砂時計

「砂時計」
画像
http://www.tbs.co.jp/ainogekijyo/sunadokei/index-j.html
実は昼ドラなんですけど、このドラマは昼ドラマ枠にありがちなドロドロ展開ではなく、清潔感ある純愛ドラマです。
子供時代、青年時代、大人になった現代と、時間を行き来する構成で引き込まれます!こういう作りすごく好きなんですよね。柴咲コウの主題歌もすごくあっていていい。
主人公の杏は幼い頃父親が失踪、そして母親が自殺という不幸を味わう。そんな杏を勇気ずけ励ます大悟。そしてそんなふたりを見守りながらも杏を想う藤。そして三人は大人と成長し、大悟には婚約者が。いまだに大悟のことを想っている杏は忘れなきゃと大悟にもらった砂時計を見つめる。そして場面は子供時代へと移り、ふたりの絆が培われる様子へと。現在中学生時代を放送中ですが、まだまだゼンゼン間に合います!これはやばいと思って普段見れる時間帯じゃないけど録画してまで見ていますぞ。


おもしろいですねえ!高校生シーンの杏と大悟はほんと仲よくて、見てるとニヤけちゃうけど、二人ともいい奴だから好感もてる。しかし・・・最近そのふたりを邪魔する悪者役みたいになってきた藤。ほんとはゼンゼンそんなキャラじゃないのに~。
藤は甘えられる場所がなく生きてこなきゃいけなかったから、人に対する気持ちの表現が不器用なだけなんですよ、よくわからないんです。あんなにものがわかってるいい奴なのに。藤のこと理解してるのはのは俺だけか!?って藤を応援してる自分としては現代シーンでもっと杏と接近してほしいですよ。あと椎香ちゃん、彼女の悲しい一面もだいぶ出てきましたが、現代シーンでどうでてくるのかも楽しみなとこです。


いよいよ・・杏と大悟、破局近しですか・・・。しかしここまでもう駄目だなって思う場面何度も乗り切ってきたけど、来週ついに別れちゃうのかな?藤の事ほっとけない杏が大悟とすれ違っちゃう時はほんとにこりゃもう駄目だなって見てたんですけど・・・。そりゃ何でも後ずけで説明されるだけじゃ大悟としてもなんなんだ!?と思っちゃうのは当然だよな。杏にしてみれば余計な心配かけたくないという気持ちなんだろうけど。
それでもやっぱり仲直りしちゃうんだからね。藤もなにげに大悟に電話して、ふたりの仲修復しようとしてね。実は前から藤はそうしてきてたんですよ、大悟!杏への気持ち押し殺してまでふたりを見守ってきたんだよ、色々かかえてさびしいはずなのに!表面的には大悟の方が男らしいけど、内面的には藤の方が男なんだが!と思って見ていたら、今度は藤の妹の椎香ちゃんが「うちも大悟君の事好きなんだけん!」えっ~!?マジすか!なんか結果的に兄妹でふたりの邪魔をしている図式に・・・・。しかも腹違いの子供は椎香ちゃんの方だった!そして杏の目の前で大悟にふいうちキス。それを許せない杏は怒っていたが・・・おまえも藤にキスされてたよな?そん時大悟はなんだかんだ許したじゃないがか!?それでも大悟はポケベルに一生懸命杏に気持ちを伝える。大悟はその場ではキレるけどちゃんと最後は懐が大きいというか、やさしいというか。ポケベルのシーンは見てていいなあって感動した。
これでもピンチを乗り切った二人。でも大悟と杏がいちゃつき、自分の出生がそんなだった椎香ちゃんは飛び降り寸前!結果大悟のやさしい言葉に癒されて思いとどまった椎香ちゃん。でも大悟を取らないで!の悲痛の訴えは杏を苦しめる・・・。母親自殺のトラウマや知らないうちに大悟の負担になってると思い始めている杏は別れをきりだすが・・・・。う~んここで今週は終わりか。しかしほんと丁寧に細かく作ってるよなあ。椎香ちゃんメインになってから藤はなんとなく影が薄いが、現代シーンでまた杏にアタックしてほしいな。


やっぱり杏と大悟別れてしまいました・・。あれは・・大悟かわいそうです。杏もたしかにここんとこ辛いことばかりでそれに押しつぶされちゃったのかも知れないけど。でも大悟ゼンゼン悪くないしなあ、「なにもかもが重いの・・・」ってこれ、男としては次に言う言葉失っちゃうというかキツすぎるなあ(泣)椎香ちゃんもあれだけふたりの仲引っかき回したけど、やっぱり大悟とどうこうなるってわけにはならないし。家のことはとりあえず解決したみたいでよかったけどね。ま、椎香ちゃんもさびしかったんだろうな。
そして再び杏にモーションをかける藤!結構これには驚いたが。いままで積極的になっても杏の大悟への気持ちを気づかって結局身引いてた部分あったから、今度は本当の意味で真剣勝負。そして・・・いつもやさしく傍にいてくれる藤に杏はOK出したの!?えっ!これも衝撃の展開だぞ・・。現代シーンで真剣にアタックするんだとばかり思っていたが、藤。どういう事だか説明しろよ、現代シーンのあなたはどういう役割で杏とたまに合ってるんですか?プロポーズとかしないの?ああ、今週もこんないい所で終わってるし。来週の杏と藤に注目!


藤と付き合いはじめた杏。しかし・・・その切なげな表情はなんなのか!?藤がなんか可哀想だぞ!そして大悟と藤が鉢合わせ。大悟は杏のことを頼むみたいなことを言うが、藤は「いつまでも俺のものみたいな言い方するな」いい台詞だな、藤。
そして大悟は杏とも偶然出会う。偶然が多いな、こういうシュチュエーションって現実だとなかなかない、あったら結構盛り上がるんだけどね。そしてなんてことない会話をするふたり。ぎこちないんだけど、やっぱり杏も大悟もいい感じなんだよね、でも別れてよかったんだみたいな内容でふたりは別れた。そして杏は藤と旅行に行くことに・・・。しかしその切なげな表情はなんなのか!?杏。
その旅行で杏は「藤君がいてくれるから必要ない」と海に大悟との思い出の砂時計を投げ捨てた!よ~しそれでいいんだ!が、その夜、抱きしめようとする藤を拒絶する杏。ごめんなさい・・・泣かれてもね・・。むしろ藤目線で見てきた自分としてはこっちが泣きたくなるぞ・・・。そして朝、なぜか砂時計が海岸に!それを投げ捨てようとする藤。「やめて!」おまえ昨日藤君がいるから必要ないって言ってなかったか?・・・そして藤と杏は別れることになります。
大悟との部分はものすごい時間かけてやっていたくせに藤とはこれで終わり?そしてやさしい藤君は「杏は絶対幸せになれるよ」と名台詞を残し、何故か道でもらった風船に藤と杏の写ったプリクラを貼って空に飛ばす。もういいんだ?ふっきれたのか藤。
杏は私は大事な人を傷つける天才だ・・と自重ぎみ。そして泣きながら大悟との思い出の品をかたずけて(お通夜みたいだ・・)ついに、長い長い高校生シーンは終わりを告げることに。
そして現在大悟の婚約者であるあかねが杏のもとをたずねにくる。このふたりの手紙のやりとりで過去に戻ったりして物語は進行していたのだけれど、あかねがなぜ、ひつように大悟の昔のことを知りたがっていたのか今回分かりましたね。
20才になった杏と大悟は縁あって再び合う約束をしていたのですが、あかねの事故で大悟は行けなかった・・・。そしてその日、あかねは大悟に告白したのだけれど、大悟はそれを振り切っていこうとしていたわけです。あかねは大悟が心の奥に封印していると感じている最愛の女性が、今手紙のやりとりをしている杏本人か確認したかったのだろうということがわかってなんとも切ない・・・。そして大悟も事故を目の前で起こした女の子をほっとけないのは当然で・・。
しかし・・・絶対にベストなふたりの杏と大悟。でも何故かうまくいかない・・。誰のせいといえば色んな人のせいにできるんだろうけど、誰のせいでもないというのが本当のところ。ぼちぼち佳境です・・・。


さあキャストも大人編で総入れ替え。杏達26才、現代シーンスタート!
ひょんなきっかけで杏、大悟、藤、椎香の4人はいっしょに会うこととなる。4人揃って花火をやるシーンはなんか最終回か?と思わせる雰囲気があったが・・・現代シーン本編スタートの意味合いがあったのだろう。杏は20才の時再会する約束していたが来なかった大悟に理由を聞こうとしていたが聞けない・・。杏にしてみればこの時大悟とやり直せると思っていたのだからずっと気になっているのだろう。だがひさびさの再会にはしゃぐ杏&大悟、それを見る月島兄妹。「やっぱり杏ちゃんには大悟君が似合う」と椎香は藤に言うが、藤は笑いながらも微妙?今週、藤は椎香に散々に痛い所をつかれるはめになる・・・・。どうやら椎香ちゃんは大人になって一番キャラが変わったようだ。現在は40才のピーマン嫌い男と付き合ってるらしい。その前は・・どうやら恋愛には積極的になってるよう。学生時代をちゃんと吹っ切っているのはどうやら彼女だけのようだな。
そして椎香の小細工で杏と大悟はデートすることに。ここで変な風にならず普通に楽しそうにしているふたりはやっぱりいい。別れ際、杏はあの時なぜ来なかったのか大悟に聞くが「そぎゃんこと聞いてどげする」と苦悶の表情の大悟・・・。そして出版社に勤める杏は仕事で新人絵師のあかね(大悟の婚約者)の担当になることに。念願の絵本部門に移れて早々あかねの担当とは、つくづくかわいそうな女だ・・。ま、あかねもそうだが。杏と大悟、ここまで縁があるの!?
あかねと杏は仕事と称し島根のあちこちをいっしょに回るがあいかわらず大悟との事を探るあかね、手紙のやりとりだけじゃ杏と大悟の今の仲を信用してないようだ。そして黒い砂時計購入。(この場合のこの黒は悪者を表すのか?)そして大悟と自分の愛の巣にやがる杏を無理に引っ張り上げるなど、その疑心暗鬼ぶりが露骨に。そして手紙のことが大悟にばれても逆ギレする有様、それをなだめる大悟。が、あかねが不安がるのも無理はないかも。杏と大悟にはたしかにそれだけの絆があったんだから・・。
そして大悟は杏にあの時の約束に行けなかった理由を告げる。またダメになると思ったからと。嘘をつく大悟、あかねの事故の事はやっぱり言えないよな・・。
傷心の杏の帰りを待っていたのは藤。(何故杏の家に上り込んでいたか?という突っ込みは言うまい・・椎香の頼みだろう)ふたりで映画を見ている傍、杏はいきなり泣き出してしまう。藤は何も言わず外にでて煙草をふかすが、その膝はガクッと落ちる。でも藤、弱った女の隙をついて抱き寄せるような並の男の行動を取らず、何も言わず見ず、ただ泣かせてあげるやさしさはかっこいいぞ!おまえにしかできんやさしさだ。でも杏にはそれはわからないだろうな・・・大抵の女の子も。せつないな藤・・。
そして急展開。突然でてきた佐倉という男。そのルックスと強引さでグイグイ杏に急接近!だがこの男、たしかにいい男だな、洞察力はあるし、キツイがやさしいし。そして登場3話にして杏にプロポーズ!実際杏は佐倉の事が好きになってしまった状態・・。
藤よ、オマエは今まで何を!佐倉&杏&椎香&藤という面子で飲んでいるシーンでも藤は椎香を連れて帰ってしまう。「押しが足りない、印象が薄い」と酔った椎香に言われる藤。そして後日改めて椎香に電話で「押しが弱い」と念を押される有様・・。お前のいうとおりだなんて言ってる場合じゃないだろ!この愚か者め、出てきたばっかしの男に持ってかれていいのか?さっきは褒めたが、今のままじゃお前とは絶交じゃ、藤!ふう・・今週はここまで。


いままで散々からんできた大悟でも藤でもない男と結婚することになった杏。これには椎香もびっくり!しかしこの椎香、またまた今週話を引っかき回す役目を担うことに・・。
杏はあかねに絵本製作の担当をはずれることになったと電話、結婚する相手が海外赴任するのでそれについて行くと。そのことを帰ってきた大悟に話すあかね。大悟はそれを聞いて「結婚・・」う、動きが止まってますよ大悟・・それを窺うようにみるあかねもちょっと怖い。
そしてもうあとがない藤。今週は決めてくれるんだろうな!妹の椎香に呼び出されて杏が結婚することを聞いた藤は杏を呼び出す。よ~し!!いけ、再びアタックするのだ!・・・が、急に結婚を決めてしまった杏に「時間は関係ないよ・・」おい、またかよ(泣)また聞き上手なのか!?おまえの気合は高校の時にあの風船といっしょに飛ばしてしまったのかよ。。
そして杏と佐倉の仲も上々。杏は母親自殺のことも佐倉に正直に話す。それをちゃんと受け止めてやさしい言葉をかける佐倉もなかなかたいした男なんだよね。ぼっちゃんなんだけど、厳しさもやさしさも持ってる。
そして椎香の提案で杏の送別会をすることに。これが波乱の幕開けに!当日杏は佐倉の両親に会うことになり主役が来れないことがわかった椎香は、杏と佐倉がいる場所に会をセッテッング。集まったみんなに「佐倉のお母さんがここに来るからみんなでどんな人か見届けてあげよう。みんなで杏ちゃんを守るの」とか抜かしているが、ただの野次馬根性じゃないの!そして、なぜかあかねまでいっしょに来ちゃってるよ。幼馴染の面面といっしょにいるあかねは違和感ありすぎ・・・。そんな面々で杏達を隠れ覗く椎香達・・・。
杏と佐倉の母親の対面は最悪!どうやら佐倉の両親は高飛車で佐倉自身も嫌っている始末だ。そして母親自殺の話題でそんな傷を負ったあなたに息子を幸せにできるのかと杏を責める。佐倉も精一杯杏をかばうが・・・ここで我慢できなくなった大悟がでてきて杏をかばう名演説を!!この大悟の言葉はよかったぞ!「大悟君あいかわらず無茶なんだから・・」と椎香は言うが、おまえの方が無茶だろ!!
あかねはそんな大悟をみて帰ってしまう、当然だな。藤はというと、特になにもなし・・背景の一部か。
杏と佐倉もなんとなくこれがきっかけでおかしくなる。わからない人にわかってもらう必要はないと考える佐倉、だが杏はあくまでもあの母親と和解したいと考えていた。多分佐倉の言っていることの方が正しいだろうと思う・・しかし杏にはその厳しさが理解できない。そして佐倉のもとに先日の件であやまりに来た大悟、その大悟と同じような台詞を吐く杏になんとなく逆上した佐倉はあの砂時計を投げ壊そうとする!「未練たっぷりだもんな、まだあいつのこと好きなんだろ!」「やめて!」・・なんかこのシーン前にもあったぞ・・。傷を舐めあって生きるつもりはないと杏に告げる佐倉。ふたりは別れ、傷心の杏は連絡取れず・・・。
椎香はそれを心配して藤に電話。今週藤は椎香からの電話取るシーンばかりだな。そして夜になっても連絡とれないと椎香はまだ心配している。もう子供じゃないんですけどね。そこで藤は佐倉のもとに行くが、そこで杏と別れた事を告げられる。驚愕する藤。「そういうのひっくるめて好きでいてくれてたんだと思っていました」佐倉は「俺はあいつの過去まで背負えない、あいつのこと頼む」藤は「あんたに言われる筋合いはない」でた!!お前の出番が再び来た。。思うんだけど杏に一番あってるのは藤、杏がアホで藤のよさに全然気づかないだけでしょ。が・・行方知れずの杏はやはり、大悟のもとに来ていたのだ・・・。また大悟かよ、もう・・。
そして佐倉と別れた事をしらない大悟は杏にあの時の約束に行けなかった本当の理由を話す。ほんとはやり直したいと思っていた、でもあかねが目の前で事故って行けなかった。「おまえのことが心配でたまらん、おまえ幸せか?俺は・・俺は!」と杏を抱きしめ攻撃!藤、おまえにはこの最後のツメがないんじゃ。「私は私はっ」
プルルル・・・ここで怒っていたあかねから仲直りの電話が。。さすがあかね、きっとどこかで見ていたのだろう・・。杏は帰ってあげなよと自分が佐倉と別れたことは言わずに帰ってしまう。そしてさ迷ってる間にあの砂時計を失くしてしまい色々考えているうち道で倒れてしまった!!死んだのか?杏!
そして大悟は椎香からの電話で杏が佐倉と別れて結婚がなしになった事を教えられる。大悟はおろおろと挙動不審になり出かけようとするが「行かせない!」とドアの前に立ちふさがるあかね、怖いぞ車椅子。つーかあかねもかわいいじゃない?大悟いいかげんにしてくれよ!
さあ、月曜からいよいよ最終週!この長い本格的感想砂時計レビューも残すことあと一回。藤よかったねと書きたいとこなんだけど、どーなるんでしょうか!!


道端に倒れこんでしまった杏。それを見つけて助けたのが、やっぱり藤!!そして、今週の藤は一味違う、「杏は俺が守る!もう遠慮はしない!」と宣言。よ~し、もう最終回まで時間ないからな、押せ押せでいかないと、間に合わないぜ!
どうやら椎香もこのお兄ちゃんの気合を感じ前面的に協力するという。いままで学生時代に杏と大悟の邪魔をしていた罪ほろぼしなのか、なにかと杏大悟をくっつけようとしていたようだが・・・。しかしこの椎香の協力するという言葉ほど怪しげなものはない、大丈夫なの・・。
そして入院している杏の傍にずっといる藤、仕事もほったらかしなのだろう・・。大悟というと、結局あかねに首ねっこ捕まえられて動けない様子。見舞いにも行けないようだ・・。つーか、あかねがいるでしょ、おまえは二股かけるつもりかよ!何考えとるが!でも大悟は杏のことが気になってしかたないようだ・・。
そして退院した杏を家まで送ってきた藤。そこで杏を後ろから抱き寄せ「俺は島根にいる時も東京にいる時も杏が一番大切だった・・俺じゃダメか」おお、やった、今週藤すごいぞ!!椎香にぼろくそに押しが足りないと言われていたのがうそのような行動力!杏のその手は藤を振りほどこうとしているのか寄り添おうとしているのかわからないがするすると藤の腕に伸びて・・「おかえり杏ちゃん!」椎香!!どうやら退院した杏にご飯を作ろうと買い物帰りのよう。「お兄ちゃん食べていかないの?」っておまえ協力するって言ってた矢先にもう邪魔してるぞ・・・。部屋を出て行った藤の顔は般若のような怒りに満ちていた・・怖ええ。
だが今週の藤はこんな事じゃ引き下がらない。杏を電話で昼飯に誘う!しかし・・その杏の表情はどうみても嫌そうだ・・・・。何故、これほど思ってくれてる男のことを嫌うのだろうか?何故佐倉はよくて藤ではダメなのか?ふざけた女だ。杏は藤と出かけるが藤が連れていったのは昼飯どころかどこかの部屋。そして杏に鍵を渡す。「いっしょに暮らそう、遠くから見守るなんてことやめたんだ。もう誰にも渡さない」
そんな頃大悟は海岸で杏が失くしてしまった砂時計を地道に探していた・・・。だ・か・ら~、おまえはあかねがいるんだが!何してんだこいつ。
藤のもとに大悟から電話。ほんと藤の電話って椎香か大悟ばかりで杏からは全然かかってこないな。。どうやら大悟は藤に用があるらしい。藤は仕事だと断ったようだが、その夜、妹の椎香といつもの店で飲んでいる。藤は妹と飲むのも仕事なのだろうか。椎香は、杏が何を言おうが押しちゃえばいいと兄に力説、これから杏もここに来ると。そんな時大悟登場・・。探したけど砂時計はみつからなかったから買ってきた、これを杏に渡してほしいと藤に渡そうとする大悟。もうこいつ狂ってますよ・・。藤はマジでキレる!!「杏が大切にしてたものはこんなものじゃないだろうっ!!」と新品の砂時計を叩き壊す!いつの間にか店に来ていてそれを一部始終見ていた杏。この時の藤はマジかっこよかった!そうなんです、肝心なことをわかってくれてるのは藤なんですよ、杏。あなたにはそれが、ほんとにいままでわからないんですか!?見事に砂時計を目の前で叩き壊してくれた藤に普通ならビビッときてもいい所で、杏に電話。どうやら母親代わりだったやさしいお婆ちゃんが亡くなったという。な、なんというタイミングだ・・・藤の名場面もお婆ちゃんの死でかき消されてしまった。
お婆ちゃんの残した手紙、それは泣けるものでしたね、よい言葉だった。その人のために苦もなくがんばれるか、大好きな人が笑っているだけで幸せになれる、そんな簡単なことに気づけばきっと幸せになれるとも記してあった手紙に杏は・・・。
一方大悟は・・まだ海岸で砂時計(本物)を探していた。狂ってますよほんとに。が、ここで謎の爺さん登場。「世の中に偶然はない、運命は変えられん、結果そっちを選んでしまう」と妙に説得力があるお言葉をいただいた大悟。おまえはどっちに取った?杏といっしょにいるのが運命ととったか?杏と離れるのが運命ととったか?たしかに、運命ってその時の自分の取り方でいかようにも変わるものなのかも。深い言葉と受け取りました爺様。そして大悟は砂時計をついに探し当てた!そう取ったんだな大悟。
もうこっからはね、あかねも身を引きましたよ。この時のあかねはかわいかったぞ、存分に後悔するがいい大悟よ。藤もやっぱり杏に振られます・・。藤も別段表情を崩さず毅然としてたな。杏にとって藤はたしかに大事な人。でもなんでかそういう風に考えられなかったんだろうなってのはいままで見ててわかった。まあ微妙な女心は俺にはわからないけど、近すぎる男では大悟が絶対だったし、佐倉ならそういう昔のことをふっきらしてくれると思ったんだろうな。そういう面で藤は近すぎる存在で、また大悟という強敵がいた・・・。う~んあとタイミングが悪すぎという不運もあったような。爺様の言葉でたとえるならそういう風にみられないという運命だったというべきなのだろうか?もっと早く藤自身がそれを見極めて違う態度で杏に接していたら、藤自身幸せになれたのかも・・。俺もなんとなくは杏は藤のこと選ばないだろうなってみてても最後まで藤を応援していたのだから、運命にあがらっていたに等しいな・・。でも藤でも杏は幸せになれたと思う。いい男であった藤!最後のがんばりとその一途さに敬意を表す。
「やっぱりおまえじゃないとだめだ、俺を幸せにしてくれ。すがっていた過去もおまえとなら未来になるんだが!」の大悟の言葉で、杏と大悟ハッピーエンド!うん、やっぱりお似合いだよ。すごい絆だね。いいよ、すごく。いままで見続けてた甲斐がありました。終わってしまうのがさびしいです。
ここでいままでの4話から60話の特製ムービーをこのブログを見てくれてるあなたにDVD6枚完結で抽選で5名様にプレゼントします!・・・うそですよ~。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック