「まっすぐな男VS曲げられない女」まとめ

「まっすぐな男VS曲げられない女」まとめ
画像
http://man.ktv.jp/index.html
http://www.ntv.co.jp/mage/
なぜに同じようなニュアンスのドラマを他局同士でやるんだ(苦笑)ということで、比較してみるとおもしろいかもです。。かぶる内容や展開が結構あります、でも締め方やもっていきかたは違うんですよね。

○一話~三話
■まっすぐな男
佐藤降太は主人公の性格に合ってるというかね(笑)まあ、なかなかスジ通していて、いい奴なんじゃないでしょうかね。深田恭子の母親を勝手に探してしまうのはさすがにお節介だろ!?と見てて思いましたけど・・。
それでヒロインの深田恭子は、主人公と違って性格が滅茶苦茶・・。人に迷惑がかかるとかまったく考えない性悪女です。でも、根っこの部分はそうでもないというか・・。説明不足な部分が誤解を招いているというかね。

そんなふたりがドタバタを繰り広げながら、だんだん惹かれあっていく?そこに貫地谷しほりが絡んできてるから今後恋愛ドラマのノリで盛り上がってきそうで期待。。貫地谷しほりはNHKの龍馬伝にも沙耶役でいい役してますね。
渡部篤朗も出演しているが、まあこの人はどちらかというと物語に絡んでくるというより傍観者というか、確信をたまにつくコメンテーターというポジションか。。まあ、深田恭子には相手にされてないから絡みようがないか(笑)でも昔の縁で頼りにはされてるようだけどね。せっかくだからもう少し活躍してもいいのにね。

回数が進んでこのドラマも見やすくなってきたというか、こなれてきた感じです。しかし・・実はこのドラマ女性陣、綺麗どころが揃っています。。コードブルーもそうかも。


■曲げられない女
菅野美穂がまた変な感じの女性を好演してますね。。とにかく自分に嘘がつけない女なんですね。だからこの人は我儘とか身勝手じゃなくて、まっすぐな人なんです。ほら、まっすぐな男とかぶる・・。まあ、わざと局同士で対決してるんだろうけど(笑)

司法試験はなぜか!?こんなすごい女性でもぜんぜん受からない主人公・・可哀想な設定だが・・。この勉強で得た知識は、もしその職種についてないとしても、世の中渡っていくのに相当役に立ちそうですね。それは特上カバチ見てても思います。。受からないのは頭が固いのが原因なのか・・?。そんな主人公は第一話で先に弁護士になった彼氏を振ってしまいます。プロポーズを断ったんだね・・。司法試験に受かるまではと思いつめているのだ・・。

そんな菅野に、永作博美は言います。<こんないい彼氏のプロポーズを断るなんて!周りを省みない生き方を貫くあなたの生き方は不遜だ>と。それでも菅野は自分の考えは覆さない。そんな菅野の主張に、永作も影響されていくようだ。でもね、実は菅野も、永作の言葉は噛み締めているのだ。

このドラマは意外と考えさせられることをサラッとやっていて興味深いです。谷原章介もキーパーソン的で、チャラチャラしているキャリア警部かと思えば、実はするどく確信をついてくる。第3話の母親を病院から連れ出すシーンはやりすぎだろ??と少し困惑したが、後半の内容の意味深さで挽回するおもしろさを見せた。ドラマとしていい味があるのかもしれません。

しかし・・第3話このふたつのドラマ、両方とも母親ネタが絡んでいたな。作成進行も同じなのか?脚本家同士も張り合っているのか??(苦笑)


○四話
■まっすくな男第4話
深田恭子が悪いですね~(笑)あの性格は悪いですよ。。あそこまで周りのこと考えないで行動できるとは・・ね。かわいいから許されてる感が否めません(苦笑)
もともと、まっすぐな男が滅茶苦茶な女に振り回されながらも惹かれあっていく?というストーリーなんだろうけど・・滅茶苦茶な女すぎませんか??まあ、憎めないのは心根は悪じゃないからなんだけど。。
それでも佐藤降太はやさしく理解を示す。家庭環境の不遇なども考慮にいれてるんだろうけどね・・でも、貫地谷しほりまで理解示しすぎだと思うんですが。恋のライバルなのにね~。原付乗り回されて壊されたブロック塀の請求は、あとでちゃんと返してもらうんだよ(笑)

佐藤に喜んでもらおうと、みんなで鍋パーティーする時にチョコアイスをチョイスして買ってきた貫地谷。だが・・そのアイスは深田恭子に食べられてしまった!!深田は何かを察し謝るが、「アイスくらい別にいいよな?」の佐藤の庇いかたに貫地谷はついにキレた!!当然だ!まさに<人の気も知らないで>だね。。

でも追いかけてきた佐藤に貫地谷は気持ち爆発!私のことより深田ばかり見てると。それを聞いて佐藤の気持ちは貫地谷に向かうか!?そしてそれを目撃した深田の心中や如何に!?まあ、男の目線で見てれば貫地谷しほりにしとけって感じですけどね(笑)
会社でのまっすぐとかどうでもいいから、恋愛路線をメインにして、そこでまっすぐさをだして葛藤して欲しいですね。


■曲げられない女第4話
母親が亡くなって、すべての活力が失せてしまった菅野美穂。司法試験の勉強も、新しい職場探しも、まっすぐな心根も。。しかし・・この主人公、へこんでても変な女です。。
そんな菅野をからかいながらも意外と心配している永作博美と谷原章介。あと、元彼の塚本高史。

永作は、場をおもしろくしようとこの元彼と谷原を呼び出して鉢合わせるが、このふたりは仲がすこぶる悪いのだ!(笑)谷原は、塚本のやさしいけど、どこかこずるい所が気に食わないようで。永作はどちらの男の応援をしながらも、どっちの男が菅野に合っているか観察して楽しんでいるのだ。。まあ、永作や谷原にも色々事情があって、菅野のみたいな人柄に接することで刺激を受けているんです。そんな感じで、3人はだんだん仲がよくなっていくんだよね。

菅野がへこんでいる所に、塚本はもう一度プロポーズをしかけます!結果は・・菅野がちゃんと話を聞いていなかった(笑)塚本は別に悪い奴じゃないから可哀想なんだけど、なんか仕掛け方がたしかにこずるいんだよな、まあ、チャンスをそつなく狙ってるだけなんですけどね。失敗した腹いせに、事務所の女の子を誘ってキスしてしまう塚本。・・・菅野のことはあきらめたのかね??そういうところがねえ(苦笑)
そして。なんやかんやで菅野は復活!自分を取り戻したようです。自分を信じることにしたようです。

そして。今度は谷原が、菅野のことを好きだと酔って告白。永作は夫が浮気していることを夫に問い詰めたが・・!物語は複雑化しますね(笑)
自分を信じて前に進んでいくことが、永作や谷原にもできるのか!?次回の主役は永作博美のようですね。


○五話
■まっすくな男第5話
深田恭子の無茶ぶりに振り回されて、逆に貫地谷しほりと急接近したまっすぐな男・佐藤降太。。深田の存在は貫地谷しほりにとって脅威だった、恋敵として・・。
私より深田を見てる!と思い切って言ったのが功を奏したようで、佐藤と貫地谷は恋人同士!?になったようだ(笑)なんだ!このふたりの初々しい会話の応酬は(笑)小学生か!?(でもこういうの好きかな。。)

が!このドラマのヒロインは貫地谷しほりではなく深田恭子なのだ。深田の無茶ぶりはこの話数でもとどまることを知らない。そんな無茶行動にいちいち過剰に反応してかかわってしまう佐藤。そんな佐藤の行動に不安でしょうがない貫地谷。
このドラマ、恋愛ものっぽくなってきてだいぶおもしろくなってきたな。。ベタだけどね。

貫地谷は深田に、<佐藤ともう会わないで!>とか言ってしまうが、<そんなこと自分でしっかりつかまえときなさいよ>的な返事の深田。まあ・・そうなんですけどね。
が。このあと深田は貫地谷の心意気を見せつけられる!実は深田も佐藤のことをまんざらでもないような感じなのだが、やはり貫地谷しほりにはかなわないと思った節が感じられたぞ。。というか、まっすぐな男という主人公なのに、なぜにこんなふたりの女性の間でフラフラしとるんだこの男は。。

だが。貫地谷しほりはまだまだ不安でしょうがないのだ・・。そして、深田はつわり!??妊娠してるのか??マジすか?誰の子なんですか?


■曲げられない女第5話
今回は永作博美がピックアップ。旦那の浮気、旦那の母親が子供を手放さない、と同時に子供達が自分にはまったくなついていないお婆ちゃん子・・。家での居場所をなくした永作は、菅野美穂のマンションに転がりこむ。今までもそういうことがあったから、菅野をからかって自分の気を紛らわせていたのだ。
勇気を出して旦那に浮気のことを問い詰められたのは、菅野のことを見てきて勇気が沸いたのかもしれない。だが・・旦那は開き直り、その母親は息子を責めるどころかあなたが悪いと言い出す。さすがの永作もこれには打ちのめされたようだ・・。

一方。谷原章介の突然の自分への告白に戸惑う菅野。脈がないので、あれは嘘で酔っぱらって覚えていないとごまかす谷原だったが、どうやらマジらしい。。しかし、菅野は恋愛よりも友達を作りたかったのだ。永作や谷原と本当の友達になりたいと。自分は永作や谷原の支えややさしさで、母親の死から立ち直ることができたのだから。

「子供に嘘は通じないんじゃないの?!あなたの人生に嘘やごまかしはもう必要ありません!」旦那家族に裏切られているのに、それにすがってしまう永作にカツを入れる菅野。今のままで永作が無理やり子供を引き取っても、子供達からの信頼を得られないことも永作に教える。まずは永作が変わらなければならないからだ。

<友達を作りたい>と30過ぎた女が本気で考えている主人公。曲げられない女だからこそ、孤独を生む要因もあったのかもしれない。だが。この主人公はちゃんと本当の友達を作れる行動を自分では知らずにとっているのだ。

そんな菅野の気持ちを察し、恋愛感情を封印して友達一号になる谷原もなかなか。そして・・塚本高史はこの前の事務所の女の子とちゃんと付き合い始めていたようです。ということは、こっちのドラマは恋愛チックには進行する感じではないのかな?
次回は谷原章介が主人公??


○六話
■まっすくな男第6話
今回は急展開しそうで実はまったく動きがなかったかも(苦笑)
まっすぐな男・佐藤隆太の気持ちが自分にあるのか不安な彼女・貫地谷しほりは、それでも佐藤を信じる。そう、信じていいと思うんですよ、この主人公はまっすぐな男なんだから。。(苦笑)

一方。曲がりくねった女・深田恭子は、同居人の役者・佐々木希がオーディションで役を貰えたことに少し焦りを感じていたようだ。自分は、「金ない、腹へった。」が口癖なのだから、そりゃ少しは焦った方がいいかもね。。渡部篤朗は<おまえまでまともになったら世の中おもしろくない>と笑っている。同感です。色々な人がいるから人間はおもしろいと言えるのだからね、この深田だって無茶苦茶な女だけど、スジが通ってる部分もあるし、人生感の鋭さなんかは普通感覚じゃなくて魅力あるし。ところで・・妊娠してるというのはどうなったのか??実は誤認だったらしい。。

焦っていたのか結局、深田は佐藤に就職の世話をしてもらう。そういうことをしている佐藤にやっぱり不安を感じてしまう貫地谷。そして。佐藤にはヘッドハンティングの話が!その話をスムーズに運ぶよう手引きしたのはなんと深田!

だが。迷うものの佐藤はその話を断る。「大きな仕事したかったんじゃないの!?馬鹿じゃないの??」そう言う深田に、<おまえは俺自身が自分で知らなかった部分を見せてくれる。おもしろいな。>みたいな事を言って微笑を返す。はあ!?なんじゃその台詞は??格好つけてんじゃねえ(笑)まあ、移るのも留まるのも人それぞれですからね~。でも、深田はそんな佐藤に少し笑顔を見せた。。

そして。やっぱり本当に妊娠しているような深田。今度こそ、このドラマの核の部分に突入してく感じか!?


■曲げられない女第6話
前回。永作博美は菅野美穂の叱咤激励のおかげで自分を取り戻してきたような感じだ。旦那家族とは決別して、子供もいずれちゃんと取り戻せるべく働く決心もして前に進み始めた。どうやらこの旦那、悪い意味でマザコンだったのだね・・それで浮気してたんだから、この決断はよかったんじゃないのかな。

そんなこんなで仲良し3人のうち谷原章介が今回はピックアップ。キャリアで署長だったわけだから、一見なにも文句ないだろ?的なのだが。それがそういうわけじゃないのが人生なんですよね。。

谷原は父親がやはり警察官僚だった流れもありなんとなく警察になったようだ。だが本当は、自分が臆病で弱虫なのを隠すためにこの居場所を選んでいたのだ・・。本当は谷原の性格にあってないのでは?と菅野も永作も疑問に思っていたのは当たっていたのだ。

あるストーカー事件で所轄は自分達の非を認めない会見をすることになっていた。が!谷原は署長としてちゃんと事件を重く扱っていなかった事実を謝罪する。そして、警察を辞めた。その顔にはもう迷いはない。流され続けてどこかいい加減だった自分、本当の自分と正面から向き合う覚悟というか気持ちが、谷原にも生まれていたのだ。

一方。菅野は塚本高史から、司法書士への転換を進められる。なにも弁護士にこだわる必要はないだろう?と。
たしかに9年も試験に落ち続けているのだ、それをずっと最近までは傍で彼氏として見てきた。これは本当の意味で善意なのだ。だが・・曲げられない女・菅野はやはりこの話を受け入れなかった・・。

菅野も永作も谷原も、状況的にうらやましい感じはまったくしない。だが、3人からは悲壮感はないのだ。多分、やりたいようにやっている清清しさがあるからだろう。肩書き、金銭などにとらわれがちな日本人だが、人の幸福は人の数だけ違うのだ。
この3人に(特に主人公に)それは違うんじゃないの??とアンチテーゼを突きつけてくる役どころの塚本高史がようやくこのドラマでの役割がわかってきて、いい味だしているのかも。

しかし。またしてもかぶったな、このふたつのドラマ。なんと菅野まで妊娠!?一体どうなっているのか。。


○七話
■まっすぐな男第7話
深田恭子は妊娠していた。深田は子供を育てる自信がない、それは自分自身が生まれてきてよかったと思えることがなかったから(泣)・・でも本当は産みたかったのだ。孤独な環境だった深田は、子供ができたことで本当の家族ができたことになるのだから・・。
ここのくだりだけなら、ちょっと切ないけどいい話だなって感じなんだけど・・父親が誰なのかわからんという部分がヤバイんだよ、この女(泣)

それで父親の可能性があるのはふたり。その内のひとり渡部篤朗は事実を知るとなんか目が泳いでいる!!(苦笑)もうひとりはちょっと連絡とかとれない行きずりらしい・・。
本当に好きな男ができるまでひとりでいろよ!と説教するまっすぐな男・佐藤隆太。わかっているけどどうしようもなくひとりじゃさびしい時があるの・・と深田。
彼女・貫地谷しほりがいるんだからこれ以上よせばいいのに、佐藤は父親候補のもうひとりの行方をいっしょに探してあげることに!!この主人公の真っ直ぐさは・・いいかげん、どうもゆがんでねえか(汗)

で。もうひとりの男はいいところのお坊ちゃんだったようだ。自分が責任をとりますという話の流れで円満解決かと思いきや、どうも釈然としない佐藤。なぜ釈然としないのか!??どうも態度に納得がいかなかったようだ。
このお坊ちゃん御曹司は、姉の兄貴との家の跡取り争い?を決める要素として、父親から子供がいるのを前提で検討するという事情があったのだ。なんだそりゃ?まあ、要するに別に深田と子供のことを真剣に考えて結婚するんじゃないということね。
そんなことで結婚とか間違ってる!といきり立つ佐藤。だが、深田は承知の上で結婚を希望したのだ、無茶苦茶な自分ひとりじゃ子供を育てられない・・自分は産みたかったのだ。

まっすぐな男・佐藤は深田の手を引っ張りそこから退散する。一体これ以上どうするつもりなのか!??(泣)どんだけおせっかいを焼けば気がすむのか?ここまでデリケートな問題に、彼女を袖にし心配させまくって介入し続ける佐藤。
もはやまっすぐな男ではない・・ただのおせっかいな男。つけは次回払えよ(笑)


■曲げられない女第7話
最大のターニングポイントを迎えた菅野美穂、というよりこのドラマ。真骨頂でしたね、この回は。
妊娠していた事実に自分自身も驚く菅野。やはり父親はつい最近まで彼氏だった塚本高史との間の子だった。ずっと司法試験に命を懸けている菅野にとって、この事態は考えねばならない重大問題・・。両立することは不可能に近い。経済的にも貯蓄していたわけでもなく、妊娠した状態で勉強を続けることは容易なことではない。友達・谷原章介と永作博美も、真剣に考えてあげるのだが・・。

ここで、意見は紛糾する。谷原あれから警察官僚だった父親から勘当されプラプラするしかない状態。自分がそのあとの道が定まらないこともあって、菅野が自分のやりたい志を貫くことに賛同したい考えを尊重する谷原。
永作は母親として、子供を産むことを尊重する考えをみせる。実は彼女、お腹に新しい赤ちゃんを宿していて途方に暮れていたのだ。この間、旦那とその母親に別れの啖呵をきったばかり・・。子供を取り戻すべくパートで働いていた矢先、このことで辞めざるえない状況に・・。永作には子供を産む選択肢は絶対なのだ。

菅野は悩んで悩んで・・子供はあきらめる決断をする。だが、やはり永作は納得はいかなかったのだ。父親たる塚本高史に、このことを伝えた。そして。塚本は菅野に、三度プロポーズをしてくれるのだった。。今の彼女と結婚すると言ってなかったか?(苦笑)
だが・・やはり菅野は受け入れない。どんだけじゃい!よく9年間も付き合ってな(苦笑)「いいかげんにしろよ!父親は俺だぞ!おまえの夢なんて、たかがしれてるだろ!」さすがにキレる塚本。たしかにそうなのだ・・9年間も塚本は結婚を我慢して菅野が司法試験をパスすることを待っていた。そして別れ・・しかも今回は子供もあきらめるというのか!??と思ってしまうのもしょうがない。ちょっと悲しいですね、元彼女の姿としてこれは・・。

だが。このことで菅野は司法試験と子供、両方あきらめない決断をすることになる。これで円満解決かと思われるが、そんな単純ではないのだ・・。
永作は子供を産むという事実を軽くみている菅野に腹をたてずにいられない。どうして両立できるなんて思えるのか!?「やはりあなたは不遜よ!」

永作はわかっていても、今の菅野の強さには耐えられなかったのだ・・。自分はこれから結局、旦那とその母親のところに戻るしか道はなかったのだから。
谷原は菅野と永作が喧嘩別れしたことがきっかけで、自分も姿を消すことにする。争いが嫌いなのだ・・そして、好きな女が他人の子供を産むのを見ていたくなかった・・。

菅野はひとりぼっちになった。<一生懸命になっている自分に酔っているだけ。そんな生き方、いつまでも通用しないと思うな俺は>塚本の言葉が突き刺さる。
曲げられない女ゆえの孤独が、強さが、本人をどう導いていくのか?非常に気になります。そして谷原と永作の今後もね。。


○八話
■まっすぐな男第8話
こんなの間違ってる!とまっすぐな男・佐藤隆太は曲がりくねった女・深田恭子にお説教。「好きでもないのにかまわないでよ!」一体、どこまでお節介がすぎるのかと思っていたら・・自分がその子供の父親になると!!よーするに、自分は深田が好きだ!と!・・・どこらへんが好きなのかレポート10枚で提出してください(泣)

一方。というより、佐藤は深田に気持ちを伝える前に彼女・貫地谷しほりを呼び出していた。貫地谷はなんとなく佐藤の気持ちを察していたのか、お店も屋台のおでん屋を選んだり、佐藤に会話させないようにしゃべりまくる。だが・・俺、深田が好きだ。みたいな(泣)
深田は自分の別の一面を垣間見せてくれる人間で、喧嘩ばかりしていたけど知らない間に好きになってたと説明。まさに・・なんだそりゃ!??状態だ。深田が滅茶苦茶な女すぎて、振り回されていただけだろ??と問いかけたい。ようするに自分はまっすぐな男だと思っていたが、ぜんぜんまっすぐじゃなくて、<ただのお節介な男>と垣間見せてくれたということか。。

涙をただ流す貫地谷・・。はっきりいってすごく感じのいい彼女だったと思うんですけど。まったく落ち度はないです。かわいそうです(泣)
後日。深田に「ふたりは違いすぎるよ・・本当にうまくいくのかな?」と捨て台詞。もっと言ってやればいいのに。。

この回でも深田は、佐藤を振り回していた。仕事の休憩中にもかかわらず「私は海が見たい!」と言いだし、どーして本当に連れていっちゃうの??と思っていたら、寒いから帰ると(泣)まあ、告白をうけた時はうれしそうでいい表情なんですけどね・・。
たしかに深田は滅茶苦茶だから悪い部分はたくさんあるんだけど、貫地谷の周りの人達からは泥棒猫扱い受けたりしてちょっとかわいそう。実際は佐藤の勝手な暴走なわけだからね・・。

この回のきわめつけ。深田は未来の展望に早くも赤ちゃんグッズを買ったりしている佐藤の所へ、渡部篤朗といっしょに登場。(わたしは渡部といっしょになる、元々赤ちゃんの父親の可能性がある人だし。)と説明!
感じわるい!!これは深田がこれ以上佐藤を振り回しちゃいけないという、むしろ気遣いなのだが・・全然気遣いになってないし、ただの感じわるい無茶苦茶な女としか写らないんだよ(号泣)

「あいつといっしょになればいいじゃないか?好きじゃなきゃ、あんな芝居しようなんて思わない。あいつもおまえのことが好きだ。」渡部がやさしく深田に言う。佐藤にも、「身を引くなんてしおらしいこと、全然似合ってないけど、あいつなりに考えたんだよ。」とちゃんとあとで説明してくれた。

これでハッピーエンドかと思いきや、深田は姿を消してしまった・・。おいおい(汗)


■曲げられない女第8話
<自分の力を信じて子供を産む。弁護士もあきらめない>菅野美穂は強い女だ。落ちても落ちても弁護士を目指し、もっと楽な道はあるのにそちらを選ばない。友達のことをちゃんと考えるやさしさもあるが、だからといって甘えることはしない。
だが・・その強さや頑なさが、孤独を招く原因を呼ぶことにもなる・・。せっかくできた本当の友人ふたりを、いっぺんに失ったのだ。

友人ふたりを失い、それでも勉強と仕事に打ち込む菅野。だが、妊娠しているためか、体はいつものようにはいかなかった、疲れを訴えている。しかも、いざ入院ということになれば、かなりの費用がかかることも知る。実は菅野、あまり金には縁がないようで余裕は一切なかったのだ。今勤めている弁護士事務所の給料じゃあ、なんとか生活するのでやっと・・以前いた大手の弁護士事務所は、扱う弁護内容に納得がいかず辞めてしまったのだ。。

疲れ、貧困で、目が回り始める菅野。ついに!ダウンしてしまった。そんな時に現れるのが元彼・塚本高史。。塚本は、菅野が考えを改めてくれればよりを戻すと宣言。しかし・・よくもまあこの男も食い下がりますな(苦笑)やっぱり相当好きなんだろうね。。
お腹の子供の父親は自分だし、自分といっしょになればお金の心配だってしなくてすむだろ?とやさしく言う塚本。だから・・今の彼女とはどうすんの??ウェディングドレス選んでなかった??(苦笑)

そこへ。ダウンした時に助けてくれたおばさんが部屋のドアをノックする。どうやら息子が大学を辞めてしまって自棄になり暴れているらしい・・。助けを求めてきたのだ。フラフラになりながらも暴れてる現場にいく菅野。そこでなにをやってもうまくいかず退学になり孤独を叫び散らす青年にカツを入れるのだ。。

自分だってずっと勉強してるけど弁護士になれなくて、両親ももういないし、友達だって最近失って・・でもあなたには本当に心配してくれる母親がいるでしょ!?なんにもなれなくて、友達も失って自分は一体何してるのかって思うけど、「きっと私達に生きる意味なんて必要ありません。私達に必要なのは、生きる意志です!」

塚本は青年を説教する菅野をずっと見ていた。そして気づく。やっぱり菅野が今必要としているのは自分でなく、あのふたりなんだと・・。
塚本は去り、同時に谷原章介と永作博美のふたりが菅野の元へと帰ってきた。。ふたりは菅野がちゃんと自分達のことを想っているのをわかっていたんだね。そして、菅野もふたりに言うのだ「助けて・・。」と。
自分達にはない、菅野の強さに惹かれた谷原と永作。だが、その菅野の(助けて)という言葉でますます友情度がアップしたようだ。。よかったね、人はやっぱりひとりじゃ生きてはいけないよ。

次回。どうなるんでしょうか??なんか塚本が結婚式を逃げ出してきて終わったけど(苦笑)


○九話
■まっすぐな男第9話
姿をくらましてしまった深田恭子。ひたすらになって探す佐藤隆太。だが、そう簡単に見つかるわけがない。でも見つかってくれないと話は進まない(笑)ティッシュ配りをしていた深田を偶然見かけたのは佐藤の元カノ・貫地谷しほり。それで、貫地谷は電話で見かけた場所を佐藤に教えてあげるのだ(泣)健気だ。居場所を教えてあげることで、佐藤への気持ちの踏ん切りがつくと言っていたが・・やさしいんだろうな。

そんな貫地谷に求愛する、佐藤の職場同僚兼親友・田中圭。彼は佐藤のことが好きな貫地谷の気持ちをいち早く察知し、自分は身を引いてふたりがくっつくよう尽力。ふたりが付き合うようになってからも応援していた。だから、別れた時はものすごい取り乱しようでキレていた(笑)こいつのほうが実はまっすぐな男なんでは??と思うほどに佐藤をぶん殴ってキレていた。。そして、職場でも険悪だった(笑)
「それは・・時間がいるよ・・。」「・・待ってていいか?いや、待ってる。」貫地谷の返事に待ってる宣言の田中。いつまで待つのか??10年とか?(苦笑)

一方。ようやく見つけた深田に「俺が幸せにしてやる!」と上から目線な佐藤。「私達、愛称悪いよ?」と深田は言うが、愛称だけはよかっただろ?と思ってしまった。。めでたくふたりはいっしょに歩む道を進めていくが、ここで突然!佐藤の母親が登場。しかも。母子手帳を偶然見つけて喜ぶ母親。だが・・佐藤は本当のことを言おうとするが、深田は止める。<このままじゃだめかな?>深田は喜ぶ母親の姿が焼きついて真実を知って悲しむのを見たくなかったのだ・・。子供は佐藤との間の子じゃない・・。

お腹の子供はふたりの子供ではないと正直に言うかorこのまま黙っているかの究極の選択!
佐藤は正直に真実を話した。ちょっと勇気がいることだと思うんだけど、あとあとのことちゃんと考えればこの選択は正しかったと思うんです。子供のこともちゃんと考えてあげてることになるわけだし。ひさびさにまっすぐな男だったと思ってしまったよ。まあ、(どういうことなの!?)的に発狂しないで、ちゃんと受け入れてくれたこの母親はいい人だったね。

料理中に鍋を焦がして社宅中を警報で騒がしていた深田。佐藤の会社の大規模プロジェクトプレゼンが今まさに始まろうとしていたその矢先、佐藤の携帯に電話が!
<深田が急に倒れた!母体にも関わる!>妹からの電話ですぐに来て状態!どうするんだ??やはりトラブルメーカーなのは変わらないようです(苦笑)

■曲げられない女第9話
再び友情を取り戻した3人。菅野美穂はお腹の赤ちゃんと共に司法試験に臨み、あとは口述試験のみという合格まであと一歩まで近づいた。えらい、すごい!
しかも、前回説教した青年は、父親が命と引き換えに助けた赤ん坊が成長した姿だったのだ。青年は、あなたみたいな弁護士になりたい(正確にはまだなってないのだけど。。)と更正した姿を見せて菅野を喜ばせた。

谷原章介は、人を喜ばせるのが好きな温厚な性格から料理人の道?を進み始めていた。元々料理は大得意だったわけだからこれは天職か。。菅野も料理の道がいいと指摘していたしね。厨房では、元警察官僚だったのかよ!?と笑いが起きていた。。

永作博美は再び旦那と離婚する道を選んでいたのだ。だが、そんな折、旦那の母親が倒れてしまう。時期を逸脱してしまったと思われたが・・母親の面倒を見ていた永作はすでに離婚届を出していたのだ。。離婚していた状態を隠して、ちゃんと面倒を見ていたことになる。あれだけ永作に冷たい態度をとっていた旦那母親にね(感嘆)
名義上は赤の他人になっていた永作。だけど、逆にそれでやさしくなれたのかもしれない。元旦那の母親は、永作の意外なやさしさと寛大さに涙する。
永作は、今お腹にいる赤ちゃんを産んだら介護福祉士を目指すと決めたようだ。「金持ちの奥様だったあんたが介護ヘルパーねえ。」谷原もうれしそうに笑った。

だが。今回の主役はこの3人ではないのだ。塚本高史!彼は婚約していた彼女とついに結婚。だが・・結婚式を抜け出してきてしまった。そして菅野の前に現れる。一体どういうつもりなのか??それは、菅野にまだ未練タラッタラでいざ結婚式になったらビビッたと(笑)
帰りなさいと説教される塚本。今ならまだ間に合う・・だが、こうなったのも菅野が何度もプロポーズを断るからだとか俺の9年返せだとか冗談ぽく言うのはギャクで言ってるのか本気なのかわからん。。結局彼は結婚を破談にさせ、弁護士事務所すべての人間に迷惑をかけ信用を失い事務所を辞めた・・。同時に今までの顧客はすべてなくしてしまったことになる・・。
自暴自棄になる塚本にカツを入れる菅野。自分は塚本との9年間は宝物だったと。だが、塚本もどこかでわかっていたのだ。弁護士になってからの自分が、いつのまにか何か見失っていたこと。外見ばかりにこだわって何のために弁護士になったのか忘れていた・・。菅野はそれを見抜いていたから自分と別れを切り出したんだと。
ゼロになってようやく、塚本も我に返ったようだ。自分はまた菅野の背中を追いかけるよ!と。

すべてのことが悶着しながらも一応の解決をみていた。少なくても、あとは菅野の司法試験のみ。だが!口述試験当日・・お腹の赤ちゃんが!?


○最終回
■まっすぐな男最終回
深田恭子が倒れてしまった。その連絡が妹から入り、大事なコンペを仲間に頼んで真っ先に駆けつける佐藤隆太。たしかに・・深田に対してだけは真っ直ぐだったな、この男(苦笑)深田の具合は持ち直し、佐藤は会社に戻る。そこには仲間の冷たい視線が待っていた。。

だが。それは演技で、田中圭が代理でプレゼンを成功させていのだ。二社に残って最終プレゼンが後日行われる。だが・・社長はこのプレゼンを必ず成功させるために裏金を使うことを考えていたのだ。
佐藤は社長に直接進言する。理想を失ったら終わりだと。だが・・社長の気持ちは変わらない。しかも裏金の受け渡しを佐藤自ら行うようにと言われてしまうのだ。

悶々と悩む佐藤。そんな中、深田のムチャぶり&貧血で、常に振り回され続ける佐藤だったが、<生まれてくる子供はあんたに似るといいな>という深田。それを聞いて男泣きに泣く佐藤。それで佐藤は受け渡し当日提案するのだ。その裏金の使い道を。

凍結していたアルジニアの学校建設にその一億を投資する提案をする佐藤。そこで育った子供達が自分達の会社を憶えていてくれる、こんな有益な投資があるでしょうか?それを聞き、社長も何かを感じたようだ。正攻法で!プレゼンに望む佐藤達。
そして。結果は敗北した・・。だが、プレゼンの前から結果はわかっていたのだ、相手の会社は3億の裏金を使っていたのだから。佐藤達の会社がもし裏金使っていても駄目だったということだね・・。まあ、正攻法でよかったです、やっぱりこういうのはさ。。

そして、自分がアルジニアの学校建設に派遣される道を選ぶ佐藤。この夢は深田とその子供がくれた夢、深田も、「あなたが私に夢をくれた。」といっしょに行くことにするわけね。。
そんなふたりの見届け人になる渡部篤朗はなんだか一気にいい人だ。田中圭も最後まで自分を貫き通した佐藤にエールを送りふたりを送りだす。貫地谷しほりとくっつくのかはわからないけどね(苦笑)

まあ最終回は話がまとまっていたような。。全話通して主人公のまっすぐというよりただのお節介ぶりにおいおい・・と見ていたし、深田のムチャぶりにおいおい・・と見ていたドラマだったけど、貫地谷しほりと渡部篤朗の脇が固くておもしろくしていたかな。ただ、ふたりは最終回では完全に外野だったのが残念。一見いないようで実は、深田恭子の役柄的なムチャぶり女性は結構いそうな感じがする(苦笑)


■曲げられない女最終回
すごい最終回でしたね、菅野美穂のうまさというかすごさが、ひさびさに発揮できていたドラマ。脚本というか会話の応酬もすごくおもしろかった。永作博美と谷原章介、塚本高史も株が勝手にあがっちゃった好ドラマでしたね。。

口述試験当日。試験会場で突然産気づく菅野美穂。あまりの衝撃に腹をさすりながらお腹の赤ちゃんにしゃべり続ける菅野。(もう少し待って。自分は自分の曲げられない性分を通すために絶対に弁護士になりたいの!悪い人には悪いと言いたいし、困ってる人をほっておくことはできない!弁護士という肩書きがないとそれを貫き通すことはできないの!)その声が届いたのか産気は一時収まる。菅野は試験を受けられたのだ。

谷原章介は婚姻届をもらってきていた。自分の名前を書き、それを菅野に渡すつもり。試験に落ちても受かっても、自分が菅野の夫になり生まれてくる子供の父親になると決心していたのだ。そして・・試験の結果は落ちていた。

今度落ちればすべてをあきらめて捨てて、新しい人生をこの子と生きる。灯とつけた女の子の赤ちゃんを抱き、そう言う菅野。その考えは間違ってないし、普通なのかもしれない。だが、谷原は菅野の目の前で婚姻届を破り捨てた!そして産気づいた永作も菅野に気持ちのたけをぶつけた。

あなたの影響で色んな人が変わった。谷原も警察官僚をやめて料理人の道に入ったけど、それが本当に彼にとって幸せだったのか?私だってあのまま旦那家族といっしょにいたほうが幸せだったのかもしれないし。塚本だって結局事務所を辞めてしまって菅野とも結ばれたわけでもない。菅野の父親が救ったあの赤ん坊だったあの青年だって、弁護士の道に進むと菅野の影響受けてたけど、それが幸せなのかなんて誰にもわからない。そんなに色んな人達に、勝手に影響与えておいて、自分はいままでのことをスパッと辞める??それこそ「あんたやっぱり不遜だわ!」

「だってしょうがないじゃない!!」菅野の最終回シャッター開きは、長かったし気迫がすごかった。。<自分はお節介でもなんでも、周りの人達をほっておけないし幸せになってもらいたい、偉ぶっている奴には心底むかつくし悪い奴には悪いって言いたい!それが自分なんだからしょうがないじゃないのよ!>永作に言った菅野の言葉で永作も笑う。菅野らしさを取り戻して欲しいがために永作は嘘で不遜と言ったのだ。。

谷原もそんな菅野を好きだった。その性格は今や貴重、自分はそんなに強くないから菅野にはその心を失って欲しくなかった。そして・・菅野は我に返ったのだ。

数年後・・。灯がもう母親の日記を内緒で読んでしまうくらい成長して菅野に弁護士バッチを渡している。父親である塚本ともたまに会っているようだ。母と娘、この家族はなんだかでとても幸せそう。
そして。ある老人介護施設にはコックに谷原の姿が。。そしてそこの介護士のひとりには永作の姿もあり、どうやら谷原と永作は夫婦になっているようだね(笑)

なんというかラストの展開の見せかたもうまかったなあと。。色々修羅場を乗り切ってそれぞれがすがすがしく生きているようで心地よかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • コードブルー2動画「コードブルー2nd動画」

    Excerpt: コードブルー2 月9ドラマ~ ジャニーズジュニアNEWS山下智久主演ドラマ#%E:675%# コードブルー2視聴率:18.8% 【コードブルー2あらすじ】 2009年12月2.. Weblog: 無料ドラマ動画[Youtube無料動画] racked: 2010-04-01 16:25
  • 月刊 永作博美

    Excerpt: この情報には、個人的に興味あり。。。。。ですね。よーく わかりました。うん、うん。「まっすぐな男VS曲げられない女」まとめ に、永作博美は言います。<こんないい彼氏のプロポーズを断るなんて!周り.. Weblog: りんりん racked: 2010-04-27 05:49
  • プラダ 財布

    Excerpt: 「まっすぐな男VS曲げられない女」まとめ NelsonTouchBlog/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-10 07:11