佐久間象山がそうであったように、仁も突然、なにかの拍子に現代へ戻ってしまうかもしれないのだ。しかしそれでも、仁が幕末の江戸に来てもう二年が過ぎていた。

仁は考える。仁友堂には金がない。医療費も医療道具などに消えていき、医者達にだって給料を払えていない・・。ペニシリン製造もヤマサ醤油の濱口氏にお世話になりっぱなしだ。献上の話はまたとない好機であるに違いないのだが・・。ここのところの自分は、あまりに幕末の有名人に関わりすぎている。いくら覚悟を決めたとしても、このままここで、江戸で死んでいくのか?となると、話はべつになってくる。現代の世界には、まだ親だっているし友人もいる。ましてや、現代の友永未来はどうなっているのか?ここにいてはその生死さえ、わかることはないのだ・・。

?仁は見知った雰囲気の女性がいるのに気がつく。女性のほうも気付いた。「野風さん!?」膝を少し曲げ、仁に挨拶するその笑みは、今でも美しかった。野風は花魁を辞めて、しばらくは読み書きを子供達に教えていたのだが、その妖艶な雰囲気で長屋の空気を乱してしまい(苦笑)追い出されてしまったらしい。さすが元・呼び出し。。昔の旦那達も、職を口利きしてくれなかったようだ。

橋の上で立ち話をするふたり。「あの、お妾さんになるなんて考えてないですよね?」ふふっと笑う野風。「ちゃんとカタギになりんす。先生にいただいた命。大事に使いんすよ。」「・・あの。よかったら仁友堂で働きませんか?そんなこと言っても、お給料はだせないんですけど。その、食べるくらいは困らないし。」野風は笑う。仁の厚意に甘えることにしたようだ。咲とも笑顔の再会をした野風は、仁友堂の面々とも挨拶し、甲斐甲斐しく働いてくれるようになったのだ。仁友堂も華が増えてよかったよかった。。

有名役者・澤村田之助が仁の元を尋ねてきていた。いつぞや金の工面の時に、仁と強烈な出会いをしたこの売れっ子役者だったが、今では気心のしれた友人になっているようだ。どうやら和宮の前で劇をすることになったらしい。
「松本先生がまだ返事ないってこぼしてたよ。何迷ってるんだい先生は?」「作り方を教えてしまえば誰でも作れるものですし。」「欲がないね、先生は。」田之助は仁に、和宮のことも話す。彼女は公武合体政策のために、相思相愛の相手から引き離され、江戸・大奥に嫁ついできた可哀想なお姫様なんだと。もう二度と国には帰れないんだと。「つかの間でも喜ばしてあげてえじゃねえか?」
公武合体とは朝廷と幕府が婚儀で同盟を結ぶ政策で、力が弱まった幕府が力を取り戻そうと図った政策である。尊皇攘夷という帝を祭って暴挙にでる攘夷派の連中を黙らせる意味合いもあるが、朝廷をひっぱりこまないと世間を押さえられなくなった幕府、それほどまでに権威が落ちていたという証拠でもあった。

仁は決めた。国に二度と帰れないという和宮、そして行く場のなかった野風に、仁は自分と同じものを感じた。安道名津を献上することにしたのだ。咲は仁の決断にうなずきながらも、その決断には自分の存在は関係ないことに切なさを感じずにはいられなかった・・。
(国とはすなわち故郷のこと、そして野風の先には、現代で恋人だった未来がいる。仁の心はいつも、ここにはない・・)咲は自分の気持ちが仁には届いてないことを痛感していた。
そして、仁はあとで知る。咲が物を売って金を工面してくれていたこと。自分の知らないところで仁友堂のために途方もない苦労をかけていたのだ・・。<こんな、いつ消えてしまうかもしれない男のために!>仁はそんな咲の気持ちに、自分の中途半端な気持ちに、咲にかける言葉をみつけれないでいた・・。

和宮は気さくで可愛らしい姫様だった。仁にも声をかける。「おいしいお薬でありました。」
だが!田之助が劇をしようとするその直前に、腹痛で和宮は倒れてしまうのだ!砒素を盛られたのだ!

奥医師ではない仁は良順に指示をするのみだが、画期的な仁の毒対処法に、良順は確実に仁の指示どうり当たった。
ゴム管チューブを胃の中にまで通し、スポイトで胃の中をポンプで吸い上げるように毒と胃液を外に出す!少しずつ少しずつ毒を出していく・・。和宮は助かった。仁の治療はまだこの時代ではない方法、それが仕組まれた売名行為と判断され、仁と咲は捕縛されてしまったのだ!良順の仁を守る言葉も聞きいれられなかった・・。誰が毒を盛ったのか?毒見はされたはずだったが・・?

あの者達は吟味される。と言われた良順、「そうでしょうな。毒見役のほか、大奥の皆様方も等しく!」良順は睨みつける。この事件の陰謀に、仁は利用されたのだと感じていたのだ。

牢屋にぶち込まれた仁は、賄賂もなく、徹底的に牢屋内で痛めつけれた。ここ牢屋では、ボスに絶対服従の別社会が存在していたのだ。仁は痛めつけられても食ってかかり、さらに痛めつけられた。それは命にかかわる容赦ないもの・・。
<医者は普通あがり牢に入れられる。それが大牢となれば、お上は仁に死んで欲しいと願っているということだ>あがり牢越しに牢屋番に聞かされる咲。いったい何が起きているのか??

医学館の多紀元淡からこの献上の話をなかったことにせよ!と潰す命令を受けてしまっていた福田玄考。その顔は蒼白になっていた。仁友堂では仁と咲の牢屋入りに驚愕し、様子のおかしい玄考が問い詰められている。彼の口から、この陰謀に本道・医学館が絡んでいると察した仁友堂。そして良順も驚愕していた。この事件のお取調べを医学館がすることになったのだ。仁達ははめられたのだ・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

放送時間はファミレスにいた人
2011年04月29日 12:52
あぁ~なるほど。
分かりやすい文章でした。
管理人さん次も期待してます(笑)
ヤスキ
2011年04月29日 20:04
>放送時間はファミレスにいた人さんへ

どうもこんばんわ。ニックネームが具体的で、長いですね~(笑)
ありがとう。そういってもらえると書いた甲斐があります。。

では、また(^^)/



この記事へのトラックバック

  • 「JIN -仁-」第2話

    Excerpt: ここは「JIN -仁-」第2話のミラー用の記事となっています。 レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/20110424.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-04-26 13:46
  • JIN~仁~2 第2話

    Excerpt: 仁(大沢たかお)が、かっけの治療に効果がある菓子として考案した 「安道名津(あんドーナツ)」が江戸で評判となり、皇女・和宮(黒川 智花)への献上話まで持ち上がる。 咲(綾瀬はるか)たちは、安道名.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-04-26 14:40
  • 「JIN-仁-」第2話観ました

    Excerpt: あらすじは公式サイトから抜粋“脚気に効く菓子”として、南方仁(大沢たかお)の考案した安道名津(あんドーナツ)が江戸で評判となったある日のこと。仁は、奥医師でもある西洋医... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2011-04-26 14:50
  • JIN-仁- 完結編

    Excerpt: JIN-仁- 完結編 日曜 21:00 TBS 2011年4月17日~  【キャスト】 南方仁……大沢たかお 橘咲……綾瀬はるか 野風・友永未来……中谷美紀 (特別出演) .. Weblog: ドラマQ racked: 2011-04-26 15:14
  • JIN -仁- 第2話 感想「未来との選択」

    Excerpt: JIN 仁ですが、南方仁(大沢たかお)が考案した脚気の特効薬あんドーナツこと安道名津が殊のほか好評を博し、何と皇女・和宮(黒川智花)に献上するとかの話になります。松本良順からこの話を聞いた仁はびっくり.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-04-26 15:16
  • JIN-仁- 第二期(完結編)第二話

    Excerpt: 「未来との選択」 “脚気に効く菓子”として、南方仁(大沢たかお)の考案した安道奈津(あんドーナツ)が江戸で評判となったある日のこと。仁は、奥医師でもある西洋医学所の松本良順(奥田達士)から、「脚気の.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2011-04-26 16:51
  • 「JIN -仁-」完結編 第2話~江戸の胃洗浄

    Excerpt: 「JIN -仁-」第2話 仁(大沢たかお)が牢獄で殺されそうになって、不器用な優しさと笑顔の咲(綾瀬はるか)の姿が頭をかすめて、死んで現代に戻るよりも生きて江戸にとどまろうと頑張って、そこに何か.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-04-26 17:50
  • JIN-仁- 第二話 未来との選択

    Excerpt: 『未来との選択』 内容 栄(麻生祐未)のために作った“安道名津”が、江戸で評判を呼んでいた。 そんなある日のこと。 仁(大沢たかお)のもとを奥医師の松本良順(奥田達士)が現れる。 ある患者が、脚気の.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2011-04-26 18:08
  • Jin-仁-2  #2

    Excerpt: 大変な災難がふりかかっちゃいましたね(;´_`;) 安道名津(あんドーナツ)が脚気に効くと評判になって、 松本先生から、皇女和宮へ献上してほしいと頼まれてしまう仁先生。 あまりにも歴史上有名.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2011-04-26 18:42
  • 「JIN-仁- 完結編」 第2話 未来との選択

    Excerpt:  щ(゚ロ゚щ) ギャーーーー!!仁先生がぁ!死んじゃうよお!! って、思ったら奇跡が起こったようで、予告編見た感じじゃ助かりそうだね。 うまいこと病気になった男を治して、 ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2011-04-26 20:47
  • 『JIN-仁-完結編』 第2話

    Excerpt: 見とけば良かった『篤姫』o(´^`)o アーンヾ(゚∇゚*)ソコ?見てなかったのに、和宮で思い浮かぶのは堀北真希ちゃんなんですよね~。そのシーンだけは何度かチラ見してたせい?『大奥』での和宮は安達祐実.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2011-04-26 22:33
  • 〔感懐4.24〕いざなわれし義の仁の物語

    Excerpt: DOG DAYS EPISODE4 Weblog: 義風捫虱堂 racked: 2011-04-26 22:33
  • 「JIN -仁-」神に試される医師2和宮に安道名津を献上するも毒で倒れた和宮を救ったものの仁は罪に問われ投獄された

    Excerpt: 「JIN -仁-」第2話は江戸で評判になった安道名津は脚気に効くという事でたちまち広がった。それをかきつけた西洋医学所の松本良順から安道名津を和宮に献上してほしいと頼まれる。 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2011-04-27 01:31