NelsonTouchBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも、生きてゆく最終回&美男ですね十話感想

<<   作成日時 : 2011/09/17 21:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 14 / コメント 0

■それでも、生きてゆく最終回
いい最終回でしたね。どういう最終回になるのか?と思っていたけど、このドラマのもち味をまったく曲げずに、ガッツリ撮った感じでした。
そもそもこのドラマのとっかかりの部分は現実じゃ到底ありえないだろうという被害者家族と加害者家族の遭遇と交流なのだ。ifの設定だと思う。でもありえないことでもない?と思わせるほどに、このドラマでは人間の内面をえぐるような台詞や展開に話は進んでいった。
起きた悲しい出来事を静かに閉まって置くのではなくて、自らえぐりだしてしまうような出会い。そして、だから故に、それぞれの登場人物がその出来事への気持ちに一定の決着を見つける。それは穏やかな一面をみせる優しい答えであったかもしれない。でも、それが絶対の答えではなくて、この人達だからこその答えだと解釈すればいいのだと思う。
そして、なにより。主人公の瑛太と満島ひかりのふたりは、被害者と加害者の家族同士でありながら、強い信頼と愛情を芽生えさせていった。事件への決着はついたこのふたりのこれからの未来はどうするのか?という最終回。

が。ひとつだけ納得いかないことがある(笑)倉科カナの扱いがね、というより瑛太の倉科への態度がね、「もう夏も終わりですね。」と釣り船屋に笑顔で現れた倉科。。風間俊介が責任能力ありと判断されただけでもよかったですね・・。と倉科が言った途端、「もう終わったんです。」で、本当に場面切り替わって終わりかよ!?(泣)
感謝してるシーンも忘れちゃうほどだし(あった?)いくら倉科が瑛太に好意持ってるからこそ手伝ってくれてるだけったって(視聴者女性達の反感を買っていたからって)そりゃないぜ(汗)
まあ、こういう普通の女性に対して、瑛太の設定上あまりに眩しい存在というか不可解な存在なんだろうな・・という。。それだけ瑛太は妹を殺害された過去に縛られ続けて生きてきたのだということだろう。だから同じような生き方をしてきた満島ひかりに波長が合ってしまうのもうなずける。このドラマの真骨頂は、このどこかずれてしまってるふたりの会話なのだ。最終回は時間いっぱい、このふたりの会話をとったことがすごくいい最終回になったと感じる。

最近どうスか?と瑛太に尋ねる満島。電球取り替えたとか、リモコンの電池取り替えたと瑛太がぎこちなく答える。。でも、瑛太はちゃんと言った。これからのふたりのことを考えていたと。大切で守りたいものですと。満島もふたりの未来を考えていた・・とうれしそうだ。このふたりは過去を乗り越えたのだからいくらでもやっていける!と見ていて思っていた。
でも。満島の答えは、瑛太との未来は<なし>だと言ったのだ。満島は果樹園で風間に暴行を受けて植物状態になってしまった若いお母さんの娘の母親代わりになるというのだ。風間が果樹園で起こした悲劇は完全に死まで追いやったわけではなかったようだが・・脳挫傷で目を覚ますことはないだろうと医師に言われている。だが、延命治療を受けることに同意してくれたのだ。<目を覚ますまで、自分が母親になる>その決意は固かった。「真面目に生きたいんです。甘えたくないんです。」「・・いつか忘れられるかもしれないじゃないですか!?」「あきちゃんが・・殺されたこともですか?」「・・忘れられるかもしれないっス。」瑛太の笑顔は真剣だった。だが、「・・忘れていいか・・考えてみました。忘れてはいけないと・・思いました・・。ごめんなさい、それが私の見てる明日です。」「・・・。」「楽しかったです・・」去る満島の前を回り込み、瑛太は一日だけのデートを誘う。「・・はい。」よかったなあ(泣)

ふたりは遊園地デートを思い切り楽しんだ。途中で瑛太は、母親代わりになるのをやめませんか?と満島に何度も言った。笑顔で楽しそうだけど、答えがイエスになることはなかった。遊園地が終わり食事もし終わり、ふたりはどこかのベンチに並んで座る。たわいのない会話。でも着実に別れの時は近づいていた。それでもふたりは、なかなかさよならできない(泣)
ついに満島は涙が出てきて泣き出してしまった。あっち向いててください・・と言われ、素直にあっち向く瑛太。。見ている誰もがそこは抱きしめるところだろう!?とつっこんだだろう(笑)瑛太も多分そうしたいんだろうけど、そうしていいのかどうかまず考えてしまう境遇だった。人に対し希薄なのだ。満島が立ち上がってバイバイしても、瑛太は真剣な顔を向けたままで何も言わない。満島はドンドン瑛太の胸を叩いて言う。「無視ですか?手振ってるんですけど・・。」泣いてドンドンしている。そこへ、ギュ!とようやく満島を抱きしめる瑛太。。このままいかせちゃだめだよー(泣)満島はとても喜び言う。「私的にはずっとこうして欲しかった・・。」そしてバイバイして走りさってしまう。手を振る瑛太を一度も振り返らず全速力で・・。へたり込む瑛太。こうしてふたりは、それぞれ別の明日へと。ドラマ至上に残る、名シーンでしょう(号泣)

瑛太はいつか風間が出所してきたら会いにいくと決めていた。今度は会いにいけるから・・それが別別になってしまった満島との、いつか目的地が同じであるように思えるから。
最終回で涙の熱演を見せた時任三郎も、住み込みで風間のいる刑務所の傍で働いている。今度は息子の傍にいると。そして瑛太も風間に面会しにいくのだ・・。
もう過去に縛られた時間はようやく終わった。これからのそれぞれの未来が始まる。


■美男ですね十話
いやいや〜(笑)ほんと恋愛モード全開炸裂してるドラマだよな。。バンドなのに本当、音楽してる場合じゃないよ(笑)藤ヶ谷太輔の恋愛攻撃がやっぱりすごかったね。。ほんと、瀧本美織モテモテだけど、この子は揺れないよなあ。マジな告白にちゃんとNOの返事を返したね。つーか、もう少し揺れたほうが、物語としてはおもしろいのではないのか!?(苦笑)

八乙女光は瀧本にやさしく元気づけていた。玉森裕太のことを信じていい人だと言ってあげたし、藤ヶ谷は玉森に、あいつを泣かせるなと忠告。殴ってやりたいけど仲間だから・・と。殴ってしまえばそれはそれでおもしろかったけど。。でもそういう割に随分玉森に敵意むき出してたけどな(笑)
まあ、ふたりともいい奴だ。。

さて。両想いなのに親関係の人間関係のドロドロ?で、くっつけない瀧本と玉森。瀧本の死んだ母親の男だった作曲家を奪ったのが玉森の母親(歌手)だったと。でもどうやら、玉森母親は嘘つきで、奪ったなんてのは狂言だったようだけど・・それに気付かないまま瀧本の母親は死んでしまったんだね(泣)
自分だけ幸せになれない・・と瀧本は玉森の手を離す。前回の玉森的ヒステリーが収まったと思ったら今度はこっち(瀧本美織)かよ!?(苦笑)

最終回は、全国ツアー中にやるんですか!?告白しちゃうんですか!?(笑)
何度も書くけど、小嶋陽菜に玉森がもう少しやさしくしていれば、邪魔されないでもっと早くに瀧本と仲良くなれた?(笑)なんにせよ、こじはるも可愛いのに悲惨だ。ぜんぜん眼中にされない。まるで、それでも生きてゆくの倉科カナ状態だ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
美男ですね 第10話:最終話前編-衝撃の真実!!
社長にバレた?X(++*)あう〜 てか、今までバレなかったのが不思議だけど・・・ とは言え、本物の美男がメンバーに合流したから、今となっては目をつぶって もらうしかない? ...続きを見る
あるがまま・・・
2011/09/17 22:02
それでも、生きてゆく 最終話:光の方に向かって…
こう来たか・・・(へ ̄|||| )ウーム・・・ 被害者家族と加害者家族の二人。結ばれたら結ばれたで複雑な気持ちになるだろうけど こうゆうのもキツいなぁ。 ...続きを見る
あるがまま・・・
2011/09/17 22:04
それでも、生きてゆく 第11話(最終回)光の方に向かって…
『光の方に向かって…』 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2011/09/17 22:17
「それでも、生きていく」 第11話(最終話) 光の方に向かって・・・
 まぁ、この二人らしい最終回だったような・・・ 終わってみて、この物語は文哉でもなく、響子でもなく、やっぱり洋貴と双葉のものだったんだな〜と再確認したという・・・ ...続きを見る
トリ猫家族
2011/09/17 22:32
ドラマ「美男ですね」第10話感想「最終話...
「もう二度と、美男の顔なんて見たくない!!」廉に宣言され、泣きじゃくる美子を抱きしめ、慰める柊。だが、柊の気持ちを知っている以上、美子はこれ以上彼に甘えるわけにはいかな... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2011/09/17 23:29
ドラマ「美男ですね」 第10話 感想「最終話前編−衝撃の真実!!」
「もう二度と、美男の顔なんて見たくない!!」 ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2011/09/17 23:29
【それでも、生きてゆく】第11話 最終回
ずっと一緒にいられたらいいな、って思って。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2011/09/18 01:28
フジテレビ「それでも、生きていく」第11話(最終回):光の方に向かって…
  深見洋貴が、その妹・亜季を殺した三崎文哉の妹・双葉と出会ったことで、時間が止まっていたに等しい日々を過ごしていた、それぞれの家族は、新たに歩み始めることになりまし ... ...続きを見る
伊達でございます!
2011/09/18 07:18
「それでも、生きてゆく」最終回感想
 三崎文哉(風間俊介)は逮捕された。 ...続きを見る
Kanataのお部屋へようこそ
2011/09/18 08:06
『それでも、生きてゆく』 最終回
互いに思いを寄せながら、最後のデートをする洋貴と双葉に涙し、息子の気持ちを分かってやれない不甲斐なさに涙する駿輔に貰い泣きし、長い髪の女性が笑顔で愛おしいそうに我が子を抱く写真…それが母に抱かれる自分だと分かった文哉が泣き崩れる姿に涙腺崩壊。終始静かに流れ ...続きを見る
美容師は見た…
2011/09/18 09:19
それでも,生きてゆく
最終回の感想  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/09/18 10:41
「美男(イケメン)ですね」第10話〜本物・美男(瀧本美織)は筋肉質! 沖縄は美しい!!
「美男(イケメン)ですね」第10話 今回は、沖縄の空と海がキレイなだけでした。(やっぱり沖縄はキレイなぁ!!) 『てっぱん』の瀧本美織ちゃんを贔屓してるので、まずまず好意的に観てきたけど、今回はこれといった出来事も起こらず、中身はスカスカ。 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2011/09/18 11:02
「それでも、生きてゆく」第11話(最終話)「私的に、だいぶ嬉しい」双葉(満島ひかり)
それでも、生きてゆく 第11話(最終話) 釣り船屋に藤村五月(倉科カナ)がやってきた。 文哉(風間俊介)が拘置所に移送され、責任能力アリと判断されてヨカッタと口にします。 しかし洋貴(瑛太)は「もう終わったんです」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2011/09/18 11:03
美男ですね 第10話
日頃からA.N.JELLのスキャンダルを狙っている記者3人組が、美男(滝本美織)と 美子は同一人物なのではと勘ぐり始めた。 マネージャーの馬淵(柳沢慎吾)は、この3人組から、美男と美子の同席取材を 申し込まれる。 馬淵は、取材を回避するためにA.N.JELLに沖縄のサイン会イ ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2011/09/18 19:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ
ドラマブログ総合情報ランキングサイト

それでも、生きてゆく最終回&美男ですね十話感想 NelsonTouchBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる