NelsonTouchBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS マジすか学園2。第七話&生まれる。六話感想

<<   作成日時 : 2011/05/28 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■マジすか学園2。第七話
馬路須加(マジスカ)と矢場久根(ヤバクネ)の戦争は激しさを増しつつも実はもどかしい小康状態が続いていた。復讐のためヤバ女にきたシブヤ・板野友美は、前田敦子をあぶりだすためにマジ女に喧嘩をしかける。が、前田はまったくでてこない。代わりにラッパッパの部長に収まり、マジ女の頭であるはずのおたべ・横山由依も挑発に乗ってこない。むしろ横山はふたつの学校の争いを影でけしかけているネズミ・渡辺麻友(まゆゆ)を警戒していた。横山はマジ女がまとまっていない状態でヤバ女とやるのは得策ではないと考えているのか?それとも、板野の私怨が渦巻くヤバ女とやり合う必要なしとふんでいるのか?それとも、その強さゆえにすべてを悟ってしまって相手にしてないのか?

ゆえにまゆゆはこの煮え切らない状態に歯がゆさを隠しきれず、今度はマジ女の卒業生でプロ格闘家のチョウコク・秋元才加を担ぎ出してきたのだ!
「チョウコク?何があった?」「シブヤ。おまえは何があってここにいる?」「さあな。忘れた。」「私も忘れた。ただひとつだけ憶えていることがある。自分より強いやつがいるなら倒す。前田を倒す。」だが、板野に秋元は釘を刺された。前田は自分の獲物だ、おまえの相手は横山由依だと。

前田が相手じゃないなら降りるという秋元を、まゆゆは秋元の弱みを掴んで引き止めた。母親の手術代200万円。まゆゆは言う。病院に直接振り込んでおいたから、降りるなら「返してください。」・・・チョウコク・秋元才加は金で元母校と戦うことになってしまった・・。

しかし、まゆゆ。ヤバ女に出入りしていることで、だいぶマジ女内では信用がガタ落ちしていた。。唯一のダチ、センター・松井珠理奈にも、何か隠していることはないか?と聞かれる始末。「・・行ってるよ、シブヤさんに会いに。早いとこヤバクネとケリつけないと。・・マジ女に平和が戻ったらセンター、おまえの出番だ。」「信じていいんだな?」「ダチの言葉を信じてなかったのか?なぜかな・・おまえとここのテッペンをみたいと思ったのは・・。」ふたりは屋上から殺伐した風景を見下ろしている。

ゲキカラ・松井玲奈は見舞いにきた横山に聞いていた。ラッパッパの部長としてどうするつもりなんだ?と。「そうやな・・どうすればええんやろ。なるようになるんやないか?たかがヤンキーの喧嘩や。」それを聞いて松井玲奈は、今の本心を言う。死ぬかも知れない思いをしてはじめて恐怖した・・と。「本当の強さは喧嘩じゃねえ。怖さをしってるやつだ。おたべ、おまえが部長でよかったよ。」
でも、このままじゃ収まらないんじゃないスかおたべさん。一回くらいマジでかちこみいかねえと(笑)マジ女の面目たもてませんぜ。。と自分は思うんスけどね。。

そして。秋元は横山と戦うのかと思えば、横山は呼び出してもその時いなかったのだ!だから松井珠理奈が自ら望んで行ったのだ。「私がいく。おたべは平和主義だ。じっとしてても戦争は終わらねえよ。」

また戦う相手が違うことに戦闘意欲を無くす秋元。だが、マジ女を裏切って敵に回った秋元相手に松井珠理奈はやる気満々!「ゴングは鳴ったんだよ。」ふたりのバトルは激しい攻防できって落とされた。
しかし秋元、プロの格闘家としての攻撃力が半端ない。ボコボコに殴られ吹っ飛ばされる松井珠理奈。まだ体ができてねえんだよ。それでも強烈な攻撃を繰り出すため飛びかかる松井。でも、やっぱり秋元にはかなわない。馬乗りにされガンガン殴られた。勝負あり!と思われたが、秋元は自分の愚かさに泣きはじめていたのだ・・。隙ができた。センターを名乗るだけのことはある松井珠理奈は、これでもかと秋元に攻撃を加え始めた。最後にとどめのブレンバスター!(笑)勝っちゃったよ松井珠理奈。。強いわ(笑)

チョウコクが負けた。しかも相手はおたべ・横山由依じゃなく、なんとセンター・松井珠理奈!板野はキレて、あまりにも以外な展開に驚愕するまゆゆ。そして・・病室で苦しみだすゲキカラ・松井玲奈。どうなる!?

つーか、やっぱりそろそろおたべには動いてもらいたいですね。。こぼれた牛乳拭いたらあとが匂っても、ぼちぼち拭かにゃあ。こぼれっぱなしや!やられた仲間もいるんだし。それとも前田を待っているのか??


■生まれる。六話
51歳で亡き夫の子を宿して、その赤ちゃんを産もうとする田中美佐子。このドラマメインであるこの部分は本当にイエス、ノーが簡単にだせない考えさせられるいいテーマだと思います。
が、長男のストーリーがぶっ飛んできましたね(笑)堀北真希家族と実は本当の血が繋がっていなくて、それをネタに超悪者の男が毎回金の無心に来るわ、コンペデザインを先輩に横取りされるわ、好きな女はその先輩とグルになっていて、でもDV受けているから助けてあげて先輩を殴りつけたら自分は捕まっちゃうわ・・ひどすぎるな。何も悪いことしてないのに(泣)あげく仲のよかった家族達と血繋がってないと(泣)
最終的に無心にきていた本当の父親に、こっち側にこい!と呼ばれヤクザっぽい連中と関わるような感じの大倉忠義。こっち側ってスターウォーズの暗黒面か(笑)
次男は素直でいいやつだが、ついに白血病がマジで再発。母親がドナーだったが、妊娠しちゃってるからもうドナー無理でしょ?(泣)
末っ子の女の子は親友からもいじめを受けて完全孤立無援(泣)
せっかく堀北は母親の妊娠を認めて応援する気になってきたのに、周りの兄妹達がボロボロになっているぞ(笑)もやは妊娠の話どころではない、生まれる。今後どうなっていくのか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新ドラマQ
ドラマブログ総合情報ランキングサイト

マジすか学園2。第七話&生まれる。六話感想 NelsonTouchBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる