無理な恋愛#7

「無理な恋愛」#7
せつない出来事が続き、がっくりきている立木。だが、かえでが待っていてくれた!もう会えないって思っていたから、立木はうれしくて涙ぐんでしまう。そしてふたりは食事することになった。
かえでは立木が自分のことを想ってくれてるなんて知らなかったから、いままでひどい事言ったりして・・。と言う。立木はこちらこそ不愉快な思いさせちゃったんじゃないか?とかえでに謝るが、そんなことない。とかえでは言ってくれるのだ。「正直驚きました・・。その・・男性として意識してなかったからとまどっているのはたしかです。でも、立木さんをひとりの人間として、とっても好きだなって。だからこれっきりなんてさびしいなって・・。」立木にしてみればとてもうれしい言葉。ちゃんと話ししてみれば、お互い気まずいことなんてなにもない。律子や祥子、文平、はたまたライバルであるはずの龍彦まで、純粋に立木を理解してくれてる周りの気持ちもうれしい所ではある。ま、本来はこういうものなんだろうけど、そういう気持ちのいい人間ばかりではないからね。
ふたりは笑顔でおやすみなさいと別れるが、歩いていくかえでの後ろ姿を立木は呼び止める。「君に・・僕はまだ自分の気持ちを言っていないから。ちゃんと言わせてください!」叶わぬ恋かもしれないけど僕は死ぬまで君に恋してる自信がある!それに・・僕は死ぬまで君の味方だから、いつだってどんな時だって君の力になる!そんな男がいるってことを頭のどこかに置いといてください!「それからもうひとつ。無理なのかもしれないけれど、僕は今から君に恋してもらえるような男になろうと思う。時間はかかっても、いつかそうなれるように。なぜなら、短いようでまだまだ人生は長いから!」ニコッと笑う立木。かえでは涙目になっている、感動しているようだ。よかった!(泣)ちゃんと言える機会ができて、本当によかったね立木!
立木は告白できたことをケンちゃんに報告しにロックバーに顔出すが、ケンちゃんは前に言っていた全員20代と思われる連中とちょっとFUNK調なノリのロックをジャムっていた。かっこいいが、立木はなんだよ~。とむくれて今日の所は帰るのだった。
一方かえでが自分のアパートに帰ってみると、ドアの前で龍彦が眠りこけて待っている。立木にさっき告白されたのでなんとなく気まずいかえで。その場を立ち去る。「私、もしかしてモテモテ!?今頃来たか、モテ時期!?」と律子を呼び出しカラオケボックスへ。喧嘩はやめて~。ふたりを止めて~と熱唱するのだった。。
一方、結局立木のマンションに戻ってきた龍彦。立木からさっきかえでに告白してきた事を聞かされる。「えっ~!マジで!」笑顔で答える龍彦。「おまえさ、俺のことぜんぜんライバルだと思ってないだろ!?」そして立木は龍彦にポーカー勝負を申し込む。負けた方がかえでさんをあきらめる!と。立木の手札はかなりいい、ストレートフラッショだな。そして、龍彦はっ!?カードをぐちゃぐちゃにして止めてしまった。「なるほど。答えを出すのが嫌いなんだな龍彦は。俺に勝ち目があるとするとそこだな。」龍彦はそれを聞いてすねてしまった。図星だから。
レコード会社。立木は告白したことを祥子と文平に報告。祥子は立木に気があるのでムっとするが、文平はどうだったんですか?と興味深々。実は文平も最近好きな子に付き合ってくれと告白したらしい。「ん~~。考えとく。」そう文平に返事したその子は合コンで知り合ったらしいのだが・・実は立木の娘・朝子!だが、文平はそのことを知らないし、立木も知るわけがない。すべてわかって文平と会っているのは朝子だけ。それとなく立木のことを聞いてみたりしているのだ。60才なのに最近恋してるみたいなんだ。と文平から聞かされて、笑顔になる朝子。立木の事、やっぱり興味があるんだね。
ともかく。ふたりの告白の結果は保留なのだが・・、「まあ、考えとくと言ったあとにOKになったという話は聞いたことありませんが。立木さんの場合も保留というより執行猶予といったほうが。」と祥子。「・・仕事の話に戻ろうか・・。」売り出すバンドのCD発売が近い。売り込み戦略に熱がはいる立木、文平、祥子達であった・・。
再現ドラマの収録現場。龍彦がかえで会いにきた。「その・・俺やっぱかえでが好きだ。いっしょにいたい。それを言いにきた。」かえではさすがに照れるが・・農家のおばさんの格好(再現ドラマの衣装)をしていたので龍彦もバツが悪い。かえでもそれに気づいて顔をそむける。。ともかく龍彦はかえでのアパートに晴れて戻ってきた。が、少しは働いて、そしてHはなし。と条件つき。だが龍彦は今回はちゃんと本屋のバイトでまじめに働くことになったようだ。そしてかえでの誕生日も覚えていた龍彦。今回はやる気か!?とかえでも驚くことに。
ケンちゃんのロックバー。「告白しちゃったんだ?」「まあ結果としては振られたようなもんなんだけどねえ。」と言う立木だが、まんざらでもないのだ。「いいよねえチャッピーは・・。本当に。」「あれ?心のそこからそう思ってないでしょ~。」いつもとセリフが逆なふたり。ケンちゃん、どうもおちつかず横ばかりみているが・・。どうやらいつもすましてカウンターの隅で本読んでるヨーコの事が気になるらしい。やとってるコのこと好きになちゃったんだ!しかも男と楽しそうに話しているもんだから気が気ではない様子。が、ヨーコはその男を突っぱねた。「思ってないよ。ハハハハ!」ケンちゃん急にうれしそうにテンションが上がるのだった(笑)
かえでの誕生日会。立木は呼ばれてうれしそうだが、当日仕事に追われていけなくなってしまう。もちろん龍彦は参加。バイトは休ませてくれって言ったら駄目っていうからやめてきた。と露店で買ってきたかえでの形のイヤリングをプレゼントする。「かえでの誕生日の方が大事やし。まあ、いいもんやねえプレゼントっていうのは。いない所でかえでのこと考えてるっていうのは。」素直にかえでは喜ぶが、「どっちがいいのかね?仕事を優先する責任感ある男と、なにより自分を優先してくれる男・・。」と律子。実は、始めてかえでにこの誕生会で彼氏を紹介した律子。だがその相手は、再現ドラマの監督!まさか!?とかえでも驚くのだが・・。別にラブラブじゃない疲れきった倦怠期のような律子であった・・。監督のプロポーズ宣言もみぜんにシャットアウトしてしまう有様なのだからね。。
そこへ立木から、薔薇の花束が届く。それは、かえでが以前立木の前で好きだといった薔薇の色だった。「お誕生日おめでとう。仕事で伺えなくて残念ですが、どこかでかえでさんのために祝杯をあげています。」そう記してあるメッセージに感動するかえで。女冥利につきるなあ!さすがに龍彦も真顔でとまどっている。
「かえでさんおめでとう。」仕事仲間達とみんなで食事中に独り言のようにつぶやく立木。それを祥子も文平も気付く。そこへ立木の携帯にメールが!「素敵なお花。ありがとうございました。」そのメールにはハートマークが三つ!喜びの雄たけびを上げる立木がそこにいた。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「無理な恋愛」第7回

    Excerpt:  「初めて会った時から君のことが好きです。 会えば会うほど、素敵だなぁ~って思うようになりました。 君はさっき、私なんかって言ったよね・・ そんなこと二度と言わないで欲しい、思わないで欲しい。 .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2008-05-21 16:00
  • 無理な恋愛 第7話「彼女の誕生日」あらすじ

    Excerpt: 無理な恋愛  ドラマ ランキング  無料動画情報あり! 正午(堺正章)の気持ちを知ったかえで(夏川結衣)は、自分の正直な気持ちを話そ... Weblog: テレビドラマレビューブログ:ドラマニア racked: 2008-05-21 18:16
  • 『無理な恋愛』第7話「彼女の誕生日」メモ

    Excerpt: 夏川さんがやっぱりいいですわ。 Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2008-05-21 21:48
  • 無理な恋愛 第7回「彼女の誕生日」

    Excerpt: 200805 フジテレビ 火曜22時枠 *あらすじ* 正午(堺正章)の気持ちを知ったかえで(夏川結衣)は、自分の正直な気持ちを話そうと正午のもとを�... Weblog: 日々溺れ、ぷかり浮草 racked: 2008-05-21 23:05
  • 無理な恋愛 第7話:彼女の誕生日

    Excerpt: 星3つ!( ̄ー☆☆☆キラリーン いや~ん、今回はめっちゃ良かったわ~{/kirakira/} 冒頭から、正午さんとかえでのツーショットにニヤニヤ{/m_0209/} お互いに本音で話が出来て良かったわ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2008-05-21 23:21