NelsonTouchBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS ごめんね青春!七話&すべてがFになる六話感想

<<   作成日時 : 2014/11/26 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 2

■ごめんね青春!七話
ドタバタしているんだけど、きちんとおとしどころは心得てるから安心してみれる。七話はホロッとさせてくれました。
先生との握手だけのさよならで十分伝わってジーンときたから、逆に歩道橋のみんなの見送りはなくてもいいんじゃない??とも思ってしまったけど(笑)あの垂れ幕の似顔絵が、なぜか俺的にホロッとさせられたんだよね。。
でも生徒会長、次週もきっちり出てくるんでしょ?(苦笑)


■すべてがFになる六話
ついに表題作の後編、完結しました。いや〜またまたぶっ飛んでたな(笑)視聴者、絶対に犯人はともかく、トリックは思いつけないわな。。
今のところ、すべての事件の動機というか、それが起きるいきさつなど、現実離れしていて、とても推理できない。
でも、トリックに対するアプローチ、発想がぶっ飛んでて、そのぶっ飛びかたを楽しむ話なんだろうね。
今回の、もうひとり部屋にいたはず!という最大の謎のトリックが、なんともすごい理由だったしね。面白い発想だった。それでも今回が、今までで一番ごちゃごちゃしてなくて見やすかったかも。。
次回はどんな事件なんだ??(笑)

萌絵お嬢様のイメージが、俺の中で、だいぶ武井咲で定着してきた。
本て、登場人物のイメージ、読み手それぞれ違うのが面白さのひとつじゃないですか。俺はどんな感じの萌絵お嬢をイメージしていたんだろうと考えると、これが意外と、ピッタシの女優さんがいない(笑)しいていうなら、乃木坂の生田絵梨花をもう少し大人にした感じの雰囲気がイメージに近いって思った、かな。
ともかく犀川の閃きシーンも見なれた(笑)ので、このまま視聴を楽しみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ごめんね青春!七話&すべてがFになる六話感想
■ごめんね青春!七話ドタバタしているんだけど、きちんとおとしどころは心得てるから安心してみれる。七話はホロッとさせてくれました。先生との握手だけのさよならで十分伝わってジーンときたから、逆に歩道橋のみんなの見送りはなくてもいいんじゃない??とも思ってし… ...続きを見る
NelsonTouchドラマブログ
2014/11/26 00:42
「すべてがFになる」第6話 感想
 研究所の時計が1分遅れている事に犀川は気が付きます。  何者かが1分ずらしたので、監視カメラの映像が上書きされました。そのため犯人が部屋から出て、エレベーターに乗り込む画像が消されたのです。  犀川と萌絵はバーチャルの会議室に入り、四季と話します。    そんな第6話。  ...続きを見る
Kanataのお部屋へようこそ
2014/11/26 01:06
【 ごめんね青春! 】 第7話 感想
もし仮に、この中に隠し事をしている人間がいたら、どっちのことわざを 信じるかで答えは180度違う。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2014/11/26 02:14
ごめんね青春! #07
『三島の空に響け!彼女の贈り物』 ...続きを見る
ぐ〜たらにっき
2014/11/26 02:57
ごめんね青春! (第7話・11/23) 感想
TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』(公式) 第7話『島の空に響け!彼女の贈り物』の感想。 ...続きを見る
ディレクターの目線blog@FC2
2014/11/26 05:15
ごめんね青春!「三島の空に響け!彼女の贈り物」
何だか、みんなして疾走感たっぷりに、思いっきり青春!してましたね。どんまい先生 (坂井真紀)と一平 (えなりかずき) の観音様に睨まれる不倫騒動も無事、一件落着。どんまい先生が次の恋に踏み出せてヨカッタ。平助 (錦戸亮) 、「実は、礼拝堂の火事は…」と告白しかけて、さらにドッカーンが起こり、中断されて可笑しすぎ。東京の学校に転校が決まっている 中井 (黒島結菜)、文化祭にむけて本当に頑張ったし、爽やかに送られてヨカッタです。歩道橋に仲間達集まって横断幕だなんて、まさに青春ですね。とにかく楽しかっ... ...続きを見る
のほほん便り
2014/11/26 07:02
『ごめんね青春!』 第7話
どんまい先生とデキちゃってもなく、当然一線を越えちゃってもなく、自然の成り行きなんて、あるはずもなかった一平。 シザーハンズでヘッドスパして貰って〜(ノ゚ο゚)ノ ポロ襟がそんなに大事か。てな訳で今回は、まどんな先生がラジオでごめんね。。。「短い間だったけど 練 ...続きを見る
美容師は見た…
2014/11/26 17:02
すべてがFになる 第6話
Story #06 2014.11.25 TUE. すべてがFになる[後編]あらすじ ラテ欄「残された暗号の謎…仕組まれた時限装置!?美しき狂気の殺人者」 萌絵(武井咲)と犀川(綾野剛)は、四季(早見あかり)を殺害した犯人が、コンピュータシステムで厳重に監視されている研究所の中にど… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2014/11/26 17:35
ごめんね青春! 第7話
第7話「三島の空に響け!彼女の贈り物」2014年11月23日放送 東京の学校に転校が決まっている 中井 (黒島結菜) は、ほかの非協力的な同級生たちと比べ、積極的に文化祭の準備に励んでいた。 転校を周りに隠したまま、自分が出来ることをやり遂げ三島を離れようとしている… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2014/11/26 17:35
すべてがFになる 第6話
「残された暗号の謎…仕組まれた時限装置!?美しき狂気の殺人者」 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2014/11/26 23:27
『すべてがFになる』 第5話&第6話「すべてがFになる」
今回の最重要人物:真賀田四季……… ………15年前、当時14歳だった四季は両親を殺害した容疑で裁判にかけられるが、心神喪失が認められ無罪となっていた。9歳でアメリカの大学に入学し11歳で博士号を取得、12歳でIT企業の主任エンジニアとなるなど、天才プログラマーとしてその... ...続きを見る
英の放電日記
2014/11/29 12:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさんまです。。。

>■ごめんね青春!七話
>あの垂れ幕の似顔絵が、なぜか俺的にホロッとさせられたんだよね。。

あの垂れ幕には、校歌の歌詞が書いてあったみたいですね。
作詞した中井さん、ありがとう!の意味もあったように思いました。
それにしても、校門の所で手を振る姿が印象的で〜、「アオイホノオ」で、炎くんの肩をバチバチ叩いてた人と同じ人とは思えない(笑)

黒島結菜、よくなりましたね〜。
2年前の4月(高1なりたての)頃「テストの花道」(NHK)に出てた頃は、マッシュって呼ばれてて、ショートヘアが似合ってたけど、ここまでになるとは想像もしてませんでした。

>■すべてがFになる六話
>今回の、もうひとり部屋にいたはず!という最大の謎のトリックが、なんともすごい理由だったしね。面白い発想だった。

四季博士に、まさか娘がいたなんてね〜(笑)

カレンダーの「2014/11/15」が、鍵を握ってたという訳だったんですね。
・・・14歳だとか、F(15)だとか〜
それにしても、アリバイ工作で使った空白の1分とかも、時間差を使った絶妙なトリックだったし、ほんと、このドラマは、全く読めませ〜ん!(笑)
犀川先生が、超能力者に見えてしまう〜(苦笑)

>乃木坂の生田絵梨花をもう少し大人にした感じの雰囲気がイメージに近いって思った、かな。

「乃木坂ってどこ?」(TX)を見てると、確かに、性格的に西園寺萌絵に近いものがありますね。
そういえば、生ちゃん、今年ドラマ出てませんねえ。去年は、月9に2本も出てたのに・・・高3で学業専念の時期もあって、それどこじゃなかったのかな?(^^;
でも、映画「超能力研究部の3人」は、予告CM見てると、面白そう〜。。。(^^)

LB56
2014/11/26 05:31
こんばんわ。

炎くんの肩をバチバチ叩いてましたねー(笑)
アオイホノオの登場人物で一番好きでしたね。。
いや、なかなかの逸材ですね。今後も期待です。

ほんと、犀川先生、超能力者ですよ(笑)
ほとんどヒントなしであれだけの事わかっちゃうとか、ありえない(笑)
萌絵も相当優秀なので、もう少しが時間あればひとりで解決してしまいそうですけどね。。

小説みたいに、犀川と萌絵の掛け合いを楽しめる時間枠があればもっといいんですけど、前後編じたてにしても、キツキツです。。

武井咲の萌絵も、だいぶ定着してきました。。
小説読んでた想像で、お人形みたいな雰囲気の超お嬢様、もっと少女っぽい感じをイメージして読んでたんです。

生田絵梨花も正真正銘のお嬢様のようなので、芸能活動以外でも忙しいのかも知れませんね。。

超能力研究部の3人、そんな映画が作られていたとは。始めて知りました(笑)
ヤスキ
2014/11/27 04:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ
ドラマブログ総合情報ランキングサイト

ごめんね青春!七話&すべてがFになる六話感想 NelsonTouchBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる