銭ゲバ最終回

「銭ゲバ」最終回
「わかったよ~。わかったって。俺はもう死ぬよ。それが望みだろ?消えてやるさ。でもな、俺は間違っていたとは思わない、これっぽっちも思わない・・。この狂った世界で生きてる奴はみんな銭ゲバだ、それでよきゃ、どうぞお幸せに・・。」風太郎は自重気味に不気味な笑みを浮かべ、自分で巻きつけたダイナマイトの導火線に火をつけた。長い導火線に点いた火花が、少しずつ少しずつ風太郎にせまってくる。場所は海岸沿いのボロ倉庫小屋。まだ小学生だった自分と母親がよくいっしょに非難していた場所、父親・健蔵の暴力から逃げてきた時、一時的によく使っていたのだ。そこは母親との思い出の場所でもある。だが同時にそこは、自分が銭ゲバになると誓った場所でもあったのだ。柱に釘で書き込んだ字がまだ残っている。<金持ちになって絶対幸せになってやるズラ>まだ子供と呼ばれる時期にこう決心するしかなかった風太郎。そして彼は事実、金持ちになった、超がつくほどの。数え切れない重大な罪と引き換えにしてだが・・。
(幸せ)。自分で柱に刻んだ幸せという字を睨みつけている風太郎。その顔は鬼の形相だ。その間にも火花は自分に迫ってくる。幸せという文字を睨みつけながら、風太郎は夢を見ていたのかもしれない・・。
((まだ小学生の自分が、母親におこずかいの使い方を注意されている。おこずかいは好きなものを買うためだけじゃない、限られた金額をうまく使うためには、時に我慢することも大切なのよ。母親がやさしく教えてくれる。そして、健蔵がキャッチボールをしてくれた。父親の顔は穏やかでやさしい。母親の病も手術で直り、健蔵と笑い合う自分。健蔵と母親は満面の笑顔を浮かべていた。))
((ある日財布を拾う。となりに住んでいたヒロシ兄ちゃんに相談。そこへふたりの警官が歩いてきた。警官に財布を届ける。その警官は荻野とその相棒だった。えらいな!と自分を褒めてくれる荻野。ヒロシは荻野警官と兄弟だったようだ。ヒロシも自分に笑顔を向けてくれた。))
((大学合格発表の日。ひとりの女性と知り合う。受験番号札をお互い落としたのがきっかけだった。その女性・茜と付き合い始める自分。とても楽しい。しかも茜の姉・緑はとても美人だった。ちょっと緑に引かれる自分に茜はヤキモチ。でも、茜がやっぱり一番なのだ。。なんか自分と似ていると言っている変わり者の友達ができた。その男は彼女がいない。てっきり自分にもいないと思っていたのだが、自分には茜がいるのだ。それを知りくやしがる友達。。そんなたわいのない日常が楽しくてしかたない。その友達と夜中工事のバイト。そこで知り合ったおじさん・寺田。話が好きでいつものようにふたりに話かけてくる。どうやら理屈っぽい寺田の正体は劇団員だったようだ。またチケット買わされそうで逃げる自分と友達。。))
(幸せ)という字を睨みつけていた風太郎の目に、不安の色が見えはじめていた・・。火花が自分に到達するには少しまだ時間があるが・・。
((茜の父親・譲次との初体面。緊張している自分がいる。だが、譲次もすごく緊張しているようだ。そこへ寝起きの緑が現れる。この人はざっくばらんな性格なのだな。。譲次は照れくさそうな顔をして下を向いていた。なんだかこの家族の人達ととても仲良くなれそうだ。))
((緑にはシラカワという時計好きな彼氏?がいるようだが、緑は頼りないと思ってる。。ボーナスも給料も全部つぎ込んで一ヶ月カップラーメンで過ごして50万だして買った時計を大事そうに自分にみせるシラカワ。でもとてもいい奴そう、今度いっしょに飲もうと自分を誘ってくれたのだ。))
((よく行くお店がある。そこのシェフと友達の自分。メニューにはないんだけど、自分の故郷を知っているから故郷のおふくろの味、ベラ定食を作ってくれる。うまい!ここのお店の家族で由香というかわいい女子高生がいるんだ、それと自分の顔とうりふたつの男も。。ともかく、いい人達。))
((社会人になり、健蔵とふたりで飲む。今日は自分がおごると健蔵に言っていた。感慨深げになる健蔵、とてもうれしそうだ。社会にでると一番は金だと思うことがあるかも知れない、でも心だと言う健蔵。そんなくさい父親の言葉をなんの抵抗もなく聞いている自分。ともかく、乾杯!))
火花の音がだんだん近づいてきた・・。だがこの脂汗はなんだ?死ぬことへの恐怖ではないはずだ!?何か別の焦りが風太郎にはでてきてしまっていた・・。
((茜との結婚式。母親も健蔵も喜んでくれている。茜はとても綺麗。緑は妹に先を越されてちょっとくやしそうな顔をしている。そんな緑と同じ会社に入った自分。まだまだ一人前じゃないからたまに飲み屋で愚痴を緑に聞いてもらったりしてるのだ。。そこの飲み屋の女の子、ハルちゃんも可愛いんだけど・・。))
歯を食いしばり、くやしそうな顔をする風太郎。あんなに長かった導火線もいつの間にかだいぶ短くなってきていた。バチバチッ!と音と煙が自分に向いてきている・・。
((茜が赤ちゃんを産んだ。そう、自分は父親になったのだ。朝、振り返ると茜が赤ん坊を抱いて、「いってらっしゃい。」と自分に笑顔を向けた。その時、自分はしみじみ感じていたのだ・・幸せだと・・。))
「うあああ~!!!」小屋の中を逃げるように転がり回る風太郎!「あああ!開けろ!!開けろぉ!!緑ぃ~開けろ~。」だが外で自分を見届けているはずの緑の反応はない。手は後ろ手に自分で縛ったままでとてもとれない。もう火花は自分の体に到達しようとしていた!思わず唾で火花を消そうと何度も吐く。だが、もう風太郎の体に火花は到達していた・・。目を向く風太郎!!
離れた場所でその小屋が爆発するのを緑は見届けた・・。その目には涙が伝う。伊豆屋には2000万入った宅配便が送られてきた。主人は何を思っただろう、由香も・・。だが、<ベラ定食ごちそうさまでした。おいしかったです>の手紙に胸を打たれる伊豆屋の人達。真一が怠けながらも店を手伝うその伊豆屋には、その手紙が額に飾ってあった・・。そして妻の手術が成功し、微笑む荻野・・。
「初めてだな、おまえと飲むのは・・。」悲しい顔をして誰も居ない向かいの席に乾杯する健蔵。健蔵は新聞で風太郎の自殺を知ったのだ・・。その顔は悲しさでいっぱいだった・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 銭ゲバ 第9話(最終回)風太郎の幸せ

    Excerpt: 『幸せはどこにあるズラ?』内容死を決意した風太郎(松山ケンイチ)。ダイナマイトを体に巻き付け、そして導火線に火をつけた。風太郎が入っていった小屋を見つめる緑(ミムラ)最期の時が迫る中。自分が刻んだ文字.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-03-15 18:22
  • 銭ゲバ 第9話 最終話

    Excerpt: 死を決意し、ダイナマイトの導火線に火をつけた風太郎(松山ケンイチ)。 なぜ彼は、自らの命を消そうとしているのか? チリチリと燃えていく導火線の炎を見ながら、風太郎はある夢を描きはじめる――。 銭.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2009-03-15 20:42
  • 銭ゲバ 最終話:幸せはどこにあるズラ?

    Excerpt: う・・・・・・・・。゚(つÅ`●)っ【糸冬】 何だか、言葉にならないというか、出来ないというか・・・ 風太郎は死ぬのか?反省はするのか? と、最終回がどんな展開を見せるのか全く想像つかなかったけど、.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-03-15 20:54
  • 《銭ゲバ》★09

    Excerpt: 「死ぬの?」 「はい」 「罪の重さに辛くなった?捕まって、死刑になるより、 自分で死ぬほうがいい」 <さようなら、おとうさん・・・> 「どのみち破滅するから」 「僕が間違ってなかったってわかったから.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-03-15 21:51
  • 銭ゲバ 最終回

    Excerpt: またひとつ、新たな松山ケンイチ伝説が加わりましたね。まさか、ダークと悲惨の最果てに、こんな最終回が準備されてるのは思ってませんでした。 ダイナマイトを身体に巻き付け、もはや逃れられようがない死へ.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-03-16 08:47
  • 銭ゲバ

    Excerpt: 最終回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-03-16 10:10
  • 「銭ゲバ」 最終回

    Excerpt:  さて、ダイナマイトを積んで緑(ミムラ)と最期の旅に出た風太郎(松山ケンイチ)は、あの小屋の前にやって来た。 「緑さん、絶対途中で止めないでくださいよ」 「止めないわよ」 「ありがとう・・・」 .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-03-16 12:46
  • 「銭ゲバ」第9話(最終話)

    Excerpt: 「幸せはどこにあるズラ?」  答えなんて見つからない 「終」の文字が出てきてエンディングが終わってもなんだか虚無感が残ってて、ぐる... Weblog: *うわのそらブログ* racked: 2009-03-16 18:11