NelsonTouchBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 殺しの女王蜂・ノーコン・キッド・八重の桜最終回感想

<<   作成日時 : 2013/12/28 10:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

■殺しの女王蜂最終回
個人的には毎回楽しみにしてた。。ウエスタン風にしてるけど、全然違うし、バトルものかと思うとそうでもない。でも、戦ってるし、魅せるところはみせて、遊んでるとこは遊んでる、そんな感じで楽しかった。
実は結構ちゃんと作ってたんじゃない?と思います。最後の敵も意外な奴って展開でよかったし。
美脚アクション満載!って(笑)モデルガールズ、たしかに凄まじかった。


■ノーコン・キッド最終回
よかったね。学生時代から現代までをやっていくストーリーもいいけど、でてくるゲームがなつかしくてなつかしくて。。ドラクエUを攻略してるシーンなんてマジリアルだったし。ノーコンティニューでノーコン。ゲーセンの対戦で熱くなった(自分の友人達が超熱かった)頃とか、フラッシュバックする不思議なドラマだった。テーマもよかったね。


■八重の桜最終回
日清戦争に突入して、これから日本も列強との戦争にドンドン向かっていく兆候を諫めて終わるという。個人的にはいい最終回だった。まさか西田敏行が最後に出てくるとは思わなかったけど。。
戊辰戦争の会津合戦がピークかと思ってたけど、その後の話もなかなか面白かった。西南戦争や、学校作り、世情と絡めてうまく物語を進めていたと思う。なんにせよ、真面目な大河ドラマだった。
次回は、黒田官兵衛。また変わり者が主人公ですわな。。強いよね(笑)来年も楽しみ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
殺しの女王蜂・ノーコン・キッド・八重の桜最終回感想
■殺しの女王蜂最終回個人的には毎回楽しみにしてた。。ウエスタン風にしてるけど、全然違うし、バトルものかと思うとそうでもない。でも、戦ってるし、魅せるところはみせて、遊んでるとこは遊んでる、そんな感じで楽しかった。実は結構ちゃんと作ってたんじゃない?と思… ...続きを見る
NelsonTouchドラマブログ
2013/12/28 11:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。

この枠(金24)って、好き嫌い多い枠ですが、どこかひきつけられる所があります。

>■殺しの女王蜂最終回
>魅せるところはみせて、遊んでるとこは遊んでる、そんな感じで楽しかった。

8人の配役・構成がまた良くて、上手く絡んでたと思います。

>最後の敵も意外な奴って展開でよかったし。

意外性といえば、警察のメガネ=ビッグママの手先、にも驚かされました。
名脇役のゲスト俳優との絡みも良く、初演技としては、なかなか見ごたえありましたね。

>■ノーコン・キッド最終回
>でてくるゲームがなつかしくてなつかしくて

いろんな懐かしい「ゼビウス」「パックマン」などが出てきて、楽しく見てました。
上手な人の技を盗もうと、一生懸命見て研究していた頃を思い出します。
ゲーセンの雰囲気も、時代と共に変わっていきましたよね。そんな所も、よく描かれていたと思います。
最後の、涙のゼビウス対戦は、想いの詰まった良いシーンでした!

>■八重の桜最終回
>戊辰戦争の会津合戦がピークかと思ってたけど、その後の話もなかなか面白かった。
>西南戦争や、学校作り、世情と絡めてうまく物語を進めていたと思う。

時代を創り、時代を繋いできた、スーパーウーマン!
ほんと、八重って凄い人だったんだな、と改めて思いました。
最後は、周りの桜が1つ1つ散って行ったエピソードも良かったし、会津逆賊の汚名を晴らしたのもまた、桜だったのかな?と思いました。
最近の大河って、主人公が男女男女と交互にきてますね。何かの法則ですかいな???
LB55
2013/12/28 17:42
こんにちは。
いつも色々コメントくれてありがとうございます。

殺しの女王蜂は異色だけどよかったですね。ピストルの人は八重の桜に最後のほうでてたような。。
それぞれの武器もみんな特徴あって、設定もよかったですよね。特に二話目のバトルかっこよかったなあ。

ノーコン・キッドも味があった。登場人物も少ないのに、飽きがこなかったのは、脚本もよかったのかもしれないけど、やっぱりゲームの存在はデカイんですよね。昔をフラッシュバックしたもんな。

八重の桜も、幕末好きな人にうける内容以上に、先の歴史をやってくれたというのが大きいですね。たいがい長くても西南戦争までですからね。それ以降の日本の流れが大河で見れるという意味では、時代設定が貴重だったと思います。
女スナイパーから、明治では看護婦まで。。本当にすごい女子だったんだと。
たしかに交互ですね(笑)いや〜太平記もう一回みたいなあ。
ヤスキ
2013/12/30 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ
ドラマブログ総合情報ランキングサイト

殺しの女王蜂・ノーコン・キッド・八重の桜最終回感想 NelsonTouchBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる