NelsonTouchBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 極悪がんぼ九話&ビター・ブラッド九話感想

<<   作成日時 : 2014/06/11 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

■極悪がんぼ九話
今回は実は、人情話だったのだろうか。。なんだかんだで人助けの心を忘れない?事件屋・神埼薫(尾野真千子)。その薫が、自ら見つけてきたしのぎで、最後にとった選択は・・。
そろそろ自分で仕事を見つけてくださいと小清水所長(小林薫)に言われた薫は、町をうろつく。冬月(椎名桔平)のアドバイスでは、さいてーさいあくで、どこにも行き場のない三か月前のおまえみたいな奴を探せばいいと言われたのだ。。
で、600万の借金を背負ったお寺の息子だという男が、借金取りから取り立てられるのを発見したので、それに噛むことになった薫。ゼネコンとか宗教法人などの大口を、冬月に希望していた所長、それを思い出した薫は、お寺の息子という部分に思いきり惹かれていた(笑)

その寺息子はひとり息子だったが、親父のレールにひかれた人生が嫌で、10年も寺に帰っていないという。嫁も子供もいるが、スナック事業に失敗して、借金を作ったらしい。で、親父に借金の相談をしたらむげに切られて、このままではタコ部屋行き(借金返すまで出られん闇の仕事場行き)という所で薫が噛んだわけ。

親父に借金を肩代わりさせる見返りに、寺の経営に介入することを寺息子に約束させた薫。。借金とり達も、金が戻ってくれば文句はないわけで、薫にまかせたようだ。

で。薫といっしょに寺息子は、お寺にひさびさに帰るのだが。帰った瞬間にほうきで殴られ罵声を浴びせられた。お寺を飛び出す時も寺の金を持ち出していた寺息子、厳しい父親からすれば、到底許せるはずもなかったようだ。
だが、幼い頃に父親に捨てられた薫にとって、親のそういう態度に敏感過剰に反応してしまい、寺父親に噛みつく。だが、寺父親が借金を肩代わりする気配はない。
そこで、寺の重要文化財を、寺息子と持ち出して売ることに。。でも、重要文化財はお金に換金できないのだった。。

薫はとりあえず事務所に戻り、夏目(竹内力)に聞いてみた。「宗教ってどうやったら儲かるの?」「うんなもん、霊園開発じゃろ。宗教法人にしかできんからの。墓を転がしゃ、ガッポリ儲かるわい」だが冬月は、会社のように簡単にはいかないと釘をさす。檀家達の反発を退けるのは容易ではないと。「後継ぎを捕まえたらええんちゃうか?」おとなしそうな抜道(板尾創路)が、机から振り向いて言った。坊さんの資格を持った後継ぎを抱え込んだら話は違ってくるとアドバイス。「手伝おうか?何もおまえの初仕事を邪魔する気はないのや?手間賃だけでも貰えりゃいいんや」「ほんまに?」「ほんまに」抜道が笑う。。

抜道の策は、タコ部屋に行きたくなければ寺に戻ることを条件に、檀家総代を説得して寺親父を引退に追い込んで、代わりに寺息子を住職に据えること。
檀家総代は寺息子の友人だったこともあり、重要文化財を認知症で売ってしまったという嘘話で寺親父の引退を印象づけた。。そして、罠にはめて弱みをにぎり、それをチャラにするから住職に引退を迫ってもらう。。罠にはめるのは、薫と抜道、事件屋の超得意分野(笑)
これで寺息子を媒体に、寺事業に介入できる薫。のはずだったが・・。

借金とりに600万を払って身柄を移したのは抜道だった。そう、薫はまだそれをしていなかったので、寺息子の主導権を本当の意味で、自分のものにしていない状態だったのだ。これにて、寺ののっとりは抜道が主導権を握ることになる。
「抜け駆け、横取り、なんでもあり。おまえがこの世界に入って、最初に教えてもろたことと違うんか?」抜道はしゃあしゃあと言った。薫は激怒する!だが抜道は、自分の知り合いのサラリーマン坊主を呼んで、そいつを住職にすえる準備まで整えていた。「でも。檀家は?檀家が納得しなければ・・」薫の言葉に、「そこでおまえが盗んできた重要文化財を使うんや」それを取り戻してきたということにすれば、サラリーマン坊主が住職になるのを否定できないと。檀家総代は弱みを握っていてすでに手の内。抜道の計画は完璧だった。。

実は。寺息子は、薫の把握している以上に他からも借金をしていたのだ・・。よって、結局タコ部屋行きは免れない運命だった。
薫は、寺息子の幼い息子と娘が気がかりだったのである。このままでは、父母から引き離されてしまうから・・。薫は、幼い頃に父親が早くに出て行き、母親は小さなお店をとられ、人生どん底に叩き落とされた。自分と同じ境遇にしたくなったのだ。そのことを抜道に訴える薫。
「それやったら、うちの息子は不幸そのものや。たけしはな、別れた嫁さんの連れ子でな、わしとは血が繋がってへんのや。せやから最初は難儀したで。全然なつきよらへんからな。けど今は、わしのこと親父だと思うてくれとる。子供なんか、そんなもんと違うんか?」「・・・」

薫は、最終的に自分の言葉で、寺息子とその妻に引導を渡した。ふたりはタコ部屋行き。そして、幼い息子と娘は、寺親父に預けることにする。でも、寺親父も、住職は追われるのだ・・。
「因果応報じゃのう・・」息子のことをほったらかしにしていた報いを受けたと悟ったのか、寺親父も感慨深げで、孫ふたりを受け入れることを約束した。
知らない人(寺親父)に突然あずけられた幼い子供達は、泣いて嫌がる。薫は、強く生きていきなさい・・と泣いて抱きしめたのだった・・。

ここにきて、助けらないエピソードをもってくるとは。でも、そういう仕事なんだよね・・。
結局、薫自身が、自分と同じ境遇の子供達を作ってしまったのだ・・。
次回は、金子が、裏で小清水を叩こうとしている部分をピックアップしていくのか。どうやら、小清水にはすでに気づかれてるようだけど。


■ビター・ブラッド九話
ギャグだねえ。でも、ラストのエピソードは何気に泣けた。意外だが、今回のドラマとしてのバランスは絶妙だったような気がする。馬鹿みたいなノリなんだけど、最後はホロッとさせて、主人公の活躍もあって、恋もあって。
でも、無茶苦茶なドラマには変わりないけどな。。同じ刑事ものでも、水曜のTEAMと比べると、本当に同じ職業の話なの??ってなっちゃうから(苦笑)
次回、また出てくる最強の敵・ミッチー。どうかんがえても三話で爆発しちゃったんだけど。ビルから落ちてたんだけど。こんだけ不死身だと、杖ついてる必要性が感じられねえ(笑)

ブラック・プレジデントは次回最終回みたいです。やっぱり終わらないで欲しいな。ちまちまでいいから、ご意見番みたいな感じでもう少しだけでも見ていたい感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
極悪がんぼ九話&ビター・ブラッド九話感想
■極悪がんぼ九話今回は実は、人情話だったのだろうか。。なんだかんだで人助けの心を忘れない?事件屋・神埼薫(尾野真千子)。その薫が、自ら見つけてきたしのぎで、最後にとった選択は・・。そろそろ自分で仕事を見つけてくださいと小清水署所長(小林薫)に言われた薫… ...続きを見る
NelsonTouchドラマブログ
2014/06/11 02:23
ビター・ブラッド #09
『裏切り…!?』 ...続きを見る
ぐ〜たらにっき
2014/06/11 07:44
極悪がんぼ 第9話
第9話 ...続きを見る
Happy☆Lucky
2014/06/11 08:30
極悪がんぼ 第9話
小清水所長(小林薫)による監査結果が発表されます。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2014/06/11 14:07
ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜 第9話
鍵山班は、暴力団の青竜会が麻薬売買を行うという情報を得て、取引があるという倉庫にやって来ます。 ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2014/06/11 14:07
ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜 第9話
「裏切り…!?」 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2014/06/11 17:45
ビター・ブラッド 第9話
第9回「裏切り…!?」2014年6月10日放送 あらすじ  佐原夏輝(佐藤健)たち鍵山班は、暴力団の青竜会が麻薬売買を行うという情報を得て、港近くの倉庫へやって来た。正面入口に島尾明村(渡部篤郎)と鷹野浩次(KEIJI)、裏口は夏輝と前田瞳(忽那汐里)、窓には古… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2014/06/11 17:52
極悪がんぼ 第9話
Story9「今夜号泣幼き兄妹へ愛の抱擁」2014.6.9 OA 小清水元(小林薫)による監査結果が発表され、神崎薫(尾野真千子)は、薫にしかできない仕事を見つけるようにと通達される。一方、金子千秋(三浦友和)は、東京に進出した際には事務所を任せると言われる。冬月啓(椎名桔平)… ...続きを見る
ドラマハンティングP2G
2014/06/11 20:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ
ドラマブログ総合情報ランキングサイト

極悪がんぼ九話&ビター・ブラッド九話感想 NelsonTouchBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる