外事警察第2回感想

外事警察第2回感想。前回、捕まえた外交官・ラモンバルガス。この男を自分のスパイにしようと説得脅しをかける公安外事4課主任・住本健治。住友じゃないね・・。そして、ラモンの協力をこぎつけた住本だったが、すぐにラモンは殺害されてしまった。唯一の手がかりをこうも簡単になくしてしまうことに歯ぎしりするも、逆にテロが本物であると確信する。CIAが示唆するフィッシュの存在はやはり本物のようだ。
ラモン経由の裏金が、一見ただの雑貨屋だが実は地下銀行になっている場所にたどり着く。そして外国人バーの存在も。そこの店主・ジュリオを監視する外事4課。このジュリオが好意をよせている理容師・下村愛子もマークすることになるのだが・・。その愛子は昔、松沢陽菜(尾野真千子)が交通課にいた時に面倒みた人間だった。
地下銀行の探りは、住本の玉(協力者)であるニケに当たらせる。ニケは住本に色々世話をしてもらい、信頼をよせているが、住本の手駒として動くことになるのだ。だが、ふたりの間には説明のしようがない信頼関係があるという・・。
愛子が昔、交通事故を起こした時に面倒を見たことがある陽菜。そう、実は外国人バーの所在をつきとめるために、愛子の存在は欠かせない要素になる。陽菜は愛子を玉にするためのきっかけになるために外事4課に呼ばれたのだ・・。外国人バーはすでにマークの対象で、その足がかりを掴むために陽菜は呼ばれた、愛子を協力者にするために。すべては住本の計算だったのだ・・。
偶然を装い愛子に近づく陽菜。良心の呵責に苦しむが、だんだんそれもなくなっていくのか?いつしか仲がよくなっていくふたり。そして!住本と供に、愛子に本当のことを告げた。
自分をスパイにするために近づいてきたことに憤る愛子。とても協力者になってもらえそうもない。だが、ここで住本は愛子の心を抉る。昔、交通事故を起こした原因は旦那の運転ミスではなく、旦那が愛子の電話を出ようとしたために起きたのでは?と。その電話の相手は愛子の火遊びの相手。旦那はそのせいで今も植物状態・・。住本はあえて愛子の闇の部分を抉り出して、協力者にしたてようとするのだ。陽菜はそんな住本にますます反発していく・・。
いや・・暗い。本当に暗いドラマだね。。テロを摘発するために自分達もある意味一線越えちゃってるからね・・。仲間の警察からも住本は目をつけられ始めているし。どうなっていくんでしょう??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「外事警察」第2回

    Excerpt: 外事警察第2回「協力者」テロにつながる外交官が薬殺されてしまう。住本は地下銀行の出入りから<フィッシュ>らしき外国人を発見するも失尾。陽菜は外国人バーの監視を機に、店主のジュリオが好意を寄せる理容師、.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-11-22 06:18
  • 外事警察第2話

    Excerpt: 「外事警察」(第2話)を観ました。出演:渡部篤郎,石田ゆり子,尾野真千子,石橋凌,余貴美子,遠藤憲一,片岡礼子,奥貫薫,平岳大,北見敏之,滝藤賢一,渋川清彦,山本浩司,斎藤歩,堀部圭亮,遊井亮子,二階.. Weblog: paseri部屋 racked: 2009-11-22 07:26
  • NHK土曜ドラマ 外事警察 第2話 協力者

    Excerpt: 『協力者』内容外事4課の住本(渡部篤郎)は、テロリスト“FISH”と繋がりのある外交官ラモン・バルガス(エディ・サイトウ)を協力者に勧誘する。やがて、、協力に応じる連絡をいれるラモンであったが、始末さ.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-11-22 07:43
  • 「外事警察」 第2回 協力者

    Excerpt:  う~む・・・おもしろい。 下村愛子(石田ゆり子)を協力者にしたてあげていく過程を描きながら、 松沢陽菜(尾野真千子)という捜査員の人間としての心の葛藤と変化を魅せている。 そして、「オモテ」と.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-11-22 17:48
  • 外事警察・第2話「協力者」

    Excerpt: ラモン・バラガスを協力者にした住本(渡部篤郎)。 ラモンは「 Weblog: 山吹色きなこ庵・きままにコラム racked: 2009-11-23 22:15
  • 外事警察 #1

    Excerpt: 第2話「協力者」 テロにつながる外交官が薬殺されてしまう。住本(渡部篤郎)は地下 Weblog: 昼寝の時間 racked: 2009-11-24 10:15